海外挙式ランキングTOP10!

海外で挙式を挙げたいし、新婚旅行も海外がいい!
近年では、新婚旅行だけでなく
海外での挙式を考えているカップルが
多くなってきていますよね。

それに伴い、挙式を挙げる渡航先には
一週間ほど滞在できる宿泊プランがとても人気です。

しかし、海外での挙式費用+旅行費って
かなりの費用がかかってしまいそう…
海外挙式の夢を諦めかけていませんか?

今回は、海外挙式の渡航先を検討中のあなたの為に
海外挙式ランキングTOP10を大公開します!
国ごとの費用相場や特徴などの情報をお届けします♡

海外挙式ランキングTOP10!費用&特徴を紹介

海外で挙式を考えているなら気になる費用はもちろん
その国が選ばれている理由や特徴が知りたいですよね。

ちなみに海外挙式の総額平均は111.9万円
<参考:ゼクシィ海外ウエディング調査2018>
※挙式にかかった費用には、会場使用料、衣裳、小物、ヘアメイク・エステ
ブーケ、写真・ビデオ、関係者への謝礼等、が含まれます

あくまで平均の金額なのですが、
検討する際に目安として考えてみてもいいかもしれませんね。
またこの総額平均には旅費が含まれていないので
おふたりの渡航時期や滞在日数にあわせて費用を算出してみてくださいね♪

それでは早速人気の国をランキング順に見てみましょう!

第1位 ハワイ

堂々の第1位はハワイ!実は海外挙式を実施したカップルのおよそ7割がハワイでの挙式を選んでいるんですよ!海のリゾート地として人気が高く、その借景を活かしてチャペル内から海が見える挙式会場は多くのカップルに選ばれています。

年末年始などの長期休暇で旅行先として沢山の人に選ばれていることから、一度は行ってみたい憧れの土地なのではないでしょうか?

費用の相場
費用の総額平均は約112.1万円です!先程ご紹介した海外挙式の総額平均とほぼ同じくらいですね。金額としてはより抑えたシンプルなプラン、オプションを充実させたゴージャスなプランなど希望にあわせて選ぶことができそうです。

国の特徴
ハワイは年間平均気温が25℃。1年中過ごしやすい気温の中最高のロケーションを楽しむことができますよね♪また、旅行先としての人気が高いことからホテルやレストランで日本語が通じやすいことも大きな特徴の一つと言えそうです。海外ははじめてという方も比較的安心して滞在できそうですね。

ハワイは観光スポットも多く、挙式後に新婚旅行として滞在しても色んな楽しみ方ができることも魅力です。

第2位 グアム

つづいて第2位はグアム!ハワイに次いで約2割のカップルに選ばれている人気の渡航先です。日本から近く、あまり長期間の休暇がとれない人や挙式に多くのゲストを招待したい人に人気です!ハワイと同じく海の美しさを感じながら素敵な挙式を叶えられそうですよね。


費用の相場
費用の総額平均は約126万円です!ハワイの総額平均より少し高め、といったところですね。ですがグアムは日本から近いこともあって旅費が抑えられることが大きな魅力です♪ゲストの旅費をできるだけ負担したいと考えている場合、旅費がリーズナブルなことは大きな魅力になりそうです。

国の特徴
日本から飛行機で約3時間半。各地から直行便が出ていて時差も1時間程度なため、体への負担はかなり少なそうですね♪年間平均気温は30℃前後。ベストシーズンの乾季にあたる12月から5月が快適に過ごしやすくおすすめです。

第3位 イタリア

第3位はイタリアです!世界遺産が多く、荘厳な教会や建築物の数々から本格的な教会で挙式を挙げたいと考えるカップルに人気の渡航先です!イタリアといっても各地で雰囲気がかなり異なるため、一つの国で様々な景色が楽しめるのは大きな魅力の一つです♡

費用の相場
費用の平均総額は約106.6万円です!
ヨーロッパのウエディングは高いというイメージがあるかもしれませんが、ここでご紹介しているのはあくまで挙式にかかる平均総額です。渡航にかかる交通費や滞在費はまた別途必要なので気をつけてくださいね!

国の特徴
何といっても世界遺産が数多く、ローマ、フィレンチェ、ヴェネツィアなど各地で様々な名所を堪能できます♪
また食事が美味しい国のランキングとして常にTOP3に入っているのはご存知でしょうか?日本でお馴染みの料理が発祥の地であることも多いので現地での食事にこだわりたい人にはおすすめです♡
ちなみにこの記事を書いている私は新婚旅行にイタリアに滞在しましたが、ホテル以外では英語がほとんど通じなかったため、ツアーを利用しない場合は「旅の指さし会話帳」などイタリア語のやりとりができる本を持参していくことをおすすめします!

第4位 オーストラリア

第4位はオーストラリアです!豊かな大自然と都会的な雰囲気を両方味わえることで人気の渡航先ですね。挙式会場の雰囲気も様々で、本格的な教会から海辺の教会など、好みにあわせて選ぶことができそうです♡

費用の相場
費用の総額平均は約140万円です!こちらも平均なので金額の幅がありますが、100万円以内のプランもあるので低予算で実現することも可能ですよ♪

国の特徴
オーストラリアといえばエアーズロックやグレート・バリア・リーフなど大自然の観光名所が人気ですよね!
こちらの観光名所を楽しむなら乾季である4~11月での滞在がおすすめ。特に6月は最高気温が26℃程度と過ごしやすいため、人気のシーズンとして多くの人に選ばれています♪

第5位 バリ島

第5位はバリ島です!
アジアのリゾート地としてバリ島は人気の渡航先ですよね♪美しい海と緑豊かな大自然。異国情緒漂う寺院などの建築物など。挙式の雰囲気も海辺のリゾートウエディングだけでなく様々なエッセンスを取り入れることができそうですね♡

費用の相場
費用の総額平均は約99.5万円です!
ここにきて100万円を下回る金額はかなりリーズナブルに感じますよね!バリ島までは経由便と直行便がありますが、やはり直行便の方がリーズナブルです。直行便は成田空港と関西国際空港から毎日出ているので、気になる方は渡航費を調べてみてくださいね!

国の特徴
リゾート地というイメージが強いと思いますが、異国情緒漂う寺院や可愛い雑貨などを楽しむショッピングなどマリンアクティビティ以外にも滞在期間を満喫できる魅力は豊富です!またアジアとなると食事が気になるところですが、意外とクセもなく美味しく食べられた!という声が多いのはご存知でしょうか?リーズナブルに様々な雰囲気を楽しみたいならおすすめの渡航先かもしれませんね!

第6位 タヒチ

第6位はタヒチです!海上に佇む宿泊施設やマリンアクティビティで人気の渡航先ですよね♪青く透き通った海と白い砂浜を眺めながら思い出に残る挙式をしたい!と考えるカップルも多いのではないでしょうか?

費用の相場
費用の総額平均は約80万円です!ただしタヒチは高級リゾート地ということもあり物価が高いため、挙式費用以外で費用がかさむことが予想されます。現地での滞在費や、渡航費もあわせて考えてみてくださいね!

国の特徴
タヒチは正式名称を「フランス領ポリネシア」といい、実は国名で言えばフランスになるのはご存知ですか?言語もフランス語とタヒチ語でホテルなどで振舞われる料理も基本的にはフランス料理だそうです。
気候としては5~10月の乾季がおすすめ♪人気のシーズンなので価格は高くなりますが、これだけの美しい海を望みながら叶える結婚式なら雨に悩まされない方が思いっきり楽しめますよね♡

第7位 モルディブ

第7位はモルディブです!
海の美しさや海上に浮かぶ宿泊施設の特徴から第6位のタヒチと比較されることが多い渡航先です。タヒチ同様、透明度の高い青い海を眺めながらのリゾート挙式が可能なため、モルディブの魅力はタヒチと比較してご紹介していきますね♪

費用の相場
費用の総額平均は約80万円です!タヒチと同じですが、大きな違いは現地での滞在費や物価の差です。実際に予算的にタヒチはオーバーしてしまうけれどモルディブなら物価も安いし、あまり気にせず過ごせそう!と言われるほど。現地の物価は予算を計算する上で必ず押さえておいた方が良さそうですね。

国の特徴
インド洋に浮かぶ島国モルディブは、乾季の時期が11~4月頃。タヒチの雨季にあたる時期なので、予算や気候によってはモルディブは過ごしやすい国になるかもしれませんね♪

第8位 ニューカレドニア

第8位はニューカレドニアです!
映画「天国に一番近い島」の舞台にもなった青い海と真っ白な砂浜が美しい人気の渡航先です♡宿泊先によっては目の前に広がるプライベートビーチで挙式が行えるところもあります♪

費用の相場
費用は約70~160万円が相場です。フライト時間も短く、リーズナブルな費用で渡航できますが、物価が日本の約3倍程。特に食事代が高くつこと、そして離島への移動は飛行機を利用しなければならないので、過ごし方によって滞在費が高くつくかもしれません。

国の特徴
ニューカレドニアは、ユネスコ世界遺産にも登録されている離島アイランド。正式名称は「フランス領ニューカレドニア」。実はタヒチと同様、フランスなんです!
マリンアクティビティだけでなく、本島のグランドテール島にはグルメやお買い物スポットも。滞在中には色んな楽しみ方ができそうですね♪

第9位 アメリカ

第9位はアメリカです!
今までご紹介した渡航先とは異なり、高層ビルが立ち並び、まるで映画のセットの中にいるような感覚になる街並みが特徴的ですよね。アメリカはどんな結婚式ができるのかあまりイメージが湧かない人もいるかもしれませんね。実は大聖堂や自然に包まれた可愛らしい教会、ラスベガスの高級ホテルなど、様々なスタイルから選べます♪

費用の相場
費用は約93~245万円が相場です。選ぶ都市や挙式会場によってかなり費用も変動しそうですね。物価自体は日本と大差ありませんが、レストランなど外食においては金額が高いので注意が必要です。

国の特徴
何といっても様々な観光名所があり最近人気のフォトツアーとして各所を巡れば迫力のある写真が撮れることは間違いありません。
また、ラスベガスなどカジノを楽しむことができるのは日本にはない魅力といえるでしょう!ウェディングドレス姿でリムジンに乗って観光とフォトツアーを同時に楽しむ。まさに映画のワンシーンのようですね♡

第10位ギリシャ

第10位はギリシャです!輝く紺碧のエーゲ海に白壁の家並みが印象的。地中海を代表する景勝地となったサントリーニ島はギリシャの中でも人気の島として有名です!今までご紹介した海のリゾート地とはまた違った雰囲気が楽しめそうですよね♪

費用の相場
費用は約66~76万円が相場です。人気のサントリーニ島では宿泊先のホテルで結婚式を挙げるケースがほとんどのため、プランの中に宿泊費が含まれている場合がほとんどです。
挙式料と宿泊費がお得になるのは嬉しいポイントですね♡

国の特徴
ギリシャの公用語はギリシャ語ですが、観光地やホテル、レストランでは英語が通じる場所も。気候としては日本と同様に四季があるため、夏は暑く、雨季である10~3月は気温も下がるので結婚式をするなら春がおすすめです♪

海外挙式のプロデュース会社はどこがオススメ?

それでは実際に海外挙式を挙げるならどのプロデュース会社を利用するといいのでしょうか?いくつかおすすめの会社をご紹介しますので、プラン探しの参考にしてみてくださいね♪

ワタベウエディング
リゾートウエディングの大手プロデュース会社であるワタベウエディング。国内リゾートをはじめ、海外挙式のプロデュースも数多く行っていることから安心して挙式をお任せできますよね!
≪Point≫ハネムーンはもちろん、帰国後のパーティ会場も紹介してくれるので、各種サポート面でも安心です。

H.I.S.ウエディング専門セクション
リーズナブルな価格で旅行ができることで有名な大手旅行会社のH.I.S.旅行会社というだけあって取り扱い会場も多くエリアも広い上にプランも充実しています!
≪Point≫店舗数が多いので気軽に立ち寄れますよね!衣裳や撮影の手配ももちろんしてくれるので気になることは相談してみてもいいかもしれませんね!

リアルウエディングス
10年で1000組のハワイ挙式を取材した元編集長が提案するハワイ挙式専門店。もしハワイでの海外挙式を希望するならハワイ挙式専門店であるリアルウエディングスがおすすめです!
≪Point≫ハワイウエディングに精通した元編集長が提案するというだけあって、ハワイ挙式のノウハウやオプションも豊富です!

リゾートウエディングのプロデュース会社、大手旅行会社、そしてハワイ挙式専門店をご紹介しました!おふたりの希望のプランや挙式をしたいエリアで選んでみるといいかもしれませんね!

 

まとめ

いかがでしたか?海外挙式の人気ランキングTOP10、様々な国の特徴や費用、そしてそこで挙げる挙式の魅力をお伝えできたでしょうか?改めて費用をおさらいしてみましょう!

◆海外挙式の総額平均:約111.9万円

1位ハワイ総額平均約112.1万円
2位グアム総額平均約126万円
3位イタリア総額平均約106.6万円
4位オーストラリア総額平均約140万円
5位バリ総額平均約99.5万円
6位タヒチ総額平均約80万円
7位モルディブ総額平均約80万円
8位ニューカレドニア費用平均約70~160万円
9位アメリカ費用平均約93~245万円
10位ギリシャ費用平均約66~76万円

またおすすめのプロデュース会社もご紹介しましたね!

ワタベウエディング
H.I.S.ウエディング専門セクション
リアルウエディングス

どのプロデュース会社も安心してお任せできそうです♪おふたりの希望する挙式の渡航先はいかがでしたか?気になった渡航先があったものの平均相場が自分たちの予算よりオーバーしていた!なんてこともあるかもしれません。

私も参考にした海外挙式の費用を格安にする方法はこちらで詳しく紹介されています。海外挙式に憧れている方は要チェックです♪