審査が通りやすいカードローンはプロミス?アコム?
カードローンを申し込む際、プロミスやアコムなど出来れば審査に通りやすい金融機関を選びたいものですね。ここでは審査が通りやすいカードローンの探し方をご案内します。
1.借入額
います。借入額が大きければ大きいほど通りづらく、借入額が小さければ小さいほど通りやすくなります。

高額融資したけれど返済されず、自己破産されてしまうということになれば、大きな損害となってしまうため、借入額が増えるにつれ、審査の目も厳しくなるということです。

金融機関としては、元金と同時に利息を回収して初めて利益となるので、きちんと審査した上で、返済能力のある方へ貸し出したいと考えるのは当然ですね。

審査が通りやすい上限金額は、アコムプロミスなど消費者金融カードローンであれば50万円、銀行カードローンであれば100万円未満の場合です。

なぜこの金額かと言うと、お金を借りる金額が少ないので、金融機関側のリスクが低いと言うこともあげられますが、この上限金額が、収入証明不要の場合の条件として設定している金融機関が多いからです。収入証明書の提出が義務付けられないということは審査自体も軽いという事に繋がります。

これを利用して、パートやアルバイト、収入のない専業主婦や年金生活の方なども限度額内で申し込み、借入しているケースが多く存在します。

なんとか審査に通過したいと考える方は、この上限金額内で、借入申し込みすることをお勧めします。
2.提出書類不要の金融機関
アイフルやモビット、アコムとプロミスなど、カードローンの申し込みの際、提出書類が一切不要の金融機関もあります。

勿論こちらも限度額50万円と低く設定されているので、高額の融資を希望している方には向きませんが、本人確認書類など一切の書類が不要と言うことは、手続きも手軽ですし、余程のことがない限り借入拒否されることはないので、少額の融資を希望している方には便利な制度ではないでしょうか。

例えば、セブン銀行カードローンであれば、提出書類が不要で、審査も最短で10分で終了します。そのまま即日融資も可能となるので、突然急なお金が必要になった場合に助かりますね。
2.提出書類不要の金融機関
アイフルやモビット、アコムとプロミスなど、カードローンの申し込みの際、提出書類が一切不要の金融機関もあります。

勿論こちらも限度額50万円と低く設定されているので、高額の融資を希望している方には向きませんが、本人確認書類など一切の書類が不要と言うことは、手続きも手軽ですし、余程のことがない限り借入拒否されることはないので、少額の融資を希望している方には便利な制度ではないでしょうか。

例えば、セブン銀行カードローンであれば、提出書類が不要で、審査も最短で10分で終了します。そのまま即日融資も可能となるので、突然急なお金が必要になった場合に助かりますね。
3.属性
審査に通りやすいかどうかと言うのは、借入額が大きく作用していると言いました。しかし、上限金額を超えた借り入れをしたい場合はどの様な金融機関を選べば審査に通りやすくなるのでしょう?

まずは自分の置かれている状況について見てみましょう。

・安定した収入
・勤続年数が1年以上
・過去に支払事故がない
・多重債務ではない
・信用できる

借入額が高額になってくると、この様な属性について厳しく審査されることになります。この時に、勤続年数が1年未満であったり、収入が不安定であったり、過去に債務整理した形跡が個人信用情報(ブラックリスト)に掲載されていたり、複数の金融機関から借入している事実などがわかると、審査は通らなくなってしまいます。

しかし、この審査基準はそれぞれの金融機関によって違うので、必ずしもプロミスなどで借りられないというわけではありません。1つの金融機関で通らなくても、他の金融機関での審査では合格する可能性も十分あります。しっかりプロミスの借り方を確認してください。

プロミスの借り方は、公式サイトよりも以下のページが参考になります。
プロミス【借り方】即日でお金借りる方法 - お金を借りる即日融資ガイド110番

1社でダメでも諦めず、再度別の会社に申し込んでみましょう。

但し、この場合同時に複数の金融機関に申し込んでしまうと、多重債務と見られてしまう危険性があります。審査結果を待っている間も落ち着かないとは思いますが、数日で結果はわかるものなので、慌てず、1社ずつ申し込むことが大切です。
4.審査通過率
借入額と属性によって、ある程度の審査通過しやすいか否かがわかってくるのですが、それ以外にも、その金融機関によって「審査通過率」というものもあります。

この率が高ければ高いほど審査に通りやすいという事になります。

大手消費者金融では、アコムアイフルプロミスが公表しているのですが、だいたい40%~50%くらいです。

銀行カードローンは通過率約15~20%と言われているので、この数字で見るとプロミスやアイフル、アコムなどのほうが消費者金融の方が通過しやすいように感じられますね。

しかし、いくら審査通過率が高くても、属性で引っかかってしまう可能性も十分ありますので、あくまでもこの数字は目安として考えておいてください。

審査通過率が高くても、例えば、高額収入だけれど勤続年数が1年未満の方が審査申し込みをした場合、通過率の低い金融機関では「収入額重視」であれば通過する場合もあります。逆に、通過率は高くても、「勤続年数1年以上」を重視する金融機関には通過しないこともあるのです。


5.テレビCM、広告
プロミスやアコム、SMBCモビットなどテレビのコマーシャルや広告に力を入れている会社は、知名度を上げ新規顧客獲得を目指しています。今はカードローン業者内でも顧客獲得争いが激しくなっているので、いかに知名度を上げ、利益を増やすかと言うことに必死になっているのです。

特に広告などに力を入れているという事になると、「審査基準を引き下げてでも新規顧客を獲得したい」と考えている場合が多いのです。ですから、頻繁に広告やコマーシャルを目にする会社は審査に通りやすい傾向にあります。

しかし、審査を引き下げて顧客を獲得するとなると、その分、金融機関も大きなリスクを背負うことになります。そのため、少しでも利益を確保するために、金利を高めに設定している場合が多いのも現状です。

金利が高くても今すぐお金が必要だと言う場合には、こういった有名な会社を選ぶのも一つの手段です。



これらを総合的に考え、「審査に通りやすいカードローンはどこか」と探すのではなく、「自分の条件に合う金融機関はどこか」という目線で探していくと効果的でしょう。
4.審査通過率
借入額と属性によって、ある程度の審査通過しやすいか否かがわかってくるのですが、それ以外にも、その金融機関によって「審査通過率」というものもあります。

この率が高ければ高いほど審査に通りやすいという事になります。

大手消費者金融では、アコムアイフルプロミスが公表しているのですが、だいたい40%~50%くらいです。

銀行カードローンは通過率約15~20%と言われているので、この数字で見るとプロミスやアイフル、アコムなどのほうが消費者金融の方が通過しやすいように感じられますね。

しかし、いくら審査通過率が高くても、属性で引っかかってしまう可能性も十分ありますので、あくまでもこの数字は目安として考えておいてください。

審査通過率が高くても、例えば、高額収入だけれど勤続年数が1年未満の方が審査申し込みをした場合、通過率の低い金融機関では「収入額重視」であれば通過する場合もあります。逆に、通過率は高くても、「勤続年数1年以上」を重視する金融機関には通過しないこともあるのです。


5.テレビCM、広告
プロミスやアコム、SMBCモビットなどテレビのコマーシャルや広告に力を入れている会社は、知名度を上げ新規顧客獲得を目指しています。今はカードローン業者内でも顧客獲得争いが激しくなっているので、いかに知名度を上げ、利益を増やすかと言うことに必死になっているのです。

特に広告などに力を入れているという事になると、「審査基準を引き下げてでも新規顧客を獲得したい」と考えている場合が多いのです。ですから、頻繁に広告やコマーシャルを目にする会社は審査に通りやすい傾向にあります。

しかし、審査を引き下げて顧客を獲得するとなると、その分、金融機関も大きなリスクを背負うことになります。そのため、少しでも利益を確保するために、金利を高めに設定している場合が多いのも現状です。

金利が高くても今すぐお金が必要だと言う場合には、こういった有名な会社を選ぶのも一つの手段です。



これらを総合的に考え、「審査に通りやすいカードローンはどこか」と探すのではなく、「自分の条件に合う金融機関はどこか」という目線で探していくと効果的でしょう。