株式会社アウトソーシングテクノロジーについて調査しました!


技術者派遣・業務請負についての口コミや評判は?

株式会社アウトソーシングテクノロジーは「人材派遣の“はたらく”を変える」「あらゆる産業の“はたらく”を変える」「すべての“はたらく”の満足度を変える」というコーポレートミッションを掲げ、エンジニア(技術者)派遣・請負によるテクノロジー(技術)支援を行っている人材サービス企業です。モノづくり分野におけるITエンジニア・技術者に特化した人材派遣を行なっています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展でモノづくりのプロセスが大きく変化している中、ITエンジニア・技術者の需要は高まる一方です。そういった背景から、注目されている株式会社アウトソーシングテクノロジーについて調査してみました。

株式会社アウトソーシングテクノロジーってどんな会社?

株式会社アウトソーシングテクノロジーは「プロフェッショナルな人材を育み、 人とテクノロジーを融合させ、あらゆる産業のイノベーションを支援し、 働きがいの持てる社会を実現する」という経営理念のもと、次世代自動車・デジタル家電・ロボティクス・医療機器の研究開発、生産、技術開発などに取り組んでいる企業へのIT・機械・電子・電気・ソフトウェアの技術者派遣および開発請負、そして、企業向けネットワーク、コンピュータや情報通信システム関連のハードウェア・ソフトウェア・サービスの輸出入、販売、設計・構築、保守・その他技術サービスなどの分野への職業紹介業務を行なっています。
 
株式会社アウトソーシングテクノロジーがこうした人材派遣、職業紹介を行えるのはアウトソーシングテクノロジーがモノづくりとIT、双方の分野で高い技術力を持つエンジニアが結集したプロフェショナル集団だからです。
 
“日本のモノづくり”を「技術力」と「人間力」で後押しすることで、株式会社アウトソーシングテクノロジーは新しい価値の創造をめざし、成長・発展を遂げてきました。そして、今、アウトソーシングテクノロジーはエンジニア人材のプラットフォームとして、技術者派遣からイノベーション支援へと舵を切ろうとしているといいます。
 
“今からそう遠くない2030年には、労働人口の半数近くがAIやロボットに職を奪われる一方で、その先端技術を扱う専門技術者は大幅に不足するでしょう。第四次産業革命が進む今後は、AIやビッグデータなどを活用したイノベーションの登場が期待されますが、現状のままでは先端技術を扱うことができる「高付加価値人材」の数が圧倒的に不足することが避けられません。そこでアウトソーシングテクノロジーは、高付加価値人材の育成をビッグスケールで展開しようと決めたのです。”
 

アウトソーシングテクノロジーが手掛ける事業は?

アウトソーシングテクノロジーが手がけている一番大きな事業があらゆる技術・テクノロジー・研究産業のプロフェッショナル人材を育成し、派遣する「人材派遣事業」です。アウトソーシングテクノロジーでは人材の価値向上に注力していて、研修や教育の仕組みを革新させながら、より高度な人材を輩出できるよう、事業展開しています。

アウトソーシングテクノロジーは教育事業による人材育成に力を入れているという特徴があります。アウトソーシングテクノロジーの人材派遣事業はその教育事業によって高い技術力を身につけたエンジニアたちがさまざまな分野の顧客メーカーのモノづくりを支援すべく、技術力と専門性を発揮し、貢献しています。

一方、先端テクノロジーを取り込み、イノベーションのためのソリューションを、テクノロジーを使いこなす人材とともに、社会に提供しているのが「イノベーション支援事業」です。

「イノベーション支援事業」の一つはアウトソーシングテクノロジーが「派遣2.0」とも呼んでいる、DXを⼈材でドライブさせるという次世代型の派遣です。

アウトソーシングテクノロジーは技術スキル・ビジネススキル・管理スキルというこれからのDXに必要とされる3つのスキルを融合させた次世代の人材を「DIGITAL ACADEMY」で育成し、業務プロセスを把握し、課題抽出やプロジェクトマネジメントを担う「DXビジネス人材」と、SaaS・クラウド技術を身につけた「デジタル技術人材」を派遣しています。

また、先端技術の導入によって人手不足、個々人の能力の最大化、そして人とテクノロジーの最適配置といった人的課題を解決するソリューション、先端技術導入支援もアウトソーシングテクノロジーのイノベーション支援事業となっています。

スマートグラス系、セキュリティ系、業務管理系、作業効率化系のソリューションをラインアップしており、導入先の顧客企業にあったものをカスタマイズして提供しています。あらゆるモノづくりの現場で共通している人手不足という問題、一人ひとりの負担が大きくなっているような労働環境の課題をアウトソーシングテクノロジーは派遣する優秀なエンジニア人材と最先端の技術を駆使したソリューションで解決を図っています。

アウトソーシングテクノロジーの人材派遣・業務請負・キャリア支援

アウトソーシングテクノロジーの人材派遣・業務請負は一般にイメージしてされている派遣や業務請負のイメージとは異なります。「エンジニア派遣」はアウトソーシングテクノロジーに在籍するエンジニアがチームとなって、取引先企業に常駐し、取引先企業のメンバーと共同開発を行なっていくものです。アウトソーシングテクノロジーの正社員として、取引先メンバーと一緒に共同開発していきます。必要な技術などは、研修やOJTを通し、身に付けていくことができます。

ソフトウェアやシステムの開発、機械・機構設計などの業務・プロジェクトを請け負う業務請負にはプロジェクトの規模に応じて、経験豊富なエンジニアチームを編成し、取引先に常駐し、開発業務を請け負う「常駐プロジェクト開発」、ブロジェクトの一部、もしくは全てをアウトソーシングテクノロジーの開発センターに持ち帰り、開発を請け負う「持ち帰りプロジェクト開発」があります。請負は取引先からの実績とエンジニアの信頼があるからこそ、プロジェクトを任されているといえます。

こうした派遣や業務請負は規模が大きなものだと、参加メンバーが100人を超える規模になるビッグプロジェクトもあります。

また、アウトソーシングテクノロジーはメーカーへの転職者志望者に対して、取引先のメーカーへの就職支援を行っています。アウトソーシングテクノロジーのエンジニアは技術を習得するための育成プログラムを受けてきているほか、多彩な技術キャリア経験を持っていることから高いスキルを認められて、プロジェクト先の大手メーカーにスカウトされることもあるそうです。アウトソーシングテクノロジーでは在籍するエンジニアが描いているキャリアに進めるよう、取引先への就職支援や、紹介などのサポートも行なっており、これまでに多くのエンジニアが希望するキャリアに進んでいるといいます。

アウトソーシングテクノロジーの人材育成について口コミや評判は?

アウトソーシングテクノロジーグループの在籍エンジニア数は2018年には9,481人だったのが2020年までの3年間で約2倍になっています。ソーシングテクノロジーは2020年、国内全企業の中で第2位の新卒採用者数を達成しました。アウトソーシングテクノロジーグループ全体でエンジニアの在籍者数は18,150人、国籍も約40カ国となっています。現在も在籍エンジニア数は増え続けており、顧客企業のさまざまなプロジェクトに従事しています。

これはアウトソーシングテクノロジーのエンジニアが優秀であり、顧客企業からさらなる派遣を求められてきたからだと言えるでしょう。アウトソーシングテクノロジーでは2020年から5年間でさらに倍増させる計画を立てており、2024年の在籍者数38,500人を目指しているといいます。

なぜアウトソーシングテクノロジーのエンジニアがこれほどまでに求められているのか。それはアウトソーシングテクノロジーのエンジニアが優秀であるからです。特に評判になっているのが、アウトソーシングテクノロジーのエンジニア育成教育です。

アウトソーシングテクノロジーのグループ企業「KENスクール」はエンジニアを育成するための教育機関となっており、取引先と協働で考案した実用的な研修カリキュラムが新卒学生、未経験者、さらには外国籍の人材に至るまで、即戦力として活躍できるエンジニアに育成しています。この育成は顧客企業の事業を支えるだけでなく、エンジニアのキャリアアップ実現するための支援にもなっているのはいうまでもありません。

まとめ

株式会社アウトソーシングテクノロジーは優秀な技術者集団です。2030年には、労働人口の半数近くがAIやロボットに職を奪われると言われています。しかし、最先端技術を扱う専門技術者は大幅に不足するという予想もあります。そうした中、アウトソーシングテクノロジーは今後もさらに最先端分野の技術開発で活躍できる人材を育成し、高まるニーズに応え、派遣を行なうことで日本のモノづくり、産業界を支えていくことでしょう。

株式会社アウトソーシングテクノロジーの企業概要

会社名
株式会社アウトソーシングテクノロジー
設立
2004年12月
電話・FAX
TEL:03-3286-4777(代)  FAX:03-3286-4778
事業セグメント
国内技術系アウトソーシング事業
許可免許等
・派遣許可番号 派13-300749  ・職業紹介許可番号 13-ユ-300549
コーポレートサイトURL
電話・FAX
TEL:03-3286-4777(代)  FAX:03-3286-4778
代表者
代表取締役社長 茂手木 雅樹
所在地
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館16・17F
資本金

4億8,365万4千円(2019年12月31日現在)

事業詳細

IT・機械・電子・電気・ソフトウェアの技術者派遣及び開発請負、職業紹介業務

資本金

4億8,365万4千円(2019年12月31日現在)

資本金

4億8,365万4千円(2019年12月31日現在)