ビークレンズと黒汁ブラッククレンズを徹底比較! ※買いはコレ

ビークレンズと黒汁ブラッククレンズを徹底比較してみました。

比較してみた結果、個人的におすすめなのはビークレンズです。

私も、今でも飲んでいるのはビークレンズです。

\ 黒汁ブラッククレンズよりも腸内が改善! /
↓↓↓↓

ビークレンズと黒汁ブラッククレンズを比較してみた

ビークレンズと黒汁ブラッククレンズは、チャコール成分を配合した人気商品ですが、どっちがいいのか徹底比較しました。

(特徴を比較!)
・黒汁ブラッククレンズの特徴
黒汁ブラッククレンズには、ヤシ殻活性炭や赤松炭、炭末色素などのチャコール成分が配合されています。

さらに、9種類の黒成分や2種類の乳酸菌、果物発酵エキスなどの成分も配合されているため、黒汁ブラッククレンズは色々な角度からダイエットをサポートします。

・ビークレンズの特徴
ビークレンズには、ヤシ殻活性炭や赤松炭、竹炭などのチャコール成分が配合されていて、チャコール成分のみ黒汁ブラッククレンズと比較すると、若干類似しています。

ビークレンズはコンブチャの成分、酵母や酵素、乳酸菌・酪酸菌、プロテオグリカンなどを始め複数の美容成分も配合されているので、ダイエットサポートや健康、美容にアプローチします。

(どっちがいいの?)
ビークレンズと黒汁ブラッククレンズを比較した場合、それぞれに特徴があり比較が難しいものの、チャコール成分以外を比較するなら断然ビークレンズがおすすめです。

・ビークレンズがおすすめな理由
ビークレンズは、コンブチャチャコールが一つになった商品だけに、腸内環境にアプローチする成分が豊富に含まれています。

黒汁ブラッククレンズにも2種類の乳酸菌が配合されていますが、ビークレンズにも乳酸菌や酪酸菌が配合されています。

そのため、腸内フローラに働きかける成分を比較すると、個人的にはビークレンズがおすすめです。

ビークレンズの口コミから本当の評判に迫る

ビークレンズは、インスタなどのSNSでも話題になっていますが、本当の評判はどうなのか口コミを調査しました。

(悪い口コミ)
・夕飯をビークレンズに置き換えたところ、空腹に耐えきれず間食を頻繁にしていました。

2週間継続しても痩せないので、置き換えのタイミングを変えようと思います。

便通が良くなったものの、3週間続けても体重に変化はありません。

ビークレンズの悪い口コミを見ると、短い使用期間の人や無理な置き換えをしている人が多い傾向です。

(良い口コミ)
・ビークレンズを置き換えに使った結果、1ヶ月で5kg痩せたので、今後も継続して理想的なメイクボディを目指します。

・便通が良くなり肌の調子も良好です。

・ビークレンズは無理なく継続できるので、ダイエットが苦手な私にピッタリです。

・継続するほど体重が減っていて、身体の中からキレイなダイエットができています。

ビークレンズの良い口コミを見ると、『置き換えダイエットに成功した。』という感想が多く、チャコールの効果を実感している人の口コミも多数あります。

(ビークレンズの口コミを調査した結果)
・評判は本当に良い!
ビークレンズの口コミを調査した結果、効果を実感している人がほとんどのため、評判は本当に良いようです。

・無理な置き換えはNG!
ビークレンズの悪い口コミを見ると、いきなり夕飯を置き換えるなど、無理な置き換えをしている人が多い傾向です。

ダイエット効果を高めるために無理な置き換えダイエットをすると、継続失敗やリバウンドなどの原因になるので、ビークレンズは無理をしない置き換えがおすすめです。

ビークレンズの効果を徹底検証!

ビークレンズは、コンブチャとチャコールが一つになった商品として話題沸騰中ですが、どんな効果が期待できるのか徹底検証しました。

(3種の炭がクレンズ力を発揮!)
ビークレンズには、ヤシ殻活性炭や赤松炭、竹炭などの成分が配合されています。

・ヤシ殻活性炭
ヤシ殻活性炭は、普通の炭と比べ5倍から10倍の吸着効果が期待でき、身体の中に溜まった添加物や不要な物を吸着して排出します。

・赤松炭
ポリフェノールが豊富な赤松炭は、油に吸着して排出する効果が期待できます。

・竹炭
竹炭は、腸内環境を整える効果が期待できるため、ビークレンズはチャコールの効果によって、身体の内側からキレイをサポートします。

(乳酸菌が100億個!)
ビークレンズには、酵素・酵母300種類や乳酸菌・酪酸菌100億個配合されています。

これらの4大成分は、腸内環境を整える効果が期待できるため、ヤセ菌を増やし効率的なダイエットをサポートします。

デブ菌が増えると痩せにくい身体になるので、『加齢と共に太りやすくなった!』という方にも、ビークレンズはおすすめです。

・他にも魅力的な成分を配合!
ビークレンズには、ブラックジンジャーやL-カルニチン、ギムネマ、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、プラセンタ、葉酸、ビタミンE、マグネシウムなどの成分も配合されているので、色々な角度から美容や健康、ダイエットにアプローチします。

そのため、『色々試しても効果がなかった!』という方にも、ビークレンズはおすすめな商品です。

ビークレンズの飲み方は?

ビークレンズは、チャコールやコンブチャが一つになった商品ですが、どんな飲み方をするのか調査しました。

(ビークレンズの飲み方)
・水なしでも飲める!
ビークレンズは、1袋を水や牛乳、ヨーグルト、豆乳などに混ぜて飲みますが、水なしの飲み方もできます。

・飲むタイミングは?
ビークレンズは飲むタイミングに決まりはなく、自分のペースに合わせた飲み方で大丈夫です。

・アレンジした飲み方も!
ビークレンズの公式サイトを見ると、アレンジした飲み方も紹介されています。

スムージーやヨーグルトバーク、チャコールアイスなど、色々な飲み方ができる点もビークレンズの魅力です。

(置き換えダイエットにもおすすめ!)
ビークレンズには豊富な栄養素が含まれているため、置き換えとしての飲み方もおすすめです。

・置き換えの一例
例えば、朝食をビークレンズに置き換えて、昼食と夕食はいつも通りの食事にする方法は、置き換えダイエット初心者の方に向いています。

逆に、置き換えダイエット初心者の方が、いきなり夕飯をビークレンズに置き換えると失敗する可能性もありますので、無理をしない置き換え方法が大切です。

一方、ビークレンズは一時的な飲み方ではなく、継続的な飲み方がおすすめです。

ビークレンズの成分や副作用は?

チャコール商品を使用する場合、成分や副作用を気にする方も多いと思います。

そこで、ビークレンズの成分や副作用について調査しました。

(ビークレンズの成分を調査!)
・3種のチャコール成分
ビークレンズには、ヤシ殻活性炭や赤松炭、竹炭などのチャコール成分が配合されています。

チャコール成分は、身体の中に溜まった添加物や不要な物を吸着して排出する働き、腸内環境を健やかにする働きなどが期待できます。

・腸内環境にアプローチする成分
ビークレンズは、酵素・酵母300種類や乳酸菌・酪酸菌100億個など、腸内環境にアプローチする成分も配合されています。

腸内フローラを整えることでデブ菌を減らし、ヤセ菌優位な環境へと働きかけます。

・美容やスリムサポート成分
ビークレンズには、ブラックジンジャーやL-カルニチン、ギムネマ、プロテオグリカン、プラセンタ、ヒアルロン酸など、美容やスリムに働きかける成分も配合されています。

さらに、葉酸やビタミンE、マグネシウムなどの成分も配合されているため、ビークレンズは色々な角度からキレイやダイエット、健康をサポートします。

(副作用がでる可能性は?)
ビークレンズの配合成分を調査した結果、危険な成分は含まれていないため、副作用がでる可能性は極めて低い商品です。

・口コミから副作用を調査!
ビークレンズ体験者の口コミを調査した結果、副作用がでたという内容は見つかりませんでした。

・GMP認定工場で製造
ビークレンズは、GMP認定工場にて医薬品レベルの品質管理が行われているので、安心もトップクラスの商品です。