愛知県で親の近くに暮らすために、あなただけの最適最善な家創りをご提案

「これから二世帯住宅を建てようとしている」あなたへ
1階が親、2階が自分たち。
そんなスタイルだけが、二世帯住宅だと思ってませんか?

10年以上、二世帯住宅で暮らしている建築家だからこそ提案できる、世帯間のつながりを感じながらも、しっかりとプライバシーを守ることで、気兼ねなく生活できる。
本当に暮らしやすい『二世帯住宅のつくり方』

「暮らしやすい」
二世帯住宅のつくり方

 
これから、二世帯住宅を建てようしているあなたへ、
世帯間のつながりを感じながらも、しっかりとプライバシーを守ることで、気兼ねなく生活できる。
本当に暮らしやすい
『二世帯住宅のつくり方』をお伝えします。

・実家の隣に家を建てる。
・実家を建替えて親と暮らす。

親の近くに住むのはいいけれど、
自分たちのプライバシーをしっかり守りたい

そんな家を実現するために、

■どんなカタチが自分たちに合ってる?
■どんな風に今後進めていったらいい?

そんな不安のある方は、まず一度ご相談ください。


二世帯住宅に精通した建築家が、
親世帯・子世帯の両方にとって、
ストレスなく、暮らしやすい住まい方を
一緒に考えていきます。

二世帯建築家
ナイトウタカシ
って、どんな人?

全国建築家人気ランキングベスト100に選出。
ここ数年は年間通してTOP3にランクイン

住宅専門の建築家として、独立して15年。
年20棟以上に家つくりに関わる。

これ!といった固定したスタイルはなく、
要望に合わせて様々なデザインができる。

しっかりと腰を据えた対話を重視。
お客様と信頼関係を大切する姿勢が評判。

☑ 完全フルオーダー。あなただけの家ができる

☑建築家作品でなく、あなたらしい家になる

☑見、使い勝手や快適さも大満足な家ができる

☑変化する要望に寄り添った納得の家ができる

☑予算内で、最大限の家創りが実現できる

「二世帯住宅を建てて満足する家族と後悔する家族の違いとは?」

はじめまして。
二世帯住宅に精通している住宅専門の建築家、
ナイトウタカシです。

「親世帯と子世帯が近くで暮らすために、
 二世帯住宅を建てる。」

子供の成長や親のことを含め、家族の将来を考えると、とても素晴らしいことなのですが、ちょっとした行き違いで、近くに暮らすカタチを後悔するようなケースも多いの事実です。


私が関わらせていただいたお客様ではありませんが、こんなお話しを伺ったことがあります。


ご実家を建て替えて、親と一緒に暮らすため、
家つくりをスタート。

各世帯のプライバシーをしっかり確保するため、完全分離型の二世帯住宅を夢見て、家創りをスタート。1階が親世帯、2階が子世帯の一般的な二世帯住宅です。

完全分離の二世帯住宅なので、
世帯ごとに別々で、打ち合わせをしていきました。


一通り設計がまとまったので、
工事費を出してみたら。。。。



想像以上の予算オーバー!!


それもそのはず。
キッチンや浴室、洗面や玄関ドアまで、
すべてが2セット必要なので、高くなります。

そこで、慌てて仕様の見直しをしていくことに。。。

ただし。。
設備の仕様を落としたくらいでは、
なかなか予算に近づきません。

では、どうすれば、予算内に収められると思いますか?

このご家族もそうなのですが、一般的には、
こんな解決をしようとしてしまいます。


「2セットになっている設備をできるだけ減らそう」

もったいないから、
浴室を共有する、洗濯機を共有する。。。

もちろんですが。
どんどんと予算に近づいていきます。


さらには。

LDKも共有すれば、その分広く使えるのでは?
寝室等のプライベートな場所以外を
可能な限り共有していくことになります。

無事予算に納まって、ひと安心。

「お互いを思いやりながら、仲良く暮らすには、
完全分離より、ある一定共有している方がよいのかも」

なんて、自分に言い聞かせます。

この家で、二世帯が暮らし始めると
どうなると思いますか?

想像つきますよね。


日常の生活時間やライフスタイルが異なる両世帯が、共有部分を「うまく」使いこなしてくためには、想像以上に気を使わなければいけません。


家族みなで、ゆっくりと暮らしていきたい
と思ってつくったマイホームなのに。。

気を使いながらの毎日で、
ゆっくりと自分たちの日常を過ごしていけません。



何がよくなかったんでしょうか?

予算でしょうか?

共有したことでしょうか?


ちなみにですが。

私が関わらせていただいた二世帯が近くに暮らす家では、こんな風に後悔されているご家族はいらっしゃいません。


みなさん。
気兼ねなく、ほどよい距離感で
快適に暮らしてらっしゃいます。

この違いってなんだと思いますか


実は、二世帯が程よい距離感で、
快適に暮らすために一番大事なことは。。。。


世帯間でしっかりと話をしながら、
そのご家族に最適なスタイルを
「発見」していくことなんです。


しっかり話ができなければ、
何が最適なのかを発見できません。

このプロセスを「なんとなく」流して、
先送りすることが、よくない結果を生み出します。


当たり前だと思いましたか?


でも。


しっかりと向き合って、話をすることって、
実はとても難しくないですか?


親世帯のことも気を使いながら、
自分たちのことも考える。


ただでさえ、自分たちの家のことを考えるだけで大変なのに、両方を調整していかなくてはいけないとなると、想像している以上に大変なことなんです。

両世帯の間に立って、両者の気持ちを通訳して伝え、調整していける人がいたらどうでしょう。

そういった人がいれば、自分たちのことを中心に考えて、家つくりをしていけますよね。


では。どんな人が最適なんでしょう。

住宅専門の設計士であればよいのでしょうか?



それだけではいけません。


子世帯の気持ち、親世帯の気持ちに共感して、
しっかりと調整できることが大事なんです。




私は、自分自身が、10年以上一世帯住宅に、
二世帯で暮らしている経験から、
両者の気持ちに理解して、寄り添うことができます


さらに、子世帯の年代だけでなく、
親世帯の家創りの経験も豊富なので、
親世代の方とも、しっかり向き合って
話をしていくことができるんです。



両世帯の想いや距離感、生活スタイルについて、
皆でしっかり共有することが、
住んでからも満足感を得られる二世帯住宅づくりの、
とっても大事なポイントになっているんです。

もう一つ大事なポイント
があります。

1階が親世帯、2階が子世帯というカタチだけが、
二世帯住宅ではありません。


両世帯のご要望、敷地の状況や生活スタイルで、
いろんなスタイルが考えられます。


  □同一棟なのか。別棟なのか。
  □完全分離なのか。一部共有なのか。
  □どこまでを共有していけそうなのか。
  □どれくらいの距離感がいいのか。


単純化すれば、この程度のことなのですが、
例えば、距離感の取り方一つでも、
いろんなアイデアがあるんです。


それは、こだわりの注文住宅を専門にしている建築家
だからこそ着想できるアイデアばかりです。



しっかりと聞き取った距離感を、
カタチとして実現することによって、
両世帯が気兼ねなく、毎日を暮らしていける
ようにすることができます。




二世帯住宅だからって、我慢は必要ありません。


ストレスフリーで、快適に暮らしていける二世帯が
近くで暮らせる家。


そんな家創りはいかがでしょうか?

【初回相談】無料

料金:相談については、費用をいただいておりません。

どこから費用が発生するのかは、事前にしっかりとお伝えしますので、ご安心ください。

所要時間:およそ 2時間

場所:ご要望があれば、
どちらでも伺わせていただきます。

 ※小さなお子様がいらっしゃる場合は、
ご自宅が最善と思います。
 ※ご足労いただく必要はありません。
ご自宅でもご自宅付近の喫茶店でも結構です。

問い合わせ

よくある質問と回答

Q
費用はどこからかかりますか?
相談は本当に無料ですか?
A
相談費用は、無料です。
費用が発生するのは、実際に家創りをスタートするために、設計契約をさせていただいてからとなります。費用が発生する前に、必ずお伝えしますので、ご安心ください。
Q
親と会って話をしてくれますか?
A

もちろんです。
しっかりとお話させていただきます。ただし、その前に、子世帯としてどういった方針が最適なのかを、しっかりと話させていただいてからとなります。

Q
二世帯住宅の場合、二世帯一緒に打ち合わせしますか?
A

二世帯で一緒にさせていただくこともありますし、別で打ち合わせを設けることもあります。

全体計画についてや予算とのバランス等、全体に関係する内容の場合は、一緒に、それ以外の場合は別で打ち合わせした方が、それこそ、気を遣わずに話ができるので、そうさせてもらっています。

Q
親と子世帯で、同じようなデザインにしないといけませんか?
A

親世帯と子世帯では、趣向も異なりますので、同じデザインにすることは、自然ではありません。

弊社は、特定のデザインに固定していないため、和風や洋風、モダンから洋館まで、多彩なデザインができますので、まったく違ったデザインでも結構ですし、トータルでコーディネートも可能です。

Q
完全分離にすると、割高になりますか?
A

キッチンやユニットバス、トイレや洗面が、すべて2セット必要になるという意味で、1世帯に比べると割高になります。だからといって、2倍になるということでもありません。

トータルのご予算から、割り出した金額の範囲で納まる仕様、規模にしていただければ、高い、安いという考え方ではなくなります。ご予算とのバランスを見ながらご提案してまいります。

Q
ハウスメーカーとか他の建築家との違いってなんですか?
A

一番の違いは、自身が二世帯で生活している経験があることです。
どんなことに困るのかを、ある程度想定できます。理屈では理解できないことでも、理解、共感できると思います。

合わせて、親の近くに暮らす家に関わった経験や、数多くの家創りに関わったノウハウによって、適正な価格で、最善のご提案ができるところが大きな違いといえます。

Q
費用はどこからかかりますか?
相談は本当に無料ですか?
A
相談費用は、無料です。
費用が発生するのは、実際に家創りをスタートするために、設計契約をさせていただいてからとなります。費用が発生する前に、必ずお伝えしますので、ご安心ください。

・実家の隣に家を建てる。
・実家を建替えて親と暮らす。

親の近くに住むのはいいけれど、自分たちのプライバシーをしっかり守りたい。

そんな家を実現するために、
どんなカタチが自分たちに合ってる?
どんな風に今後進めていったらいい?

そんな不安のある方は、まず一度ご相談ください。


二世帯住宅に精通した建築家が、
親世帯・子世帯の両方にとって、
ストレスなく、暮らしやすい住まい方を
一緒に考えていきます。

お問い合わせ

お気軽に、お問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

親の近くに暮らす家
専門家

ナイトウタカシ建築設計事務所

住所;愛知県日進市米野木町宮前1-38
連絡先:090-7673-9861
mail : ngt002new@gmail.com
HP:   http://www.ntas.info/

詳しく見る