叶う手紙


私自身の体験を少しお話しさせて下さい・・・・

私は今とてもの憧れている人のもとで、仕事をすことができています。
それもこれも、今振り返ればある一通の手紙から始まったのかもしれません。

これからお話しする体験は、私にとって奇跡でした。この体験が多くの人と出逢うきっかけとなり、私を大きく成長させてくれました。その時の事は今でも鮮明に思い出すことができるし今でも鳥肌が立ちます。あなたにも同じような奇跡起きてほしい、そんな想いでお話しさせて頂きます。

それは、2005年のある日の出来事でした。私が初めて憧れの人の存在を知ったのは、テレビ・雑誌で取り上げられるようになったからです。それから彼の仕事をする姿を見ては、彼のものとで働きたいと思っていました。そんな私の一日の始まりは、彼のブログを見ることから始まります。毎日欠かさずブログをチェックし、いつか彼の元で仕事が出来ればいいな~と漠然と思っていました。しかし、そう思うものの実際に私自身が行動に起こすことはなく、その当時の職場で働き続けていました。

そう思いながら月日は流れ7年の歳月がたちました。いつものようにブログをチェックしていると、イベントを開催すると書いてありました。もしかしたら、本人に会えるかも!そう思いその日に、そのイベントに行くことしました。

そして、待ちに待った当日。なんとその日は、ものすごい嵐。イベントが出来るかどうかも怪しい天候でした。ブログをチェックすると「翌日に延期します」と・・・・。しかし、私は翌日どうしてもキャンセルすることが出来ない予定が入っていました・・・・。そう思いながら、ブログを読み進めると、「延期になったのにも何かの意味がある。そしてもしかししたら、今日の〇時~〇時の間は会場にいるかもしれません。」と書いてありました。それを見た瞬間、自分は絶対憧れの人に会える!と思ってしまいました。何故だかわかりませんが(笑)

すぐにイベントに一緒に行く予定だった友達へ連絡をし、待ち合わせをし延期になったイベント会場へ向いました。物凄い嵐だったので私はレインブーツを履いて、友達はなぜかピンヒールを履いて。イベント会場までもう少しのところで、友達のピンヒールが排水溝に引っ掛かりました。なかなか抜けずかなりの時間を使ってしまったのです。 そして、やっとの思いでピンヒールを溝から抜き、急いでイベント会場に行きました。さっき時間を使ったせいでもういないかも、もう会えないかも。そんな思いも少しあり、やっとイベント会場に着いたその瞬間!!

その人が歩いていました。そしてお互い目が合い、その人は一瞬でファンだなとわかった様子でした。しかし、わたしは緊張のあまり声をかけるできませんでした。今まで7年間、文字でした見たことのない人が目の前にいる、そのせいで気が付いたら私は号泣していました。

それから、約4か月後・・・

家のポストを開けると、一通の手紙が私の元に届きました。それは私が私宛に出しものでした。当時横浜で、1年後の自分に向けて手紙を書いた事を思いし懐かしい!そう思いながら急いで封を開けました。もちろん、当時どんな内容を書いたまでは覚えておらず、1行1行懐かしいと思いながらワクワクして手紙を読みました。当時の自分の悩みや、こうなってほしい、健康のことやその時の気持ちが綴られていました。そこに、もう一つ手紙が。。。それは、当時一緒に手紙か書いた友達と、お互い宛てに書いた手紙でした。

その中の一文に、「憧れの人には会えましたか?」と。文章を読んだん瞬間、私は全身にトリハダが立ちました。
そう、4か月前に私は嵐の中、憧れの人に会うことができたのです。そして最終的に、直談判して今では一緒に働いているのです。

今思うと、文字にすることで無意識に目標に向って動いていたのかもしれません。最終的に最高の結果を手にしました。直接の原因かどうかはわかりませんが、きっかけの一つだった事は間違いありません。そして、あなたにもこの奇跡を起こしてほしい。きっかけにして欲しい。


一年後、あなたが笑顔で手紙を読んでいることを心から願っています。

Profile

Koto

『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』