暇をもて余す、そこのあなたに朗報。
リーマンショックを経験した作者が記す
経済、恋愛、SF、コメディ、時代劇ー

幅広いジャンルの作品を
笑いながら楽しめる

本の専門店に
ちょっと立ち寄ってみませんか。

リーマンショック経験者だからこそ書ける物語

はじめまして。伊予書房の運営者、各作品の作者です。

私は、今から約12年前にリーマンショックを経験。ご存知の方も多いと思われますが、リーマンショックとは、世界規模の金融危機。2008年9月15日に、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが経営破綻したことから、それは世界へと広があり、大きなリストラや学生の就職困難など日本も大きな影響を受けました。

私が書く作品はすべて、リーマンショック後に記したもの。リーマンショックという時代を経験した私だからこそ描ける視点を大切に、日々作品づくりに励んでいます。

様々なジャンルを
コメディとして楽しむ。

お勧めの作品を一部ご紹介します。

売れ筋作品はこちら!

企業内部査察 明智光太郎のケースファイル:

ジャンル:経済・ビジネス
顔よし、頭脳よし、気力よし。すべてオールマイティの男が・・・
警視庁キャリアを棒に振り、企業内調査を行う主人公・経営コンサルタントの明智光太郎。身の危険に合いながらも、高級ホテルの隠し部屋を転々とし、気づけば探偵業に身を突っ込んでいた。様々な業界の友人知人に助けられながら、事例(ケーススタディ)を収集してまとめ、世の中に大量生産されている“残念な”商品を的確に診断し、売れない商品を売れる商品へと導いていく奮闘記。

お客様からの感想

面白い世界の見方やコントのような話もあるだけでなく資本主義のなぞやゲームの勝負などの話もありおすすめです。休みなく読み終えてしまいました。

三十路 徳大寺清子さま 結婚マーケティング

ジャンル:恋愛・結婚
37歳。キャリアウーマン美女のラブコメ物語。
徳大寺グループの娘、清子。金も美貌も名誉もあり仕事もできるが、なぜか恋に関しては失敗ばかり。キャリアウーマン街道を歩みながらも、周りの仲間たちの助言を受けながら、恋の物語は進んでいく。

清子は果たして、幸せな結婚ができるのか・・?!

小説版 グッバイ大統領 松平元康

ジャンル:政治コメディ
あなたならどんな国を作りますか?
とある島国で、とある町が突如国家として独立。
きっかけとなったののは、寄り合いでの一言。

「なんとなしに、独立しとく?」から始まったわずか10万人ほどの国家。財宝が眠る山があるという噂はあるが、資源は少ない。人材も少ない。文字通りゼロからの国作りが始まる。常識やルールもないかわりに、必要なものもなにもない。なんとなしの人生を送った男が、突然大統領として困りに困り抜きながら、国家を形成していく、笑いありの政治コメディ。

お客様からの感想

実際の政治家は知らないけど、goodbye大統領にでてくる人は身近な感じがする。うどん屋が大統領になるし、落語家さん面白いし、空気の読めない偏差値バカの官僚?がドンドン壊れて普通の人になるし。国がなくなったら自分たち市民が何とかするみたいなことって、なんだか自分も投票くらいしてみるかって気になる。
金融危機や世界情勢は政治コメディだけど半分現実のようにも思います。映画『ジャパン・default』や『査定探偵  明智光太郎』もコメディ要素があり、楽しみながら未来予想図を把握できる。

兄妹探偵 実務経済学者紀伊国屋門左衛門の事件簿

ジャンル:経済
まったく違う性格の異父兄弟が事件解決に挑む!
ミステリーコメディ
革新的な経済学者だと思い込む干された兄と、正義感は強く優秀だが協調性のない妹。異父兄弟である、ふたりが簡単な事件をややこしく、コミカルに経済学で解決する物語。簡単な事件を、経済、社会、経営の視点から解き明かすミステリーコメディ。

お客様からの感想

筆者特有のテンポの良さ、頭がいいのか、悪いのか分からないくらいの台詞の面白さ。4コマのように、5秒に1ボケあるかんじからするとネタの定期配信が向いているのでは?
作者は自信の「経済学中高生向け」を、経済学者紀伊国屋門左衛門を通じて語りかける。「この資本主義社会はコメディだ」と。実際に中高生向け講義において使用する教材で先生方の負担が軽減されているようだ。