障がいのあるお子さんの自立を考えるお母さんお父さんへ
お子さんの将来の自立につながる得意分野が見つかります。
7年間放課後デイでPCを教え続けている講師がノウハウを結集
お子さんの自立を望んでいるが、
そのために何をすればいいかわからない・・・ と
お悩みではありませんか?
 
自分が病気で動けなくなったら・・・ と考えると、
すごく不安になりますよね。
 
 
 
そこで、障がいのあるお子さんの自立を解決できる
小中学生から始める
PCスキルオンライン講座 「入門編」

がお役に立てるかもしれません。
 
 
どんな講座かというと・・・
  • チェックシートで保護者が気づかなかったお子さんの可能性を発見できる
  • 楽しんで続けられる障がい児専用のカリキュラム
  • 親御さんのPCスキルに関係なく、お子さんの自立につながる得意分野を発見できる
こんな講座です。
 
 
この入門編では
お子さんの特性に合った方法で
自立の道を見つける」ことができます。
初めまして。
私は2014年から現在までの7年間
地元の放課後デイサービスの施設内で
パソコンを教え続けている講師です。
 
発達障がい、ダウン症、自閉症、知的など
色々な個性を持ったお子さんが通っています。
 
 
生徒さんは小1~高3まで総勢28名。
中高校生になると就労を意識した内容も多いですが
小学1年生はマウス操作を練習しお絵かきをしています。
 
 
みんな楽しんで通ってくれるので
卒業・転校以外でPC教室を辞める生徒さんはいません。
 
放課後デイサービスではそれぞれの年齢やレベルに合わせ、
無理せず楽しんでパソコンに慣れてもらえるよう指導しています。
この 小中学生から始める
PCスキルオンライン講座 はこんな内容です。
  1. PCが苦手な親御さんでも安心して参加できる講座
  2. お子さんが興味をもつ方法を選択できる
  3. お子さんの特性に合わせて選ぶコツを解説
  4. PCの操作方法はキャプチャ付きでビデオ解説
  5. お子さんのレベルに合わせた内容
  6. 必要なPCの基礎スキルがわかる
  7. 放課後デイサービス施設内PC教室での7年間の経験をもとにした独自の指導方法
  8. スキルアップを俯瞰的に判断できるチェックシート付
  9. お子さんのペースに合わせて自宅でスキルアップできる
  10. 自宅にPCがなくても受講できる

この講座はこんな親御さんにオススメです。

  • お子さんに合った仕事で将来自立してほしいと願っている
  • お子さんの自立に向けて、今できることを最大限やりたい
  • 将来、できるだけ兄弟児に負担をかけたくない
でも、もし以下のような事をお考えなら、
残念ながらそのご期待には沿えません。
  • PC苦手でわからないので、子どもが自立できるよう講師に何とかして欲しい
  • 親の言うことは聞かないので、すべてお任せしたい
  • あと数か月で社会人になるので、最短で自立できるようにして欲しい
具体的にどんな講座なのか
入門編のメニューをご紹介します。
  1. 障がい児がPC操作をマスターするためのコツ
  2. 一生使えるPC基礎スキルとは?
  3. 在宅ワークが可能なPCスキルの種類と概要
  4. 親御さんにできる最大の自立支援
  5. お子さんの特性に合った在宅ワークの見つけ方
この講座は、第1章~第5章まであり
各章は10分前後のビデオが複数あります。

ビデオは親御さん向けの内容が多いですが
パソコンの具体的な操作方法など
お子さんに観ていただくものも含まれます。
 
もちろん親子で一緒に観ていただいて構いません。

ビデオ講座ですから
お好きな時間に何度でもご覧いただけます。

 
講座の最後にチェックシートを入力していただくと
お子さんのスキルが自動で可視化され
どんな在宅ワークに向いているかがわかります。
 
講座はビデオが基本ですが
作成したチェックシートをもとに
コーチングを受けていただくことも可能です。

ここで、講師のプロフィールを紹介いたします。

Biz.Improve 代表  小野 眸(おの ひとみ)
日本大学経済学部卒業後、東証一部上場の総合商社に入社。

学生時代、ITとは無縁だったが、IT部門へ配属されシステム開発に従事。転職を重ねながら、様々なシステム開発に従事。

 長年SEとして理想的なシステム作りを目指してきたが、所詮システムやPCは道具であり、ユーザーに利用されなければその機能は発揮されないと痛感。

現場のIT実務力を高めることが重要と感じ、人材教育に転身。

 

企業研修・マクロ制作代行・業務改善コンサルティングを通して、15年以上ビジネス現場の問題解決に取り組んでいる。

 

2014年、知人の紹介で
放課後デイサービス「チームかるみあ」のオーナーから、
夏休み限定でPC教室の講師を依頼され開催。

子どもたちや親御さんから定期開催を望まれ、
2014年2学期から毎月2回ずつ現在も続けている。

 

PC教室の生徒は小1~高3まで、発達障がい、ダウン症、自閉症、知的などのお子さんが総勢28名。
1クラス(30分)4名ずつを8クラス行っている。

会社概要・研修実績はこちら
ここまで読んでいただきましたが
もしかして・・・ こんな不安ありますか?
  • 親がPC苦手だと不利なのでは・・・?
  • うちの子、ついていけるかなぁ・・・?
  • パソコンの前にじっと座っていられないかも・・・?
  • IQが高い一部の障がい児だけが対象なのでは・・・?
先ほどもお伝えしましたが、
この講座は放課後デイサービスでの経験
もとになっています。

放課後デイサービスには
いろんなお子さんが通っています。


言葉での会話が難しいお子さんもいっぱいいます。

たとえば、入力はもちろん
マウスも操作できなかったAちゃん。

最初の1年は一緒にマウスを持って教えていました。

数年後に数字がわかるようになり
今では自分の名前をローマ字入力しています。


また、当初パソコンの前に3分も座れず
大騒ぎだったBくん。
今では30分集中して課題に取り組んでいます。


もちろんお子さんによって進むペースはそれぞれ。


でも人と比較する必要なんてありません。
誰もが必ずステップアップできるからです。


お世話になっている
放課後デイサービスのオーナー様から推薦文を
いただきました!

「大事なお子さんたちを、
安心してゆだねられる先生」です。

放課後等デイサービス チーム かるみあ
代表  林 安惠

 7年前に放課後等デイサービスを立ち上げ初めての夏休みにパソコン教室をイベントの一環として企画しました。

夏休みのイベントとして終了する予定だったのですが、利用者の親御さんからの強い要望でその後も月に2回のペースで継続し、すでに7年の月日が経っています。

小野先生には夏休みのイベントとして気軽にお声掛けをさせて頂いたのですが、そのまま続けて欲しい旨を伝えご相談したところ、快く引き受けて下さり、ずっと休みなく続けて頂き感謝致しております。

最初は手探り状態で始めたパソコン教室でしたが、今ではその子に適したコース別になっており、無理なく楽しくそして手厚く指導をしています。


パソコン教室の評判は口コミで広がっていき、あっという間に定員に達し、多くの方にキャンセル待ちしていただいた時期もありました。
パソコン教室への参加を理由に入所を希望されるお子さんも、少なからずいらっしゃいます。


私はパソコンのことはよくわからないので、教えていただく内容や教材など、すべて小野先生にお任せしています。
小野先生はもともとシステム開発をされていたそうですが、地元のパソコン教室で幅広い年齢層に教えた経験もお持ちで、現在の本業は会社員向けの実務研修をされているので、今世の中に求められているスキルをもとに教材を作っていただいています。

大人になるまでに入力できるようになればいいとおっしゃっていた親御さんが、就労を意識したコースに変えたいと意欲を持たれたり、お子さん自身もお母さんのために作品を作るとニコニコしながら話している様子を見ると、お子さんたちの可能性を感じます。

パソコンを生活の一部として取り入れる事が出来たり、興味の幅が広がり中学の部活でパソコンクラブを選ぶお子さんもおり、ついにはパソコン検定の合格者も出ております。

小野先生は当然パソコンのエキスパートですが、それよりなにより二人の息子さんの子育ての経験から培った、子どもにパソコンを教えるスキルや無理強いをせずにその子にあった指導をしていく姿を拝見して、つくづく「大事なお子さんたちを、安心してゆだねられる先生」だと思います。
実は・・・ 今回、初めてこの講座を公開します。
 
7年間の放課後デイサービス内で経験したこと、
施設内では限界があってできないことを
この講座で形にしました。
 
この講座は7,500円(税込)で販売する予定です。

 
しかし、これでいいだろうか、
皆さんのご要望に沿っているだろうかという不安もあります。

 
そこで、今回
モニターとして受講してくださる方
募ることにしました。
 
お子さんと一緒に講座を受講していただき
モニター様からいただいた感想やご意見をもとに
内容を調整して、世の中に出したいと思っています。
 
モニター価格は無料です。


受講開始は9月23日からとなります。


モニターになってくださる方は以下の特典が受けられます。

特典

◆スキルアップを俯瞰的に判断できるチェックシート付

各項目ごとに質問と選択肢があります。
お子さんの現状を選択するとグラフが自動的に作成されスキルが可視化されます。

◆パソコン購入時の機種選定のポイント解説PDF

パソコンはメーカーや機種がさまざまあり、どれがいいか判断に迷います。パソコンに不慣れな親御さんでもわかるよう、機種を選ぶ際のポイントを専門用語を使わずに解説しています。
今回、無料で受講できますがモニターとしてお願いしたいのは受講後のアンケートのみです。

順次、入門編以降も講座を作成したいと思っていますが、モニター受講していただいた皆様に、何度も有料サービスを勧めたり、しつこく営業することはありません。

このサービスを広く一般に知っていただくため、ご家族に寄り添った内容のサービスにしていくために、今回無料でサービスを提供いたします。

モニターとして受講していただくあなたにやっていただくこと。

それは、入門編を受講していただき、受講後にアンケートにご協力いただくだけです。


モニター募集の締め切りは
 
9月18日(金) 23:59までですが
先着 20名 になった時点で
締め切りとなります。


受講開始は9月23日からとなります。

モニター募集の締め切りは

9月18日(金) 23:59までですが
先着 20名 になった時点で
締め切りとなります。

9/10現在ですでに8名の方がお申込されています。
この講座は、自立に向けてできることがあるなら
早く始めてあげたいと思う親御さんを
強力にサポートする講座です。
毎月教えている放課後等デイサービス内のPC教室は、
小学生から高校生までのお子さんが通っています。
教室に通い始める年齢はバラバラ。
マウスの持ち方から教えたお子さんも半数近くいます。
みんな楽しそうに通っていますが
放課後等デイサービスは学校の卒業と連動しますので
PCのスキルアップの度合いに関係なく
卒業してしまいます。
 
ここをもっと伸ばしてあげたかった・・・
これを教えてあげたかった・・・ と思っても
どうすることもできません。
 
 
放課後デイサービスという施設内で教えている限り
限界があり、その状況は変わりません。
 
 
みんなのために、もっとできることはない・・・?
7年間、教えてきたことを
もっと多くのお子さんたちに届け
役立てて欲しい!
 
何度も何度も考えて、この講座を始めました。
親御さんは、お子さんの強力な助っ人です。
 
そのパワーを発揮していただき
お子さんの自立に向けての準備を
一日でも早く始めていただきたいのです。
 
 
この新型コロナでリモートワークが注目されています。
会社に出勤しなくても、仕事ができる環境がさらに充実しました。
 
多様な働き方が受け入れやすい世の中になっています。
 
障がいがあってもスキルがあれば、自立はできます。
この講座が、自立への準備のきっかけになれば幸いです。
 
 
まだ小学生(中学生)だから
自立なんて先のこと・・・ と思われるかもしれませんが
在宅ワークができるほどのPCスキルを身に付けるには
ある程度の期間がかかります。
 
 
自己流のクセがつくまえに
正しいスキルと知識を身に付けることが大切です。
 
 
その一歩を踏み出したい方は
今すぐこちらからお申込ください。

モニター募集の締め切りは

9月18日(金) 23:59までですが
先着 20名 になった時点で
締め切りとなります。
<追伸>
今回のモニター募集は、
この講座を初公開する前に受講していただくものです。
公開前と言っても講座内容はすべて完成しております。
 
 
9月18日(金) 23:59までですが
先着 20名 になった時点で
締め切りとなります。
 
今回、無料で受講できますが
モニターとしてお願いしたいのは受講後のアンケートのみです。
 
ご協力いただいたアンケートは
チラシやホームページに掲載する場合がありますが
もちろんご許可をいただいた内容のみ利用させていただきます。
 
個人を特定できるような内容は
一切掲載しませんのでご安心ください。

9/10現在ですでに8名の方がお申込されています。

 
この講座のモニター募集は先着20名です。
ご希望の方は今すぐこちらからお申込ください。