期限付き酒類小売業免許
申請書類、作成いたします。

パロット行政書士事務所がお手伝いします。
期限付き酒類小売業免許とは

飲食店の在庫酒類を、テイクアウトで販売するための免許です

国税庁のホームページ:在庫酒類の持ち帰り用販売等をしたい料飲店等の方へ

免許の詳細は、上記の国税庁ホームページをご覧ください。
概要は以下の通りです。
  • 料飲店等が、新型コロナウイルス感染症に基因して、在庫酒類の持ち帰り用販売等により資金確保を図るものについて、迅速な手続で期限付酒類小売業免許を付与します。
  • 令和2年6月 30 日(火)までに提出のあった免許申請書に限ります。
  • 免許には、免許付与から6か月間の期限が付されます。
  • 自治体等から各種の要請等がある場合、これに従うことを条件とします。
後日、追加の書類提出が必要になります。後日の追加書類提出の費用は別途となります。

報酬について

10,000円(税別)

料金には、郵送費などの諸経費を含みます。

お支払いタイミング
 書類送付時に、請求書を同封いたします。到着後、1週間以内にお支払いください。

お支払い方法
 銀行振込、PayPal(クレジットカード等)に対応しております。

当事務所について

代表挨拶

まずは気軽にご相談ください
いつもおいしいものを食べさせてくれたり、楽しい空間を作ってくれているお店に何か還元したい。

今回の臨時の酒類販売は国税庁がとても譲歩した制度です。みんな使ってくれて、既存の商売とシナジーあるお酒の販売がみいだせたら今後の税制が変わるかもしれない。
目先の現金化もありますが、うまく制度を使ってほしいです。

申請以外にもITサービスの知見をできる限りご依頼いただいた方々に提供していきたいと思います。

業務の内容

経営者の方

ビザ申請
外国人の採用に伴うビザ申請
古物商申請
古物商を始める際の書類集めからお手伝いします
新規開業支援
創業時の許認可申請、初めての顧客獲得、利用規約の作成など
その他
韓国人の日本における相続のお手伝い

お申し込みから販売開始までの流れ

まず、必要な書類をご準備ください

  • 営業許可証の写真
  • 店舗の内部がわかる見取り図(賃貸契約などで利用したもの)
  • 店舗の入り口と隣接する建物の名称がわかる写真
  • 【法人】登記事項全部証明(登記簿謄本) 【個人】住民票の写し
    ※現在、多くの自治体では住民票の発行手数料が無料となる施策を実施しています。ご確認ください。
  • 店舗の内部がわかる見取り図(賃貸契約などで利用したもの)
Step
1
お申し込み
以下の申し込みフォームから、お店の情報および店舗代表者の方のご連絡先などをお知らせください。
申請書類作成の代行をお申し込み
後ほど、ご準備いただいた書類をメールでお送りいただく連絡をいたします。
※ officeparrotg@gmail.com のメールアドレスが迷惑メールにならないよう設定変更をお願いいたします。
Step
2
申請書類作成
申請のために必要な書類は2種類あります。
  1. 申請書
  2. 敷地/店舗の図面
これらを当方で作成いたします。
Step
3
申請書類を送付
申請に必要な書類が出来上がったら、以下のものをお店(もしくはご指定の住所)へ送付します。
  1. 申請書類2種類
  2. 税務署へ申請書を郵送するための封筒
  3. 税務署から控えを送ってもらうための封筒
Step
4
申請
Step3でお送りした

1.の書類に押印してください。
1.の書類と登記簿または住民票を3.の封筒へ入れて、ポストに投函してください。

書類に押印が必要となるため、ご自身で投函もしくは税務署へ提出いただくのが最速となります。ご了承ください。
Step
5
免許証受け取り
提出後、概ね1週間で「免許証」が送られてきます。
受け取り後からお酒の販売ができるようになります。
Step
4
申請
Step3でお送りした

1.の書類に押印してください。
1.の書類と登記簿または住民票を3.の封筒へ入れて、ポストに投函してください。

書類に押印が必要となるため、ご自身で投函もしくは税務署へ提出いただくのが最速となります。ご了承ください。
お問い合わせは以下まで