家族信託とは?
大阪で相談するならどこがいい?

家族信託という言葉を耳にしたことがある方も少なくないでしょう。家族信託には、たくさんのメリットがある一方でデメリットもあります。ここでは、家族信託の概要やメリット・デメリット、大阪で相談するときに司法書士がおすすめの理由などをご紹介します。

家族信託とは

家族信託を分かりやすく説明すると、親族によって財産の管理をある程度自由に指定できる制度となります。

老後に必要な資金の管理などを家族に委託し、管理や処分なども任せる財産管理の方法です。近年ではメディアでも取り上げられることが多くなり、認知症対策として活用できるともいわれています。

家族信託のメリット

まだ本人が健康なうちから自身の財産を家族に任せられ、本人の判断能力が低下したとしても家族が財産の管理や処分をできます。一般的に、認知症などになり判断能力が低下してしまうと、本人による意思確認ができなくなり、お金が使えなくなることも。しかし、家族信託の制度を利用していればそのようなことにもなりません。
 
家族信託には遺言としての力もあります。そのため、遺産を誰に継承させるかを健康なうちに決めておくことができるのです。遺産を誰に、どのような順番で残すかを明確にしておかないと、自身が亡くなったときに遺産を巡ってトラブルになることも。こうしたことは決して少なくないので、それを未然に回避できるのは大きなメリットです。
 
また、兄弟や姉妹で不動産を継承した場合、それを自由に使うには全員の同意が必要になります。すんなり同意を得られればいいのですが、実際にはそうならないこともよくあります。家族信託を利用しておけば、こうしたリスクも回避しやすくなり、不動産が塩漬けになってしまうことも防げます。

家族信託のデメリット

基本的にデメリットはほとんどないのですが、強いて挙げるのならできることに限界があることです。つまり、家族信託だからといって何でもできるわけではなく、遺言にしかできないこともあります。
 
相続が発生したときにどれくらいの遺産になるのか、すべてを把握できている方は意外に少なくありません。中には、信託財産から漏れてしまう遺産もあります。このような場合は、家族信託を利用するとともに遺言書を残し詳細を示しておく必要があります。
 
また、資産を信託財産にした場合、税務署に信託計算書合計表などの書類を提出しなくてはならなくなります。もちろん、手続きが不要なケースもありますが、年間3万円以上の収入が発生するケースだと申告が必要です。税務申告の手間や時間がかかるのはデメリットといえるでしょう。
 
家族信託はまだ新しい制度であり、そこまで浸透していません。最先端の制度でもあるため、専門家が少ないのもデメリットです。近年ではメディアなどで取り上げられることも増え、利用してみたいと考える方も増えていますが、それを誰に相談すればいいのか分からない現実があります。
 
また、専門家に相談や依頼をした場合、当然その分の報酬が発生します。しかも、精通した専門家が少ないため、高額な報酬になってしまうことも多いのです。たしかにメリットの多い家族信託ですが、こうしたデメリットがあることも覚えておきましょう。

司法書士への相談がおすすめ

大阪で家族信託について相談したいのなら、司法書士がおすすめです。司法書士は法律の専門家であり、登記のプロでもあります。信託登記を唯一行える職業で、相続手続きや相続登記などの知識も豊富なため、しっかり相談に乗ってもらえます。
 
なお、こうした実務を弁護士に依頼することも可能ですが、どうしても弁護士だと費用が高くなりがちです。司法書士の多くは弁護士よりも安い費用で請け負っているため、相談や実務の依頼は司法書士のほうがおすすめなのです。
 
相談や依頼したときの費用はもちろん大切ですが、それ以上に相談しやすいかどうかが選ぶときのポイントです。きちんと親身になって相談に乗ってくれるかどうかを判断基準の一つとしてみましょう。また、複数回にわたり相談に出向くケースもあるので、アクセスのしやすさなども重視してください。

家族信託についてもっと詳しく知りたい方や、大阪で家族信託について相談したいと考えている方は、
こちらのサイトをチェックしてみましょう。
家族信託の事例も掲載しており、司法書士に相談するメリットなどもご紹介しています。
きっと参考になるでしょう。

 

まとめ

家族信託は優れた制度であり、相続トラブルなどを未然に防げる効果も期待できます。
ただ、先述したようにまだ新しい制度でもあるため、精通した専門家の数が少ないデメリットもあります。
司法書士でも、家族信託についてあまりよく分かっていない方がいるので、
相談する司法書士を選ぶときには知識の有無もチェックしましょう。