ドライバーの労務管理に使えるデジタコのメリット・デメリット

ドライバーの労務管理に用いられているデジタコ。車両の稼働状況や運行記録をするためのタコグラフですが、現在ではデジタル化されたデジタコが主流となっています。そこで、ここではデジタコの導入を考えている方のために、メリットやデメリットについてまとめてみました。

データ確認がしやすい

かつてはアナログのタコグラフ、通称アナタコと呼ばれるものが主流でした。アナログのタコグラフだと、運行している車両の速度や距離、時間などを把握することができましたが、円グラフに記録するため解析に時間がかかるデメリットがあったのも事実です。また、解析には専門的な知識も必要でした。
 
デジタコの場合は、解析システムやソフトを併用することでデータの確認が容易というメリットがあります。記録したデータを解析するために専門的な知識も必要なく、入社したばかりの事務員でも簡単にデータの解析ができるのです。誰が見てもすぐ分かるように、数字や線グラフでデータが表示されます。
 
これまで多大な時間をかけて行っていた解析も短時間でできるようになるのがメリットです。ひいては人的なコストも抑えることが可能になるでしょう。集計や解析をする側だけでなく、ドライバーもメモリーカードの挿入と取り出しだけで済むので余計な負担をかけることがありません。これもデジタコのメリットといえるでしょう。

業務の品質向上

ドライバーによっては、運転が非常に荒い方もいます。走行中の急ブレーキや、店舗の駐車場でのアイドリングなど、ドライバーによる迷惑行為は決して少なくありません。このようなドライバーがいると、雇用している会社側の信用問題にも関わり、今後のビジネスに大きな影を落としてしまう可能性もあるでしょう。
 
デジタコを導入すれば、こうしたドライバーの業務品質を改善することが可能です。なぜなら、デジタコを導入すれば車両の運行状況がすべて記録されてしまうからです。乱暴な運転をしていることもデータとして記録されてしまうため、ドライバーも安全運転を心がけるようになるでしょう。
 
運転が乱暴なドライバーだと、周りに迷惑をかけるだけでなく重大な事故を引き起こす可能性もあります。人命に関わるような事故を起こした場合、やはり会社の信頼は地に落ちてしまうでしょう。こうしたリスクを回避するためにもデジタコを導入すべきなのです。
 
デジタコの導入によってドライバーのモラルを改善でき、業務の品質を向上できるのは大きなメリットといえるでしょう。

リアルタイムなやり取りができる

デジタコは1990年代の後半にはすでに登場していましたが、当時はまだアナログ版をデジタル化しただけのものでした。しかし、デジタコはどんどん進化を続け、現在ではオンラインを介してリアルタイムでのやり取りも可能になりました。
 
インターネットを使ってオンラインで繋がり、運行管理者とドライバーがダイレクトにやり取りできるようになったのは大きなメリットです。つまり、ドライバーが乱暴で雑な運転をしていると、そうした状況を管理者がリアルタイムに把握できるのです。そのため、管理者はその都度ドライバーへ直接指示や注意を出すことが可能になります。
 
リアルタイムでのやり取りが可能になるため、重大な事故を防ぐことも可能になるでしょう。また、ドライバーも常に緊張感を持って業務にあたれるため、業務品質が向上します。その時々で的確な指示を迅速に出すことができるため、管理者にとってもドライバーにとっても優れたツールといえるのです。

費用が高い

デジタコにはたくさんのメリットがあるため、現在では多くの企業が導入しています。では、デメリットはまったくないのかというとそうでもありません。デメリットとしては、導入にあたっての初期費用が割りと高いことが挙げられます。
 
従来のアナログタコグラフに比べると、デジタコは3倍以上の価格になることが多いです。しかも、それを各トラック分導入するとなると、企業によっては相当な出費を強いられることになるでしょう。資金力が豊かな会社ならまだしも、そうでない企業だとこれは死活問題になります。
 
初期費用こそかかりますが、一度導入すればさまざまな恩恵を受けられるのも事実です。デジタコを導入していることで、優良企業だとアピールすることもできるでしょう。初期費用の高さを差し引いても、メリットのほうが大きいといえるのです。

ドライバーの労務管理に用いられているデジタコについてもっと詳しく知りたい、という方はこちらのサイトが役立ちます。デジタコの特徴やメリットなどの情報のほか、おすすめのデジタコメーカーも紹介しています。導入を検討しているのならぜひチェックしてください。

まとめ

デジタコの導入によってドライバーの運行状況をリアルタイムに把握でき、的確な指示を出せるようになります。業務品質の改善にも役立つので、デジタコの導入をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。初期費用こそかかりますが、導入後に受けられる恩恵のことを考えるとそれほど高い出費ではありません。