急ぎ特許出願サービス
  • 1週間で特許出願したい!
  • アイデアを確実に守りたい!
  • 特許で利益を上げたい!

    特許出願を急いで行う必要がある場合、
    弊社の特許出願の緊急サービスをご利用下さい。
    休日申請も行っています。
    特許取得の際に役立つ各種サービスを無料で提供いたします。
弊社の特許出願の緊急サービスを利用することで、
急いで対応しなければならなくなった特許出願も可能です。
さらに休日申請も対応可能です。
お問い合わせ
藤沢事業所:0466-90-5800 営業時間外:080-9667-5800

特許出願・緊急サービスはこのような方にお勧めです

特許出願・特急便サービス

  1. ビジネスコンテストで商品、ビジネスモデルを発表する
  2. ピッチイベントで商品、ビジネスモデルを発表する
  3. 商品、システムを発売する
  4. 商談相手に商品、ビジネスモデルを披露する
  5. クラウドファウンディングで商品を公開する
  6. NDA(秘密保持契約)を都度結んでいる

特許の取得で次のような問題を解決できます。

  • ピッチイベントでビジネスモデルを発表したら、ライバルにそのままマネされてしまった。
  • 商談で相手に試作品を披露したら、そのままマネされてしまった。
  • 企業に商品を売り込みに行ったら、マネされて発売された。
  • お客様にプレゼンする度にNDA(秘密保持契約)を結ぶのは大変。
    相手がNDAを交わすのが大変だからといって商機を逃してしまった。
  • 自社のホームページで商品を公開した後に、特許出願したら特許を取得できなかった。
  • ピッチイベントでビジネスモデルを発表したら、ライバルにそのままマネされてしまった。
  • ピッチイベントでビジネスモデルを発表したら、ライバルにそのままマネされてしまった。
  • ピッチイベントでビジネスモデルを発表したら、ライバルにそのままマネされてしまった。

特許を取得するメリット

特許の取得で、自分の大切なアイデアを他人にマネされてしまうのを防止できます。
自分が考えたアイデアが、他人の特許権を侵害してしまうのを防止できます。

この大きな2つのメリットがベースになって、さらに様々なメリットをもたらします。例えば、次のようなものがあります。
  • ブランディングできる。
  • 営業ツールとして使える。
  • 良質の人材を集めることができる。
  • 良質の新市場を創ることができる。
  • 資金調達できる。

特許を取得するデメリット

特許を取得すること自体にデメリットはないと考えています。特許を取得することがデメリットになるのは、特許の取得の仕方が適切でないからです。
ビジネスを考慮することなく特許のことだけを考えて取得したり、特許の制度を理解することなく取得するからです。

例えば、次のようなことがあります。
  • 本来特許を取得する予定でなかった会社の重要なノウハウも公開されてしまった。
  • 特許を取得したけど、結局、マネを防げなかった。
  • 特許を取得したにもかかわらず、他人の特許権を侵害してしまった。

【特許出願・緊急サービスとは】

最短1週間で特許出願書類を作成し出願します。
Quality & Speedy

特許出願・特急便サービス

緊急サービスの
内容

  • 特急便案件は、1週間にて特許出願書類を作成します。
    ※他に特急便案件がありましたらご依頼をお断りする場合がございます。

  • 文字数で1万文字程度、図面の枚数で5枚程度で済む特許に限ります。
  • 短期間で作成するため、弊社の得意分野に絞っています。主にビジネスモデル特許、ソフトウェア特許(アプリ特許)、制御系特許、通信系特許
  • 構造物の特許でも内容によっては短期間で特許書類を作成します。
  • 休日の申請も行っておりますので、是非御相談下さい。

特許出願・特急便サービス

緊急サービスの
無料特典

特許出願する際に有効な情報を無料で提供しています。

  • 早期審査審査の申請(5万円相当) 
  • 簡易パテントマップ作成(5万円相当)
  • 簡易先行特許調査(5万円相当)
  • 特許SDIが1年間(6万円相当)

無料特典の詳細へ

特許出願・特急便サービス

緊急サービスを
提供できる理由

大企業の多くの特許出願にかかわってきたからこそ実現したサービスです。
大企業の特許出願書類の作成では、品質と納期が厳しく管理されています。
特急便サービスは、そのような大企業の特許出願の作成環境でスキルを磨いてきたからこそできるサービスになります。
「スピード」も重要ですが、「品質」が良くなければ意味がありません。

【特許出願までの流れ】
特許出願・特急便サービス

STEP

1

お問い合わせ

まずは、メール又は電話にてお気軽にお問い合わせください。
お見積も無料です。
特許出願・特急便サービス

STEP

2

ご相談

ご相談内容の詳細をお伺いします。スカイプ、ZOOMでも相談経験多数ですので、直接お会いしなくても問題ありません。
ご相談により特許を取得する内容を特定し、簡易先行特許調査を実施します。
簡易先行特許調査は、結果の有無にかかわらず無料です。
※お客様の都合でその後の出願を断念される場合、費用50,000円を請求致します。
特許出願・特急便サービス

STEP

3

特許書類の作成

特許出願の着手金(10万円)の振込を確認でき次第、特許書類の作成にとりかかります。
作成した特許書類は、特許庁に提出する前にお客様にメールにて送付し、内容をご確認いただきます。
特許書類への内容の追加、修正等を行います。
特許出願・特急便サービス

STEP

4

特許出願の内容が確定次第、特許庁に特許出願します。
このとき必要であれば出願審査請求も行います(出願審査請求をしない限り特許庁は審査を開始しません)。
審査に要する期間は約1年です。
早期審査審査制度を利用すると、審査期間は、約2ヶ月に短縮されます。
特許出願・特急便サービス

STEP

5

 アフターフォロー

簡易パテントマップを作成します。
SDIサービスにて最新の検索結果を提供します(1年間)。
特許出願・特急便サービス

STEP

1

お問い合わせ

まずは、メール又は電話にてお気軽にお問い合わせください。
お見積も無料です。
【無料特典サービスについて】

特許出願・特急便サービス

■特典1 早期審査の申請

通常1年近くかかる審査期間を最短で2ヶ月に短縮するための申請です。
早期審査の申請のメリットは、まさしく早期に審査結果が得られることです。これによって、特許権に基づく権利行使を早期に行うことができます。それ以上に、審査結果という特許庁からの公式見解を基に新たな出願をすることができたり、ノウハウを秘匿化する道も選択可能になることです。
ベンチャー企業、中小企業には、是非この早期審査を活用していただき、利益に結びつく特許を取得して欲しいです。
■費用:5万円 ⇒ 無料

特許出願・特急便サービス

■特典2 簡易パテントマップ作成

特許が様々な観点(特徴)で仕訳できることを利用して、多くの特許をそれら観点で分類してグループ化したものです。様々な観点とは、例えば特許権者、特許出願年度、特許の技術分野、特許の特徴等です。
パテントマップのメリットは、多くの特許を様々な観点でグループ訳けして傾向として把握できることです。これにより、例えば特定の技術の分野で、ある特徴の特許がどれぐらいの数だけ取得されているかなどを把握することができます。技術系で起業したり新規事業を立ち上げたりする際には、必須かつ有用な情報と言えます。それは今後の技術開発をどのようにしたらよいか、技術の強味をどう活かしたら良いか、等を効率良く行えるようになります。
■費用:5万円 ⇒ 無料
※本格的なパテントマップの作成は、有料(費用:10万円~)となります。

特許出願・特急便サービス

■特典3 簡易先行特許調査

簡易先行特許調査は、2時間程度で済む簡易な先行特許調査になります。
■費用:5万円 ⇒ 無料
※本格先行特許調査は、有料(費用:10万円~)になります。

特許出願・特急便サービス

■特典4 特許SDI

特許SDI(Selective Dissemination of Information)とは、特許データベースが更新されるたびに特許検索を行い、その結果をお知らせするサービスです。
SDIのメリットは、調査を定期的に行うと同様な効果を得られるため、現時点で発見できない似た特許を早い段階で発見できるというメリットがあります。
■費用:5千円/月 ⇒ 無料
※1年間に限ります。

【緊急サービスの実績】

多種多様な企業の様々な分野で実績があります。

特許出願・特急便サービス

お客様からいただいた声

  • 安心してサイトを公開できた。
  • 安心してピッチイベントでアプリを発表できた。
  • 特許出願していたことが信頼に繋がり、営業も容易になった。
  • 単に特許出願すれば良いという訳でなく効果的に出願があることを聞けてそれが良かった。
  • 知的財産に力を入れているため、ベンチャーを支援している弁護士を紹介してもらいそれが良かった。

特許出願・特急便サービス

実績の一例

  • 1200件を超える特許、商標登録の出願を担当
  • ソフトウェア特許、アプリ特許、制御特許の担当件数は多数
  • 特許出願書類を1週間で作成した件数は多数
  • 急ぎ案件で一月で3件の特許出願書類を作成

具体的には 》
  • 2週間後にサイトでサービスを披露するのでその前にそのサービスの特許出願しました。
  • 1ヶ月後にアプリを公開するので、その前にアプリの特許出願をしました。
  • NDAの代わるものとして特許出願をしました。

【費用について】

各種費用

出願時費用(印紙代+事務所手数料+特急料金)
25万円~
出願審査請求費用(印紙代+事務所手数料)
13万円~
登録時費用(印紙代+事務所手数料)
10万円~
早期審査書類作成費用
5万円~ ⇒ 無料
※ご不明点は、お問い合わせ時にお尋ね下さい。

出願審査請求費用(印紙代+事務所手数料)
13万円~

費用例

簡易発明の特許出願時の費用例 簡易な構造・システムの発明
 明細書頁数
5頁
 請求項数
5項
 明細書頁数
5項
 図面
5枚
 金額 約30万円


中程度発明の特許出願時の費用例 簡易なアプリの発明
 明細書頁数
10頁
 請求項数
5項
 図面
10枚
 金額
約35万円


高度発明の特許出願時の費用例 幾つかの装置が連携して動作するシステムの発明
 明細書頁数
20頁
 請求項数
5項
 図面
20枚
 金額
約50万円
※経験上ほとんどの場合、費用は30万円~40万円になります。
 明細書頁数
5頁
【アイネクスト特許事務所のご案内】

代表挨拶

かかわる人すべての未来に安心を届ける

  • 大手特許事務所にて、中小零細企業から大企業まで幅広い特許出願経験を積んでいます。
  • 同業者(弁理士)からも特許出願の紹介をいただいております。
  • ITベンチャー企業の執行役員(知的財産部役員)としてビジネスの現場で実践を積んでいます。

震災を機に独立、現在アイネクスト特許事務所所長、スマートイノベーション株式会社(ITベンチャー企業)執行役員。

弁理士として中小零細企業、ベンチャー企業を主に支援。これまで1200件近くの特許や商標登録に携わる。経験力、ビジネス力、コミュニケーション力を日々鍛えています。

弊社代表弁理士は、ITベンチャー企業の役員としてビジネスに結びつく特許出願を日々実践しており、そのような弊社代表弁理士が、みなさんのご相談にのりながら特許出願を進めてまいります。

アイネクスト代表

事務所概要

事務所名 アイネクスト特許事務所
事務所所在地 〒251-0054 神奈川県藤沢市朝日町12-9 藤沢朝日町ダイカンプラザ206
電話番号 0466-90-5800
FAX番号 0466-90-5825
設 立 2013年11月
代表弁理士 津田 宏二 弁理士
専門分野 制御、メカ、通信、ソフトウェア、ビジネスモデル
事務所所在地 〒251-0054 神奈川県藤沢市朝日町12-9 藤沢朝日町ダイカンプラザ206

アクセス

アイネクスト特許事務所

0466-90-5800

■電話受付:10:00~18:00
 ※土日祝除く

■mail:info@inext-ip.com

■アクセス:JR藤沢駅北口を出た徒歩7分。


お問い合わせ
藤沢事業所:0466-90-5800
営業時間外:080-9667-5800