親子で明るい性教育
【パンツの教室】
3か月アカデミー

誰もが恥ずかしくて
口に出せない話。
そんなあなたでも、
たった3か月で、
笑って性の話を子供としっかり
話せるようになる!

こんなお母さん達がいること
信じられますか?

3か月アカデミー生の声

樋口 梨冴さん (受講時 5年生女児  1年生男児母)

これから、大人の仲間入りをする5年生の娘、
どんどん成長していく1年生の息子に、
どうやって伝えよぉ〜なんて伝えたら分かるかなぁ〜と思っていた時…
のじま先生のパンツの教室1dayセミナーの投稿を見つけました。


しかも、タイトルは…


『誰かに聞きたい性犯罪の防ぎ方&
誰にも聞けないおちんちんの悩みと楽しい生理の迎えかた』
これは行かないと❕と思い参加しました。


1dayは、明るく分かりやすくお話をしてくれて…
性教育は、のじま先生から学びたい❕


ぜひ本講座にも行きたい❕と思い参加しました。


自分が習った事ない事を、子供達に伝えるのは難しいけど…
自分が学ぶ事で子供達に話せる様になりました。


娘にも、息子にも生理の話、性の話しっかりできています!


可愛い我が子を守れるのは親だけ❕


まだ、うちの子は小さいから…もう少し大きくなってから…
と思っているお母さん、


お子さんが小さいうちに、学んで下さい!
小さい時の方が話しやすいですよ


!学んだ私自身が、もっと早くに学び、子供達に伝えたかった❕と
思っています。

あぁ〜うちの子は大きくなっちゃったから…って思ったお母さん、
今からでも、大丈夫❕


のじま先生が年齢にあった性教育を教えてくれます。笑
ぜひ、沢山の方に参加してもらいたいです。

ボタン

松永ゆかりさん  (5歳男児 3歳女児母)
【我が家は絵本で愛を伝えています!】   

我が子達がお気に入りの本は
パンツの教室のじまが先生が生徒にだけおしえてくれる
オススメの性教育の絵本。   


年齢に合った絵本や漫画、本をお勧めしてくださるのですが
子供達にはそれが本当によかった!

可愛らしいイラストだけど、 内容は、
〝赤ちゃんはどうやってできるの?〟 とか
〝赤ちゃんはどこから産まれるの?〟 とか  


子供から聞かれる率高いけど、
思わずタジタジとしてしまうこの質問(笑)のような内容が
しっかりハッキリと書かれています。   



パンツの教室アカデミーに通ったからこそ、
今では何でも言えるようになった私ですが、


この絵本を手にした時期は、
正直、この絵本を見せる勇気が出なくって なかなか子供達に渡せずにいました。      


〝よし、今日だ!!〟 と覚悟を決めてこの絵本を読んだあの日。      


〝赤ちゃんはどうやってできるの?〟
〝赤ちゃんはどこから産まれるの?〟 の、
親的にドキドキするページを見せる事が出来ました(笑)      


でも、
我が子達はまだ小さいという事もあり、『ふーん』と拍子抜けで
大人が思っているような反応は全くなし。



でも、年齢によって反応が違うことを教わっていたので
全く焦らず、これか―――!という感じで安心できました(^^♪



そう、そこに色々思うのは大人だけ!!      


でも、この大きな山場(!?)を乗り越えたら、
もう何でも言えちゃうように!      


そして、 すでに大事な部分を話しているから、
子供達の出産の話なども 包み隠さず話してあげられるようになったんです。



自分達の出産の話を嬉しそうに聞く子供達。


自分達が望まれて産まれてきて、
沢山たくさん愛されている事。


何でも話せるからこそ、伝えてあげられる。      


〝 性教育は愛を伝える事 〟      



のじま先生の言葉、今なら本当にそう思う。      


これからも子供達に 沢山たくさん愛を伝えていきたいです!!      

ボタン

椎根恵美子さん (受講時 7歳男児 3歳女子 母)
おちんちんの一言も恥ずかして言えない私が、
楽しく性教育を学べる講座に参加して3ヶ月。

女性の身体も男性のこともわかってないことばかり。


本当にこんないい年して良くここまで平和に生きてこれたことに驚いてます。

【知識はお守り】

学んだことは、72時間以内に子供たちにアウトプットを欠かさず、
宿題も必ず実行し、アルバム作りも夜な夜な懐かしみながら作りました!
私、頑張りました!

こんなに頑張れたのも、
のじま先生の講座が本当にタメになるし、
講座生との情報交換も非常に有効で、まだまだ続けたいと思えたから!!


のじま先生、再受講させてくださいね! ありがとうございました!

ボタン

中島 美由紀さん (受講時  0歳男児母)
【守りたいものがあるあるから】
小さい子どもを守るためになにができるだろう?

そんな不安からはじめの一歩を踏み出しました。

パンツの教室に通い始めて、
子どもを性犯罪から守る方法を知りました。

性教育を
普通にしていいんだということが
私のあたりまえになったことで
子育てが楽しくなりました。

 子どものためにといってはじめたパンツの教室ですが
私のためになったことばかり!


ありがとうございます。のじま先生!

ボタン

●ママ生理って何?
赤ちゃんはどこから産まれるの?
今まで避けてきた子供からの【性】の質問。
まさか!それを心待ちにする日が来るなんて思ってもいませんでした!
子供と話す時がくるのが楽しみです!
もう私の準備はok!です(^^)


●なんとなく恥ずかしいな〜という気持ちより、
自信をもって、愛情をもって、子供に堂々と接していこうと決意できた。
逃げずに話していきます!


●子供が中学生や高校生になったとき、きちんと避妊の大切さを話したい。
そのために、今話すことが一番大切、そう思えるようになった自分がとても誇らしいです♪

こんなお悩みありませんか?

ちんちんばかり叫ぶ我が子が恥ずかしい

子供がインターネットでHなサイトをみているような気がする
ドラマや映画で微妙なシーンが流れると、そのまま見せるかどうするか迷ってしまう
娘がもぞもぞおまたを触っている気がして、どうしたらいいか分からない
赤ちゃんはどこからうまれるの?と聞かれて答えられない
性教育は早めに始めた方が良いというのは知っているけれど、結局放置してしまっている
そもそも、何から始めたらいいか、年齢に合った声のかけ方が分からない

こんな方が参加されています

産婦人科医
主婦
小学校教師
中高生男子を持つお母さん
保育園教諭
0歳から10歳までの子をお持ちのお母さん

知識じゃありません場数です

子供の実に80%が5歳までに
『僕はどうやって産まれたの?』と、

命のはじまりを聞いてくる事をご存知ですか?


日々、多くのお母さんに、
セミナーや3か月アカデミーで出会う中、
お母さん達が願うのはただ一つ。


『我が子には自分を大切に、相手も大切にできる子になってほしい』という事。

大人は知っていますよね? 
自分を大切にする方法も、相手を大切にする方法も。

セックスから伝えられること、沢山あります。
ためらわずに答えてください。


子供達が聞きたいことはね
セックスの仕方ではありません。


『僕は、私は、どこから産まれたの?』


ドキドキしながら聞いたこの質問に
どれだけ両親から嬉しい言葉をかけてもらえるのか。


生まれたことを喜んでくれている
かけがえのない存在だと認めてもらえる。。。。
この安心感が、


自分を信じる力=自己肯定感
へとつながっていくんです。


今、不安や孤独を感じやすい
生きづらい世の中だから、


子供達に感じさせてあげたいのは
命のつながりを通した『家族の温かさ』だと思います。


そのためには、やっぱり
性として、セックスをつたえるのは必要不可欠。


性犯罪の防止や、低年齢化する初性交の回避、
中絶、自己肯定感の低さ


大切な命の営みとして伝えているからこそ、
こんなマイナスな性の情報を
正確な情報伝えていくことができるんです。



目をそらさないでお母さん。



お母さんたちにとって大きな課題。
セックスの伝え方。


『私は知識がないから』

沢山のお母さん達がそうおっしゃいますが、
本当は違うんですよ。


パンツの教室3か月アカデミーには
産婦人科の先生も、教師も、保育士も色んな
子供のプロがいます。


だけど、やっぱりセックスの話だけは出来ないと
パンツの教室の門をたたかれました。

知識なんて実際は関係ありません
必要なのは場数です。


少し背中をおしてあげるだでで、
パンツのノウハウを知るだけで、
場数はおのずと増えていくんです!


100%の方が話せるようになる

そんなメゾッドを、たっぷりお届けしています。


逃げない!
怒らない!
正直に!


知識はお守りです。


ガンバレ!お母さん!!!





こんな方が対象です

    ・自分が性教育を受けたことのない人

    ・自分の子供に自分で自分の身体を守れるようになってほしい人

    ・自分が子供から「ママ、SEXって何?」ときかれて答えれない方

    ・恥ずかしさが邪魔をして話せない人

性教育を10歳までにやる理由!


10歳は生理や夢精、乳房の発達、声変わりなど、心体ともに
成長する時期です。

親から巣立ち始める時期で、親をめんどくさいと思う頃。
この時期に身近な大人から性の話をされるのは
恥ずかしくて仕方がありません。


3歳~10歳までの子供達は
うんちや、ちんちんなどすぐに口に出し、


性に対する恥ずかしさはほぼありません。
むしろ、楽しくて興味のある時期です。

この時期に、お子さんに話し始めることこそ
スムーズに性教育が行えるのでオススメです。

私の思い

性教育とは、人生にとって最も大切な「命」を学ぶものです。
 
日本では性教育が閉じ込められ、
恥ずかしいこととして捉えられてきました。

そのため、性を語ることに罪悪感があり、
誰も率先して話そうとはしません。


自分が生まれてきた成り立ちを
恥ずかしい事として捉えているため、
大事な部分が語られていないのが現状です。


ではなぜ外国人が
日本人に比べて性をオープンに語るのか。

それは、性が愛だからです。

愛を語ることに恥ずかしや、
ためらいがありません。


逆にそれを伝える事が
親の務めだと思っています。


だから外国人は
当たり前のように子供たちに性の話を伝えています。

また、北欧では、
性教育が義務化されていて、
小学校1年生のころから始まるのです。 


性とは命。
自分自身を生み出す原点です。

自分の性=命を"大切なもの"と思えない子供が、
自分の人生を大切にできるわけがありません。

自分の性について知ることは、
自分が一体何者なのか?それを見つけ出すことにもなるのです。

ゆえに親が性について、
正しい知識をえて、堂々と教えていくことは、

自分の人生を切り開く子供たちを生み出す一歩になります。


また、今ネットの普及も伴い
女の子だけでなく、男の子も性犯罪や
児童ポルノなど、様々な悲しい事件の被害者になっています。


性犯罪の加害者が
どんなお子さんを狙うかご存知ですか?


そう、
声も出さない、何が犯罪か分からない
性教育を受けていないお子さんです。


そのために今お母さん達に必要なのは、

正しい性教育についてのスキルと、
それを子供たちに話していく行動力です!!


未来を目指して

性が恥ずかしいと思えば、
自分の根本を認められず、
自己肯定感の低い子になります。

親であるお母さんが『性教育のスキル』を磨けば
お子さんは『本当の自分』を見つけだし、
自分自身で未来を切り開く子供へとなるでしょう。

そして、
性の加害者にも、被害者にもならないように、
次世代の子供たちの未来を守りたい!


命の大切さを知っている子は自分を大切にします。
愛を教えてもらった子は他人に優しくすることを知っています


それを
とにかく明るい性教育
「パンツの教室」3か月講座で応援します!


パンツの教室 講座開催スケジュール

東 京
名 称 パンツの教室3か月アカデミー
日時 全6回 3か月講座
途中回からの入講可能。
各回完結講座です。

◆平日、土曜どらに来ていただいてもかまいません。

◆各回1回を受講ください。

◆5期で未受講の回は6期の受講をお願いいたします。


≪5期≫

ステップ1  1月13(土) or 18(木)

ステップ2  1月20(土) or 2月1(木)

ステップ3  2月10(土) or 15(木)

ステップ4  2月24(土) or 3月1日(木)

ステップ5  3月15(木) or 17(土)

ステップ6  3月29(木) or 31(土)

各日 10:00~13:00 



≪第6期 時間が変わります≫

ステップ1  4月7(土) or 12(木)

ステップ2  4月19(木) or 28(土)

ステップ3  5月10(木) or 19(土)

ステップ4  5月24(木) or 6月2日(土)

ステップ5  6月7(木) or 16(土)

ステップ6  6月21(木) or 30(土)


第6期(4月)からは昼食持参でお願いいたします

11:00~14:30
(途中昼食30分)


※未受講分は6月末までに受講ください.

それ以降は協会主催の初級、中級へ移っていただきます。

その際は講師がのじまとは限りません。

受講は、各回
平日コース、休日コース
どちらへの移動も可能。

場 所 銀座周辺
参加費用
¥162,000(税込み)
概要 ※各回完結型の講座なので
どの会からでも参加いただけます。
※3か月間で受講できなかった講座は
時期に振替受講ができます。
(スタートから半年以内でお願いいたします。)


概要 ※各回完結型の講座なので
どの会からでも参加いただけます。
※3か月間で受講できなかった講座は
時期に振替受講ができます。
(スタートから半年以内でお願いいたします。)


タイムテーブル

第一回

子供が欲しいのは性の知識じゃない。
親からの愛情です。
もう一度見直そう親子の関係。
〜親子編~

第二回
自分の身体を守るため、
女の子の身体を知ろう!
~女の子編~
第三回
自分の身体を守るため、
男の子の身体を知ろう!
~男の子編~
第三回
自分の身体を守るため、
男の子の身体を知ろう!
~男の子編~
第四回
あなたの命は奇跡です。命の伝え方。
~いのち編〜
第五回
ドキドキ母ちゃん、タジタジ父さんにならないために!
~実践編~
第六回
誰かに聞きたい性犯罪の防ぎ方。
〜防犯編〜
第六回
誰かに聞きたい性犯罪の防ぎ方。
〜防犯編〜

講師の紹介

のじま なみ

【パンツの教室主宰 のじま なみ プロフィール】
 
長崎県生まれ
性教育にオープンな父のもとで育つ。
 
現在は夫と小5長女、小2次女、2歳三女の5人家族で埼玉県在住。
看護師として泌尿器科に勤務。
 
長女出産後、
ママ仲間から子供たちの【性教育】に関する相談を沢山うけるようになる。
 
そこで伝えたアドバイスでほっとするお母さんたちに出会い、運命が変わる。

【性】っていうのは身近にあるけれど誰もが触れたがらない。
 
でも、これって子供の人生を左右するとても大きな問題。
 
だからこそ、
『内に閉じこもりがちな性教育をもっと、明るく、
 開放的に子供たちと向きあえるようになってほしい。』
 
『子供たちに、将来大切な相手ができたとき
 お互いを尊重しあえるパートナーシップが築けるようになってほしい』
 
そんな思いからとにかく明るい性教育
【パンツの教室】
を主宰し、お母さんたちを応援するようになる。

名前 のじま なみ (堀之内 那美)
住所 埼玉県和光市新倉1-6-67
電話 090ー6711ー5995
email kingusar7373@gmail.com