◇◇尾張旭市民囲碁の会ホームページ(令和元年11月1日版)◇◇
 <1> 概要
 <2> トピックス
  ■(トピックス1)第43期 棋聖戦 の解説と指導碁の会■
  ■(トピックス2)令和元年市民囲碁の会 親睦碁会リーグ戦■
  ■(トピックス3)市民囲碁の会文化協会設立40周年記念団体表彰■
  ■(トピックス4)令和元年第26回市民親睦碁会■
 <3> 活動行事日程
 <4> 運営体制
 <5> 会則
 <6> アクセス
 <7> お問合せ

◇ 概要 ◇
 尾張旭市民囲碁の会(以下、「本会」)は、囲碁の普及に努め
 会員相互の親睦と棋力の向上を図ることを目指しています。
 具体的には、次のような事業を展開しています。

 1)市民親睦碁会(定例会)の開催(毎週日曜日)
 2)指導碁の開催(毎月1回)
 3)市民囲碁大会、会員大会の開催(毎年各1回)
 4)市民忘年囲碁大会の開催(毎年1回)
 5)児童館の子供囲碁教室への講師派遣(4月~翌年3月)
           ?? お問合せ ??
 本会についてのお問い合わせは、このホームページの最終頁の
 「尾張旭市民囲碁の会_お問合せ」フォームにお問合せ内容など
 をご記入頂き、「確認」ボタンをクリックし、その後「送信」
 ボタンをクリックしてご送付願います。後刻、係りの者より
 メール又はTELにてご連絡させていただきます。

■ご挨拶 尾張旭市民囲碁の会 会長(大嶋 幹男)■

尾張旭市民囲碁の会の現代表の大嶋です。
初代会長は川島光晴先生、二代目は荻原善夫氏、三代目は加藤芳徳氏です。
平成13年に発会し、18年目になります。<br>
この会は現在、尾張旭市と近隣市にお住いの140名(小中学生・女性20名)
の会員が、お互いの親睦を深めながら棋力の向上を目指しています。
囲碁は、大局観・記憶力・集中力・忍耐力・気持ちの切り替えの養成など、
その効用が言われており、小学校から大学までの課程の中でも取り上げら
れるようになってきています。また、頭と指先を使うことで認知症予防に役立
つともいわれています。
本会が行っている事業は、このホームページをご覧いただき、本会への入会、
大会への参加お待ちしています。

トピックス1◇第43期 棋聖戦の解説と指導碁の会

■ 第43期 棋聖戦の解説と指導碁の会 ■
 令和元年5月19日、尾張旭市中央公民館で日本棋院中部総本部大澤健朗三段と山城浩揮インストラクターに
よる「 第43期 棋聖戦の解説と指導碁」が開催されました。

 解説会の前に、大澤三段と山城インストラクター2氏による指導碁(各10面打ち)が行われ、参加者20名
は8勝12敗と大健闘でした。

 休憩の後の棋聖戦解説会では、 第43期棋聖戦Bリーグの山城宏九段対羽根直樹九段の対局が取り上げられ、
院生時代から親しい間柄という二人の軽妙なやりとりの中で、普段では聞くことのできない囲碁界の話題を交え
ながら、リラックスした雰囲気で300手近い手数の解説が進められました。
途中、次の一手の問題が出されたり、質問を受けたりしながら参加した40名の皆さんは熱心に耳を傾けていま
した。

 因みに、棋聖戦は日本棋院七大タイトルの中で賞金額の最も高いタイトル戦です。C、B、A、S各リーグの
最優秀者が挑戦者決定トーナメントを経て挑戦者を決定します。そして、毎年1月から、挑戦手合い7番勝負が
行われます。挑戦手合いは、名人戦、本因坊戦と同様に、2日制で行われます。
現在棋聖のタイトルは井山裕太4冠が7期保持しています。
2018年6月21日 第43期棋聖戦Bリーグ山城宏九段対羽根直樹九段の対局棋譜
本棋譜は、5月19日の解説会で配布されたもの(写し)です。

トピックス2◇令和元年市民囲碁の会 親睦碁会リーグ戦

本年5月5日から7月28日まで、中央公民館にて「令和元年度尾張旭市民囲碁の会 親睦碁会リーグ戦」を開催しました。
毎回、およそ30名の参加者(小学生・中学生・高校生を含む)が、各自のレーティングを基準に「点差別手合割表」(持ち点方式)に従って、対局しました。
勝率の上位者は、表彰(副賞付)されるということもあって、皆さん張り切って対局していました。

7月14日 リーグ戦対局風景1

7月14日 リーグ戦対局風景2

■ 令和元年度尾張旭市民囲碁の会 親睦碁会リーグ戦結果 ■

8月4日のリーグ戦表彰式風景(表彰者は、大嶋会長)
1) 最高勝率賞
2) 勝率第2位
2) 勝率第2位
5) ブービー賞
6) 敢闘賞
6) 敢闘賞
7) 敢闘賞

トピックス3◇市民囲碁の会 文化協会設立40周年記念団体表彰

尾張旭市文化協会設立40周年記念団体表彰を受ける
       ■尾張旭市民囲碁の会団体表彰■


令和元年9月29日、尾張旭市文化協会長 西村重夫様より、
「永年にわたり市民文化の普及と振興に寄与された功績」を
認められて、「市民囲碁の会」として団体表彰を受けました。

「市民囲碁の会」は、昭和56年「第1回市民(親睦)囲碁
大会」を宮浦会館で開催。
平成6年には、「第1回市民親睦碁会会員大会」を中央公民
館で開催。本年(令和元年9月)、「第26回市民親睦碁会
会員大会」を開催しています。

本会は、文化協会の長期講座の1講座として「市民親睦碁会」
を開催。 毎日曜日、中央公民館にて、約40名の参加者が、
棋力の向上を目指しながら、対局を楽しんでいます。

トピックス4◇令和元年第26回市民親睦碁会 会員大会

    第26回市民親睦碁会会員大会 成績表

本年9月22日、中央公民館にて「第26回市民親睦碁会会員大会」を開催しました。
参加者総数78名を段級位に応じて、5組に編成。各組毎に、スイス方式4回戦の熱戦が繰り広げられ、
各組毎の入賞者(優勝、準優勝、第3位)の表彰が行なわれ、参加者全員に参加賞が渡されました。

9月22日 親睦碁会会員大会全景

9月22日市民親睦碁会 受付風景

9月22日 対局風景1,2,3,

9月22日 市民親睦碁会会員大会表彰式 各組優勝者
(左から A組 高橋さん、B組 中島さん、C組 齋藤さん、D組 小野さん、E組 北川さん)

◇尾張旭市市民囲碁の会 活動行事日程◇

行事の概要;
①市民親睦碁会(定例会/リーグ戦)(毎週日曜日開催)
尾張旭市文化協会&nbsp;長期講座として開催
日時:毎週日曜日 午後1時~6時
場所:尾張旭市中央公民館
会費 100円/人・回
市民親睦碁会リーグ戦
 5月~7月の3ヶ月間 会員同士10局以上の対局で勝率上位者の者には賞品があります。
 どなたでも参加できます。

②市民親睦碁会での指導碁(毎月1回)
    指導碁対局希望会員
    指導者 山城浩揮インストラクター
    日時:毎月第2日曜日 3~5面多面打ち 午後1時半~4時
    指導料 1,000円/人

③市民親睦碁会会員大会/市民囲碁大会(毎年各1回開催)
    会員による大会、参加希望者によるオープン大会
    例年9月/3月開催
    場所:尾張旭市中央公民館
    競技方法:棋力(クラス)別トーナメント(+敗者によるトーナメント)
         または スイス方式
    参加費:2000円程度/人
    賞品:入賞者(盾) 参加賞

④市民忘年囲碁大会の開催(毎年1回)
    会員及び参加希望者によるオープン大会
    例年12月開催・・・本年をもって終了予定
    場所:尾張旭市保養施設 長野県昼神温泉 ”尾張あさひ苑”
    競技方法:棋力(クラス)別トーナメント
         又は スイス方式
    参加費:9,500円程度/人
    賞品:入賞者 参加賞

⑤児童館の子ども囲碁教室への講師派遣(4月~翌年3月の隔週)
    尾張旭市内の児童館に、ボランティア囲碁講師を派遣。
    主に小・中学生への囲碁普及を目的に、児童館で囲碁教室、囲碁クラブ
    の指導を実施。
    中部児童館、旭丘児童館、白鳳児童館、本地ヶ原児童館で実施。

■ 尾張旭市民囲碁の会 2019年度 役員体制表

◇ 尾張旭市民囲碁の会・規約 ◇

第1条 この会は、尾張旭市民囲碁の会(以下、「本会」という。)と称する。
第2状 本会は、囲碁の普及に努め会員相互の親睦と棋力の向上を図ることを目的とする。
第3条 本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。<br>
 (1) 囲碁大会及び定例碁会の実施
 (2) 囲碁講座等の実施及び協力
 (3) 関係組織団体等への協力
 (4) その他、目的達成のため必要な事業
第4条 会員は、本会の目的に賛同し、本会の事業に参加する者とする。
第5条 本会の会費は、年1,000円とする。
第6条 本会に次の役員を置く。
   (1)  会長         1名
   (2) 副会長        若干名
   (3) 事務局長     1名
   (4) 副事務局長  若干名
   (5) 運営委員     相当数
   (6) 監事           2名
2 役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。
第7条 運営委員会は、前条の役員をもって構成する。<br>
2 運営委員会は、次の事項の議決を行うため、会長が招集する。
 (1) 事業計画及び予算
 (2) 事業報告及び決算
 (3) その他必要な事項
3 運営委員会の定足数は2分の1以上とし、議決は出席役員の過半数の賛成による。
第8条 常任委員会は、第6条第1号から第4号までの役員をもって構成する。
2 常任委員会には、必要に応じて、関係する運営委員の出席を求めることができる。
3 常任委員会は、本会会務の企画及び運営を行う。
第9条 本会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。
第10条 この規約の改正は、運営委員会の議決を必要とする。
第11条 この規約に定めるもののほか必要な事項は、運営委員会の承認を得て定める。
◆ 尾張旭市民囲碁の会 昇段・昇級に関する申し合わせ ◆

1  会員の昇段昇級は、会員本人の申告によるものとする。
2  1によるほか、有段者は市民囲碁大会・市民親睦碁会会員大会において、
   通算2回の優勝で1ランク昇段するものとする。
   ただし、平成28年3月からは、優勝、準優勝各1回で昇段できるものとする。
3  会員の降段降級は、特別の場合を除き認めないものとする。

   この申し合わせに関し、必要があると認めるときは、役員の協議により決定するものとする。
   (平成28年5月15日、尾張旭市民囲碁の会平成28年第1回運営委員会で確認)

尾張旭市中央公民館の地図、アクセス

■ 尾張旭市中央公民館の地図 ◇

      ■アクセス(住所 TEL URL)
        〒488-0803 愛知県尾張旭市東大道町山の内2410-2
        TEL 0561-54-5300
        URL city.owariasahi.lg.jp

      ■ 開館時間 
       ◇午前9時~午後10時

尾張旭市民囲碁の会 お問合せ

目次の「お問合せ」ボタンをクリックして頂くと、
「お問合せフォーム」が表示されます。      
必要項目を入力いただき           
送信ボタンを押して(クリックして)ください。
 後刻、担当者より折り返しご連絡させて頂きます。