LINEやTwitterでできる
悩みをかかえるみんなのいばしょ
オーバークロックプロジェクト
子どもたちが生き生きと生活できる
社会をつくるプロジェクト
悩みを相談できる「新しい居場所」
「悩みを抱える子どもたちの居場所に」
そのために、私たちは新しい相談窓口をつくりました。大きな悩みでもちょっとした悩みでも、どんな悩みでも構いません。ぜひ気軽にご相談ください。全力で応えたいと思います!

オーバークロック(Overclock)って何?


オーバークロック(Overclock)とは
OVERCLOCKの頭文字Oは人の輪を表しています。昨今地域のつながりが希薄する中、新しいつながりの場を作ることを目指しています。そもそもオーバークロックとはコンピューターの用語で実際の能力よりも実力を出すことです。しかし人間は1人では100%の力も出せません。みんなで励ましあい、勇気づけを行うことによって困難を克服できると考えます。
私たちが見ている社会課題
警察庁のデータによると、2016年の日本の小中高生の自殺者数は320名。全体の自殺者数は年々減少している一方で、この人数は決して減少しているわけではありません。今後の日本・世界をつくっていくのは新しい世代、つまり子どもたちです。そこで、私たちにできることを考えました。それは少しでも悩みを共有し、先に進めると感じられるような新しい居場所を作ることでした。
私たちが見ている社会課題
警察庁のデータによると、2016年の日本の小中高生の自殺者数は320名。全体の自殺者数は年々減少している一方で、この人数は決して減少しているわけではありません。今後の日本・世界をつくっていくのは新しい世代、つまり子どもたちです。そこで、私たちにできることを考えました。それは少しでも悩みを共有し、先に進めると感じられるような新しい居場所を作ることでした。

悩み相談の流れ

自分が持っている悩みを専用ツイッターに自由に書いてください
しばらくすると回答が返ってきます
(数日いただくことがあります)
みなさんの居場所になれると嬉しいです
(何度でも訪れてください!)
みなさんの居場所になれると嬉しいです
(何度でも訪れてください!)

Projectメンバー

共同代表 ぼこ太

Twitterとブログの管理を担当しています。
もう一人の代表の、にんじんまんと共に「悩みをかかえるみんなのいばしょ」作りを進めていきたいと思います。
名前の由来は凸凹(でこぼこ)の凹(ぼこ)から。人間だれしも強み弱みや長所短所、凸凹(でこぼこ)があるものです。がむしゃらに夢を追い求めるのも大事ですが、自分自身の凸凹(でこぼこ)と向き合う作業も必要ではないかと最近思うようになりました。
このプロジェクトを通じて目標に向かって頑張るひとを応援していきたいです。

共同代表 にんじんまん

メインのホームページとFacebookを担当しています。
このプロジェクトで私たちが作ったのはオンライン上の新しい居場所です。ちょっと苦しいとき、なんだかもやもやしているとき、そんなときはぜひお気軽に相談をしてください。全力で応えます!