パステルアートの資格・協会
徹底比較サイト

それぞれの協会の特徴・資格・資格取得にかかる費用などをまとめました

現在主要なパステルアートの協会は
3つ

画材の「パステル」をパウダー状にして、ゆびで絵を描く『パステルアート』
はじめての人でも簡単にかわいい絵が描けます。
その簡単さと手軽さで、女性たちの間で急速にファンを増やしています。
現在、個人から会社にいたるまで、さまざまな団体がパステルアートのインストラクター養成講座を開講しています。
それではいったいどの資格を取れば実際に活動しやすいのか
かかる費用はどのくらいか?など
主要な3つの協会について、徹底比較してみました。

1.日本パステルシャインアート協会(JPSAA)

2001年に発足。
代表 江村信一氏(ホリスティックアーティスト) 

『描いて癒され、見て癒される不思議なアート
自分の内なる心と対話できるパステルシャインアート
描くことでココロもカラダも癒されるセルフヒーリングアート』

1日で取得できる資格から、3日で取得する資格、通信講座まで資格の種類が多く、
取得後に活動できる範囲がそれぞれの資格により細かく設定されている。
また、グリーティングカードやはがきなど、用途に合わせた資格も用意されている。
資格内容の詳細は日本パステルシャインアート協会HP講座案内を参照してください。


【資格の種類】

  • マスターインストラクターコース養成講座  140,000円(税抜)
    (3日間)
  • アドヴァンスセラピスト養成講座      100,000円(税抜)
    (2日間)
  • ベーシックインストラクター        80,000~90,000円(税抜)
                         ※内容により日数・金額が異なる

  • セラピスト                178,000円(税抜)
                         ※通信も受ける必要がある

  • 通信講座(A・B・Cコース)          Aコース:50,000円(税抜)
                          Bコース:準備中
                          Cコース:90,000円(税抜)

  • グリーティングアートインストラクター    73,500円(税込)
    (1日間)
  • 創作ぬり絵インストラクター養成講座     80,000円(税抜)
    (1日間)
  • 子供インストラクター講座                           15,000円(税抜)
    (1日間)
  • 幼児保育インストラクター養成講座       30,000円(税抜)
    (1日間)
  • はがき絵インストラクター認定講座                15,000円(税抜)
    (1日間)
  • 万華鏡アート∞コンシェルジュ養成講座     85,000円(税抜)
    (1日間)

【年会費等】
  記載なし

2.日本福祉パステルアート協会(JWPAA)

2014年に発足。
代表 田中亜希氏(臨床検査技師)

『たったひとつの褒め言葉が、子供たちの人生を変える』
 心と脳が喜ぶ田中式育脳ゆびぬり絵

広島ベンチャー育成賞受賞。
小学校で1000人のこどもたちを動員した実績を持つ、広島No.1パステルアート講師である
代表・田中氏が開発した新しいパステルアート。
教育・福祉施設から最も支持されている。
子供や高齢者でもすぐに描けるようデザインされた型紙(パステンシル®)を用いて
作品を描く。
型紙のデザインはオリジナルで、設計士・デザイナーである田中伸広氏が建築CADにより作成。
パステンシルは1セット10枚入りで、福祉・教育分野でのワークショップ・PTC等の親子レクリエーションに用いるのに適している。
パステンシルの購入者に対し、描き方のすべてを動画により公開しているため、誰でも気軽にワークショップが開ける。

【資格】

  • パステルアートインストラクター1級通信講座  39,800円+認定料5,000円(税込)

  • パステルアートインストラクター2級通信講座  29,800円+認定料5,000円(税込)

    ※講座の課題の絵の描き方動画がいつでも好きな時に視聴できる。
    ※画材セット付き

【年会費等】
  1,200円(通信講座開講キャンペーン中は初年度無料)

3.日本パステルホープアート協会(JPHAA)

2004年第一回合同展
代表 細谷典克氏

『子供から高齢者の誰でも、きれいに、1枚20分程度で簡単に描ける絵で、
心が穏やかになり、希望-HOPE-に目覚め、気持ちが元気に健康になるアートワーク』

準インストラクターと、その上位資格である正インストラクターの資格がある。
準インストラクターはワークショップを行うことができる。
正インストラクターは準インストラクターを養成することができる。

【資格】
  • 準インストラクター講座  70,000~75,000円

 (20時間)         (金額・日数はインストラクターにより設定が異なる)

  • 正インストラクター講座  10,000~15,000円+21,600円の上位認定登録料
 (6時間)          (金額はインストラクターにより設定が異なる)

【年会費等】
  年会費等不要 (2018年末迄の認定登録者永久特典) との記載があるので、
  2018年以降は年会費がかかる可能性あり

3つのパステルアート協会の資格・費用の比較

各協会の資格内容や費用などを比較し、簡単にまとめてみました。

このように比較してみると、各協会の特徴がよくわかります。

インストラクター養成に向いているのは、日本パステルシャインアート協会か日本パステルホープアート協会です。
同じ3日間で日本パステルシャインアート協会は約15万円、日本パステルホープアート協会は約12万円ですから、単純に金額で2つの協会を比較すると、日本パステルホープアート協会の方に軍配があがります。
しかし、先生によってスキルやレベルがバラバラのようなので、事前によくリサーチすることをお勧めします。

また、資格取得後すぐにパステルアートのワークショップやイベントを開きたい、レクリエーションをしたいという人に向いているのは、日本福祉パステルアート協会です。
日本福祉パステルアート協会では専用型紙が用意されていて、描き方動画までついているので
自分で型紙を作製する必要がなく、何度でも描き方を確認できるのが親切ですね。
金額も約4.5万円と、他の2つの協会に比べとてもリーズナブルで、一番はじめやすい価格になっています。

目的や用途に合わせ、資格を選んでみてくださいね。