大阪には患者に寄り添う
美容クリニックが多い!
二重整形に適したクリニックは?

二重整形を検討する人が気をつけたいのは、クリニック選びや治療方法です。大阪には評判の良いクリニックが多くありますが、各クリニックで特徴や強みは異なります。今回はクリニック選びの注意点や二重整形の失敗症状、おすすめクリニックの特徴について紹介していきましょう。

二重整形のクリニック選びの注意点

二重整形をする際、クリニック選びにはさまざまな注意点があります。こちらでは、治療を受ける際に外せないポイントについて見ていきましょう。

・担当医の実績で決める

クリニック選びの中で意外と多いのが「クリニックの評判」だけで決めてしまうことです。クリニックの評判は良くても、担当となる医師の評判について調べない人が多くいます。極端な言い方になると、医師の当たりハズレがあるケースも少なくありません。他の医師の評判は良いけど、実績や評判が良くない医師が担当になってしまったということもあるのです。そのため、常駐医師の実績をすべて見ておくようにしましょう。

・担当医が常駐しているか

いくら名医と呼ばれる人が担当になっても、滅多にクリニックにいなかったら意味がありません。担当医が常駐しているクリニックじゃないと、聞きたいことがあった時、不安なことがあった時などにスムーズに対応してもらえないので気をつけないといけません。

・的確なカウンセリングが行われているか

美容整形を受ける上でカウンセリングは重要です。しかし、短いカウンセリングは問題外ですが時間だけが長ければ良いというものでもないのです。しっかり患者が聞きたいこと、相談したいことを話してくれるかにも注目しておくといいでしょう。

〇二重整形で考えられる失敗について

インターネットで二重整形に関して調べると、失敗例なども出てきます。こちらでは、どのような症状を二重整形の失敗例として考えるのかを見ていきましょう。

・腫れや内出血

経験の浅い医師にありがちなのが、腫れや内出血です。二重整形は確かな技術がないと血管を傷つけて腫れや内出血につながるのです。これらを防ぐためにも経験の浅い医師は避けて、実績や経験の豊富な医師に治療してもらうようにしましょう。

・不自然な二重

まぶたに厚みがある人が埋没法を受けると、不自然な二重になる可能性が高いです。その理由はまぶた自体に二重が食い込んでしまい、不自然な目元になってしまうためでしょう。まぶたが厚い人は医師に埋没法を受けても問題ないかを聞いてみましょう。

・左右のまぶたに差がある

埋没法にありがちですが、仕上がった目元の左右の差が強く出てしまうことがあります。腫れや内出血と同様に経験の浅い医師が行うと左右の差があることに気付かないまま治療を続行してしまうケースがあるようです。

〇大阪で二重整形の評判が良いクリニックの特徴

こちらでは、大阪で二重整形の評判が良いクリニックについて見ていきましょう。各クリニックがどんな特徴を持っているかもあわせて紹介します。

・高須クリニック

高須クリニック大阪院は女性ドクターが院長を務めています。美容クリニックを訪れる女性にはさまざまな悩みがあり、異性のドクターだと相談しづらい場合もあるようです。その点、女性ドクターであれば相談しやすいのではないでしょうか。治療に関する詳しいことを聞いても丁寧に説明してくれるので安心して治療を受けることができます。

・リッツ美容外科

持続性が低い埋没法をSMK法によって、持続性が高く自然な二重を作ることができると言われています。他にもリッツ美容外科独自の麻酔法によって痛みと腫れを軽減できることにも定評があります。つらいダウンタイムも麻酔によって軽減してもらえるので、女性にとっては嬉しいことではないでしょうか。

・コムロ美容外科

コムロ美容外科は腫れが引きやすくダウンタイムが短い治療方法を用いています。そのため、長期のダウンタイムが取れない人にとっては心強い味方となってくれるクリニックです。術中や術後の痛みなどに不安がある人は、リッツ美容外科の治療がおすすめです。丁寧なカウンセリング、施術、アフターフォローを掲げているので患者も安心して治療を受けられる環境が整っています。

他の特徴などを知りたい人は下記をクリックしてみてください。

大阪の二重整形の詳細はこちら

〇まとめ

二重整形は手軽に考えられていますが、実際はリスクやデメリットもある治療だと覚えておきましょう。しかし、クリニックによってはリスクやデメリットを軽減するための工夫が施されているので日常生活に大きな影響をもたらさないことも多いのです。どうしても術後の不安がある人は、アフターフォローを徹底しているクリニックを選びましょう。技術だけではなく、術後のケアまでしっかりしてくれるところを選ぶことが二重整形の成功の秘訣と言っても過言ではありません。