なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

対応はもうお済みですか?総額表示義務が2021年4月1日からスタートしています。

  • 総額表示の義務は、消費者が商品やサービスを購入する際に、「消費税​相当額を含む支払総額」を一目で分かるようにするためのものです。
  • 現状で対応していない場合でも特に罰則などはありませんが、移行可能なものから随時対応していくことが求められます。
  • 書籍においては、金額が表示されたカバーやスリップなどの差し替えといった処置が必要です。
  • 現状で対応していない場合でも特に罰則などはありませんが、移行可能なものから随時対応していくことが求められます。

出版社の皆様へ、総額表示義務化の対応で、こんなお悩みはございませんか?

多くの書籍の在庫を抱えているが、カバーやスリップを印刷し直すのはコストがかかりすぎる。
バーコードラベルが必要になっても、多くの種類があり、データの管理が大変。
いつも依頼している業者は、小部数だと1枚当たりの金額が跳ね上がってしまう。
イージーラベルメーカーをオススメしたい理由
  • データの入稿から納品手配まで同じウィンドウで行えるため、煩雑な管理の手間を軽減します。
  • 入稿は、フォーマットを選んでいただいた後は、情報を入力したCSVデータをアップするだけ。特別な技術や知識は要りません。
  • ラベルは最安で1枚●●円から注文可能。金額表示の修正によりカバーを刷り直す場合と比べても格安です。

イージーラベルメーカーは、小部数からの発注が可能な書籍バーコードラベル印刷サービスです。
小ロットから大ロットまで、CSVデータを投げ込むだけで、
ラベル印刷用のPDFを生成します。
データ制作に加え、印刷から指定箇所へのお届けまでを一貫して行いますので、担当者様の作業の効率化を実現します。 

注文の流れを、動画で分かりやすく解説します!

お客様にご用意いただくもの

日本図書コード管理センターから発行されたISBN、およびお客様が付与された分類コードおよび価格コード
また会社名と価格を記載する場合はその2点も必要です。

料金プラン

多くの出版社様との実績がございます。

あかね書房、音楽之友社、幻冬舎、新潮社、大修館書店、宝島社、筑摩書房、福音館書店ほか、
多くの出版社との取引実績がございます。
出版の町神保町の近くに本社を構え、100年以上の歴史を持つ印刷会社によって運営されています。
出版に関することならお任せください。

メディア掲載情報

Coming Soon