オゾン発生器 食品工場で大活躍!

コスパ最強。有名ホテルでも続々採用

食品工場でこんな悩みを持っている方

  • オゾン発生器の導入を検討しているけれど、どこも高い。
  • 食品工場の独特の臭いをオゾン発生器で除去したい。
  • オゾン発生器をレンタルしているが、負担が大きい。
  • 食品工場で使用しているオゾン発生器は、部品が良く壊れる。
  • オゾン発生器の機能性の豊富さはあるが、複雑で使いにくい。
  • 食品工場の臭いを徹底的に除去できる強力なオゾン発生器が欲しい。
  • オゾン発生器のメンテナンス費用ばかり掛かっている。
  • 食品工場なのに、ゴキブリや蛾、ネズミなどが駆除できていない。
  • 食品工場の独特の臭いをオゾン発生器で除去したい。

食品工場のオゾン発生器【導入効果のポイント7つ】

ここからは、食品工場に始めてオゾン発生器を導入することで得られる効果のポイントを7つに絞ってご紹介します。

害虫予防効果

食品工場は、何よりも衛生が第一です。ゴキブリがいる、コバエが飛んでいる、ネズミが潜んでいることに慣れてしまう環境は、お客様から見ると劣悪環境以外の何物でもありません。
オゾン発生器は、害虫を寄せ付けない力と、強力な脱臭効果・除菌効果を持っています。

浮遊菌の殺菌・空気感染防止効果

浮遊菌は、目視では見ることが出来ないため、殺菌出来ているのか分からないこともあります。ただ、オゾン発生器を導入することで、空気中に漂うウイルスを始めとする菌は除菌されるため、そこで働く方にとっても働きやすい、体調を崩しにくい職場環境を作ることができます。

脱臭効果

食品を扱っていると、どうしても嫌な臭いが部屋に充満します。食品工場内は、密閉された空間のため、菌もこもりやすい状況にあります。オゾン発生器を取り入れると、臭いの元を分解するため、消し去ることができます。

カビや菌の発生防止効果

カビや菌に対して、オゾンは細胞膜を破壊するため、破壊されたカビ菌は、死滅します。食品工場で、今までアルコールや洗浄といった方法しか取り入れてこなかった場合は、見逃してしまいがちな部屋全体をくまなく除菌してくれます。

食中毒のリスク軽減効果

食中毒菌の代表菌には、病原性大腸菌(O-157)、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌があります。そして、食中毒が起こる場所は、仕出し弁当、飲食店、病院、学校での食事が原因で起こるケースが多いです。特に夏場は、オゾン発生器を使うなどして、常日頃から対策が必要です。

好冷菌の殺菌効果

オゾン発生器は、生鮮食品の殺菌としても利用されています。例えば、長い航海中の生鮮食料品は、腐りやすいため、オゾンによって、その鮮度の落ちをゆるやかにすることもできます。
以上のように、オゾン発生器は、食品工場にとって必要性の高い機器といっても良いのではないでしょうか。

特に、食の安全を守る上でも、そして、働きやすい職場環境を作る意味でも大きな働きをしてくれるに違いありません。

そして、オゾン発生器を導入するなら、長年使える、コストパフォーマンスの高いものを選ぶべきでしょう。もちろん、リースもありますが、今はそれ以上にお買得なものが出ていますよ!

食品工場のオゾン発生器の選び方

食品工場は、衛生上、気になる点も多くあるのではないでしょうか。一般の業界とは異なり、人の口の中に入るものなので、特に、職場環境は非常に大事になってきます。
オゾン発生器は、数多くありますが、役割としては、大きく3つしかありません。

1.オゾンを発生させるパワー。
2.継続して使える安定性・耐久性。
3.場所を選ばず移動できる可搬性。

ここでは、オゾン発生器の選び方を厳選してご紹介します。

コストパフォーマンスが高いこと

どんなに機能が優れていても、高い濃度が出せても、価格が高ければ意味がありません。逆に、機能が豊富にあり過ぎても、使いきれないといったことが起こります。

特に、オゾン発生器は、細かい設定や操作する内容よりも、実際に運用し続ける・耐久性の方が重宝されます。ですので、オゾン発生器を選ぶ時は、本来の役割を簡単に実現できるものを選ぶべきでしょう。

耐久性が高いこと

オゾン発生器は、1度使ったら終わりではなく、何度も、どこでも使うものです。ですので、オゾンの発生によって、機器自体が消耗したり、劣化が早いものを選んでしまうと、メンテナンスや手間と時間がかかります。

ですので、特に強力なオゾン発生器を選ぶ場合は、耐久性は選定基準かは外すことはできません。その場合、どのような素材で出来ているのかを見極める必要があります。

実績が豊富なこと

オゾン発生器を買ったけれど、他の会社ではあまり導入されていない、有名なメーカーから買ったけれど、そのモデルを使っている会社が少ないといった商品は、実績が薄いため、トラブルになるとも限りません。

ですので、購入前には、過去に実績のあるメーカーのものを選びましょう。実績のあるメーカーであれば、ホームページに採用例が載っているはずです。

ここは必ずチェックしましょう。

コスパ、耐久性、実績の3拍子!

コストパフォーマンス、耐久性、過去の実績をしっかりクリアし、他のメーカーと比較して、良かったものがこのオゾンクラスター1400です。

私も複数社のメーカーのカタログやスペックを比較しましたが、正直、25万円程度で購入できるのは見たことがありません。

一番は、操作のシンプル性と、耐久性です。余り細かい小細工なしで、分かりやすくシンプルに作られています。だから、メンテナンスなしでずっと使い続けられるんだと思います。

食品工場でも多く導入されている機器なので、おすすめですよ!

食品工場に導入されている人気のオゾンクラスター1400を導入するメリットとデメリットは?

オゾンクラスターを導入するメリット

  • 20万円代という低価格で、オゾン生成量が1400mg/hrという高い濃度。
  • メンテナンスの手間と費用がなくなる。ゼロ円
  • チューブの材質にまでこだわる高い耐久性。(フッ素樹脂)
  • 使い方が簡単。説明書を読まなくても操作が直感で出来る!
  • 中国製ではなく、製造は、全て国産。高い品質を維持。
  • 酸素源を使えば、より一層高い濃度も簡単に実現!
  • 多くの食品工場でも採用されている。実績多数。
  • 簡単にオゾン水も作れるから便利!
  • レンタルするより安上がりに購入することができる。
  • 簡単に持ち運べるため、車の中の消臭、会議室など場所を選ばない。
  • ホテル業界でも採用が増えている。
  • メンテナンスの手間と費用がなくなる。ゼロ円

オゾンクラスターを導入するデメリット

  • 営業マンがいないため、知名度が低い。(人件費削減のため、低価格。)
  • オゾン生成量を1400mg/hrを超える必要性のありそうな大規模な食品工場の場合は、1つでは足りない可能性あり。
  • オゾン生成量を1400mg/hrを超える必要性のありそうな大規模な食品工場の場合は、1つでは足りない可能性あり。

オゾンクラスターは、なぜ安いのか?

オゾンクラスターの値段は、25万円程度と、オゾン生成量が1400mg/hrあるにも関わらず、低価格なオゾン発生器です。

実は、ここまで価格を落とせる理由は、代理店に卸していないこと、営業マンがいないこと(技術サポートはいます。)が挙げられます。

つまり、ネット直販に限定した特殊な販売方法をしているため、業界トップクラスの低価格を実現しているのです。

だから、大手ホテル、食品工場、飲食店、研究機関、大手不動産などでは、積極採用しているんです。

このオゾンクラスターは、知っている人しか買えないお得な商品とも言えます。