オキシポロンの安いお店をリサーチしました

経口薬の筋肉増強剤としては最高クラスの効果があるとされる「オキシポロン」ですが、入手経路は限られ、一部の個人輸入業者が販売するのみとなっています。
定価がない商品なので、お店によって価格はかなり異なります。
そこで、いくつかのお店の価格を調査してみました。

●オキシポロン(50mg、60錠)の価格
A社:7,900円
B社:7,000円
C社:5,480円
D社:4,980円
E社:4,500円
オオサカ堂:4,318円

※価格は為替相場の変動により日々変わります。最新の価格は公式サイトでご確認下さい。

調査した範囲では、オオサカ堂が最安値でした。
オオサカ堂HPにはオキシポロンを実際に購入して使用した体験談や口コミも多数掲載されているので、購入を検討する方には参考になると思います。

→オキシポロンの詳細・購入・体験談はこちらから

オキシポロンの体験談

オキシポロンンは比較的使用者の多い筋肉増強剤なので、ネットで口コミも見つかります。
典型的なコメントをまとめてみました。

●1ヶ月服用するだけで、筋肉が本当につきます。

●トレーニングしなくてもある程度筋肉がつきます。

●飲み始めてすぐ、周囲から筋肉がでかくなったと言われました。

●50代からでも筋肉がつきました。

●ムキムキになりすぎて以前の服が入らなくなった。

●効果抜群ですが、ケア剤も必須です。

●吹き出物、肌荒れがひどいです。

●数日で睾丸の萎縮を感じた。

<総評>
筋肉増強効果については多くの使用者が感じています。しかし、副作用については個人差が大きいようです。
ほとんど感じないという人から睾丸が萎縮するなどの重度な人まで様々です。

オキシポロンを使用するときには副作用対策としてケア剤も一緒に使用したほうが安全です。
代表的なのは以下の通りです。
★クロミッド…睾丸の回復
★ノルバデクス…女性化の防止
★プロペシア…ハゲ、吹き出物防止
★シリマリン…肝臓の保護

※ケア剤もオオサカ堂で購入できます。

また、オキシポロンのような効果の強い筋肉増強剤はボディービルダーのような玄人もよく使用しています。
彼らは注射タイプの筋肉増強剤と組み合わせたり、使用期間にオンとオフを組み合わせたりと、かなり考えて使います。
もしジムなどでボディービルダーのように異様に筋肉が発達している人がいたら、その人は「やってる」かもしれません。仲良くなれば色々教えてもらえるでしょう。

→オキシポロンの詳細・購入・体験談はこちらから

筋肉増強剤の使い方・ケア剤について

本サイトでは基本的にオキシポロンのようなガチの筋肉増強剤はおすすめせず、体に優しいメガマックスマッスルのようなサプリをおすすめしています。
しかし、どうしてもオキシポロンを使用したいという人のために、簡単に使い方を説明します。

●連続使用は禁物
まず、連続使用は控えて下さい。
連続使用は6~8週間にしておきましょう。
その後は体のダメージを回復させるため、6~8週間の休薬期間をもうけます。
体が回復したと思ったら、また6~8週間使用します。
この繰り返しを「サイクル」といいます。
オキシポロン以外の筋肉増強剤も、基本的にサイクルを組んで使用することは常識です。

●始めと終わりは少なく
使用中は毎日一定量を飲み続けるのではなく、始めと終わりは少なく、中盤は多くします。
例えば以下の通りです。
1週間目:50mg/日
2週間目:100mg/日
3週間目:150mg/日
4週間目:100mg/日
5週間目:100mg/日
6週間目:50mg/日

体内のホルモン量が急に増えたり減ったりすることは体の負担が大きく良くありません。特に急に減るとダメージが大きくなります。
オキシポロンを使用すると睾丸の機能が下がって男性ホルモンの分泌量が減ります。
これは、体外から摂取したホルモンの影響で、血中のホルモン量が正常値を超えるため、その分睾丸で作られるホルモン量が減るためです。
いきなりオキシポロンの摂取をやめると、血中のホルモン量が急減しますが、機能の落ちた睾丸では正常値のホルモンを作り出せないからです。
そうなると、体に不調を来します。

●副作用を抑える薬(ケア剤)を併用する
筋肉増強剤も種類によって副作用は異なりますが、オキシメトロンの場合、睾丸機能の低下、乳房の女性化、肝機能の低下が特に問題となります。
使用をやめれば回復しますが、その時間を早めるための薬があります。

睾丸機能の回復にはクロミッドという薬があります。
これは女性が使えば排卵促進剤となりますが、男性が使えば性腺刺激ホルモンが睾丸を刺激することにより男性ホルモンの分泌を活発にします。
50mg~100mg/dayを1~2週間飲み続けます。

→クロミッドの詳細・購入はこちらから

女性化対策にはノルバデクスという薬があります。
女性化に関しては、個人差が大きく、感じない人もいますが、もし乳首が痛くなったらオキシポロンの使用を中止してノルバデクスを飲みましょう。

→ノルバデクスの詳細・購入はこちらから

肝機能に関しては、市販のウコンなどのサプリで回復させましょう。それほど高くはないはずです。

有名な経口筋肉増強剤

参考までに有名な経口筋肉増強剤を効果と副作用の強さで分類しました。

注)補足ですが、筋肉増強剤の効果と副作用は個人差があります。
お酒でも、少しで酔っ払う人もいれば、いくら飲んでも酔わない人もいます。
また、頭痛がしたり二日酔いになる人もいれば、まったく症状が出ない人もいます。
筋肉増強剤も同じです。
効果も副作用も最強と言われるオキシポロンでさえ、副作用を感じなかったという体験談もあります。
自分に対してどうなのか?は実際に使用するまでわかりません。

●効果(副作用)が強い
★オキシポロン
古典的な筋肉増強剤だが、今なお最強と言われている。
とにかく今すぐ筋肉をつけたい、という人にはお勧めであるが、初心者ならアンドリオールのような弱い筋肉増強剤や、メガマックスマッスルのような非ステロイド系の筋肉増強剤から始めた方が無難である。

→オキシポロンの詳細・購入・体験談はこちらから

●効果(副作用)が中程度
★ウィンゾロン(スタノゾロール)
ベン・ジョンソンが使っていた筋肉増強剤。今も人気がある。
体脂肪を落とす効果があり、減量にも使われる。

→ウィンゾロンの詳細・体験談

★プリモノロン(プリモボラン)
比較的体にやさしいとされる。女性が使える数少ない筋肉増強剤の一つ。
値段が高いのが難点。

→プリモノロンの詳細・体験談

●効果(副作用)が弱い
★アナドリン(オキサンドロロン)
他の筋肉増強剤と違い、体内に水分がたまらない。そのため筋肉だけ増量できる。
副作用の報告は少ない。

→アナドリン(オキサンドロロン)の詳細・体験談

★アンドリオール
比較的新しい筋肉増強剤で副作用は小さい。しかし、他と比べて効果は小さいとされる。
男性機能回復剤としても使用されることもある。
なお、アンドリオールには価格の安いジェネリックが販売されており、コスパは良い。

→[アンドリオールジェネリック]セルノスの詳細・体験談

●効果は個人差が大きいが副作用がほぼない
★ファーミアマッスル
非ステロイド系の筋肉増強剤。原料が天然素材なので副作用はほぼないと言っていいだろう。
効果に関しては効くという人と変化がないという人に分かれる。

→ファーミア・マッスルの詳細・購入・体験談はこちらから

★メガマックスマッスル
ファーミアマッスルの成分強化版。価格もファーミアマッスルより安いので現在ではファーミアマッスルが非ステロイド系の筋肉増強剤の主流となりつつある。

→メガマックスマッスルの詳細はこちら