現況検査技術者が
活躍できる場があります

リニュアル仲介は資産価値が下がりにくい住宅購入のための総合サービスで、安心して暮らせる中古住宅の購入をオススメしております。
単に右から左へ物件を流すのではなく、建物インスペクションや性能向上リフォーム、既存住宅売買かし保険など、住宅の性能を担保するサービスを仕組みに組み込んでいます。
リニュアル仲介は不動産仲介会社のグループと建築・リフォーム会社のグループの協業事業モデルなのですが、上記のように「住宅の性能」を第一に考えているため、建築・リフォーム会社が不足しており、建物検査の担い手である現況検査技術者や優秀な建築・リフォーム会社を募集しております。
もしご関心ございましたら、お気軽に資料請求をお願いします。

資料請求はこちら

リニュアル仲介サービス

リニュアル仲介サービスは資産価値が下がりにくい住宅購入のための総合サービスです。そのための選択肢として中古住宅をリフォームして購入するお取り引きをオススメしております。
リニュアル仲介サービスにおける建築・リフォーム会社の役割は、「建築士による建物インスペクション」「性能向上リフォーム」「耐震基準適合証明書発行」「フラット適合証明業務」「既存住宅売買かし保険の付帯」「アフターサービス」など多岐に渡りますが、結果としてリニュアル仲介におけるリフォームの平均施工単価は600万円を超え、優秀な建築・リフォーム会社様がその実力を発揮できる場となっております。
リニュアル仲介には既存住宅流通で先進的な取り組みを行っている不動産仲介会社が全国約500社加盟しており、これら仲介会社から発生する案件をご対応いただける建築・リフォーム会社を募集しています。

既存住宅流通サポートサービス

宅建協会会員をサポートする目的で立ち上がったハトマーク支援機構(加盟企業約10万社)との業務提携を行い、「既存住宅流通サポートサービス」の提供を行っています。
特徴としては大手仲介会社が提供している設備修理サービス、シロアリ保証のほか、1名の建築士が1回の検査で、さまざまな検査(瑕疵保険付保可否、長期優良住宅化リフォーム推進事業関連調査、フラット35適合検査、耐震診断等)に対応できるプレ建物インスペクションを提供しています。
従来は制度によって個別に手配する必要がありましたが、1回の現場検査ですべて解決できるのが最大の特長であり、その案件対応を行っていただける事業者様を探しています。

既存住宅流通は「不動産仲介」と「リフォーム」の協業ビジネスモデルです

上記のフローはリニュアル仲介の流れです。中古住宅を安心して取引するためには、「仲介業務」と「リフォーム業務」を分離するのではなく、同時進行で進める必要があり、仲介会社とリフォーム会社との協業体制が欠かせません。
リニュアル仲介サービスでは本部が中心となって事業者間連携を構成しておりますので、不動産流通に不慣れなリフォーム会社でもすぐにお取組みいただくことができます。

資料請求はこちら

リニュアル仲介の加盟条件

  • 建設業の許可を取得している
  • 建築士事務所登録をしている
  • 瑕疵保険法人へ検査会社登録をしている
  • 既存住宅現況検査技術者が在籍している
  • 耐震基準適合証明書の発行実績がある
  • フラット適合証明技術者が在籍をしている
  • 建設工事賠償責任保険に加入している
  • 業法違反などの指導を受けていない