POLICY

私たちは
子どもたちが熱中する学びを提供します。
子どもたちの“プログラミング的思考”育成のためのカリキュラムをご用意しています。
子どもたちに、“プログラミングの読み書き(C言語)”ができるスキルの習得をしてもらいます
子どもたちが年齢と国を超えてグループで課題解決を図るイベント等の環境を提供します。

「プログラミング道場」は2015年より日本国内と海外で同時にサービス提供を開始しました。
年齢も国も問わず子どもたち同士が熱中する学びの実現を目指して誕生しました。
車型ロボットを動かすための様々なプログラムを組む中で、プログラミングの考え方や文法を学び、さらにタイピングやソースコードの読み取りなどプログラミングスキルの習得も目指します。

2019年4月からは、全世界的に使われている子ども向けプログラミング言語「Scratch」を使った上級者向けコースとして、「Gamesコース」を開設します。これにより、お子様は車型ロボットを使用する「Roboticsコース」と「Gamesコース」の2コースをご選択いただけます。

特徴

プログラミング学習教材の共通点

プログラミング学習教材の共通点

プログラムを組む
モノづくり+プログラミング
ゲームアプリの作成
ゲームアプリの作成
論理的な思考ステップ(公教育が目指しているのは“プログラミング的思考力”)を踏んでいる
新たな時代の課題を解決する手段としてプログラミングを位置づけている
自己表現のひとつと位置づけている


自己表現のひとつと位置づけている


プログラミング道場では、以下の点を特徴としています

  • 明確なプログラミングスキル習得の学習カリキュラムを構築している(落ちこぼれが出ない学習カリキュラム)
  • 実用的なプログラミング言語(C言語)の習得を目指している
  • 無学年式(かつ無国籍)のカリキュラムである
  • グループで課題解決を図るイベントがあるRoboRAVE 教室大会・地区大会・九州大会・全国大会・国際大会)
  • 新設の「Gamesコース」でゲームをつくることにチャレンジする
  • ジュニア・プログラミング検定®受検など目標を目標を持って取り組むことができる
  • 実用的なプログラミング言語(C言語)の習得を目指している

1.学習の進め方 How to learn

パソコン、車型ロボット、各種テキストを使用して授業を進めます。
授業は無学年式で進級式ですので、自分のペースで進めていただけます。
進級するごとに認定証や認定缶バッジをお渡しします。
生徒が自らプログラムを組み、車型ロボットを走行させます。
生徒が主体的に楽しくチャレンジできるよう、ミッションシートを 一人一人に用意します。 ミッションをクリアすることで、プログラミングの基礎文法と言える whileやfor、ifなどのプログラミングの考え方を身につけます。

2.カリキュラムと使用教材 Curricurum

オリジナルの学習カリキュラムに沿ってミッションをクリアしながら、プログラミングの考え方や意味を学びます。当カリキュラムは東南アジアにおきましても同一カリキュラム(英語)で運営されています。

3.年間行事(イベント等)Events

常授業内では一人一人が各ミッションに集中して取り組んでいただきますが、月に1回または隔月に1回程度は教室内でミニイベントを開催します。 生徒様のモチベーションアップのひとつに競技大会があります。勝敗を決めることが目的ではなく、お友達と腕を磨き合ったり仲良くなるためのイベントとして運営しています。

※教室により開催されるイベントは異なる場合がございます。

4.開講教室一覧 School information

関東地方 東京都 1 中国地方 広島県 11
神奈川県 5 山口県 3
中部地方 愛知県 7 九州地方 福岡県 32
岐阜県 7 佐賀県 2
長野県 1 長崎県 2
新潟県 1 熊本県 11
近畿地方 滋賀県 2 大分県 9
大阪府 5 海外 India 1
Bangkok 1
Vietnam 2
Malasia 1
台湾 1

お問い合わせはこちら

【TEL】092-735-7215
【Mail】info@infinitemind.jp
【公式サイト】
http://www.infinitemind.jp/