日本のITエンジニア 
 応援ブログ 

日本のITエンジニア応援ブログ
プログラマーの待遇改善とITニュースを
鋭く解説します

こだわりもう追いつけない日本のAI


日本では、昨年あたりから AIが急激に話題になりました。
マスコミが「ブーム」を起こしたからです。
それまでは、AIは、SFの世界でありどこか「胡散臭い」雰囲気が漂っていました。
これは、一般の人の考えに近いのではないかと思います。

最近、AIをメインにしている企業の方と話す機会が増えました。
どの会社も歴史が浅く、長くて3年ぐらいです。

今回の「日本のIT屋にひとこと」では。
「もう追いつけない日の丸AI」と題して
欧米&中国に永遠に追いつけないであろう日本のAIについて考えてみます。


機械学習が大流行

日本では、『機械学習』が大流行です。
機械学習とは、簡単に言うと

“機械学習(きかいがくしゅう、英: machine learning)とは、人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のことである。”

欧米では、IT企業は、すでに15年以上前から研究をしています。
簡単に言うとやっとスタートラインに立った日本は、この時点で15年遅れています。

もちろん研究を地道にしている先生方がいらっしゃると思います。
しかし、規模が違います。
数千億の金をつぎ込んで研究している国と数十億の予算がここ5年ぐらいで付き始めた日本では、勝負になりません。


展示会

AIの展示会とか行ったことありますか?
その多くが、人形(ひとがた)ロボットや工作機械に組み込まれています。
わかりやすくていいんですよ!
でもそれは、出来合いのAIを実用化することに力を注いでいて
肝心の「AIのアルゴリズム」の研究は、進んでいません。
AIの基本は、数学ができないと無理です。
すごく地味な研究なのです。
自分もIT業界のはしくれに席を置いていますが、AIの数学知識には、ついていけなくて挫折してしましました。
展示会でAIを搭載した機械達は、AIの研究のもとに出てきたわけではなく、AIの使い方で生まれてきたものだと思います。

ビッグデータ

ビッグデータがなければ機械学習などできません。
Googleをはじめ米国のIT企業は、はやくから「個人情報は金になる」と気がついて
ハードルを低くして情報を集めまくりました。
半端ないこのデータが、AIに活かせるわけです。
機械学習は、統計学が基礎になっていると思われます。
つまり、データ数が多いほど精度があがるわけです。
このデータを元にして多種多様なサービスが生まれてきます。
残念ながらそのほとんどは、米国からです。
Amazon EchoもGoogle Homeもビッグデータがなければ生まれてきません。

残念ながら日本では、ビッグデータが集まりませんでした。
個人情報がおおぴらに集める知恵がなかったわけです。
グズグズしていたら、お隣の国から LINEという電話番号&個人情報収集アプリが登場して個人情報を集まられてしまいました。

Amazon Echo、Google HomeそしてiPhoneのようなものは、ビッグデータがない、この国では生まれてこないのは必然です。

中国にとっくに抜かれている。

ビッグデータと言えば、中国 なにせ人が多い
それに国家レベルで推進しているので 個人情報を守るとかそんなのは、後まわし
Internetは、すべて監視されているし、マスコミ、言動も規制されています。
いくらでもデータは、あつまります。

それと、最近中国は、IT研究者を外国から雇い入れるような政策をしています。
これも国家レベルですすめているので日本企業など太刀打ちできません。

AIでは、中国にとっくに抜かれています。

もう追いつけない

これまで書いてきたように、AIの基礎部分(基礎研究+ビッグデータ)が勝負になっていないので
天才的な人が現れたとしてもビッグデータがなければ、機械学習どころではありません。

「欧米や中国に絶対に追いつけない」
と思っています。


まとめ

AIを制するものが、この先の産業、社会のリーダーとなると言われています。
ここまで遅れてしまった日本のAIは、絶望的な状況です。
クルマもEVが主流になりそうです。
日本は、ハイブリッドでお茶を濁したり、燃料電池自動車(FCV)にこだわっていたりしているうちに
欧米では、法律からもEVにシフトするような状況です。
中国でも現在、国をあげて EVの研究を行っています。
近いうちに クルマも世界から取り残される可能性があります。
例え、燃料電池自動車(FCV)が優れていたとしても 普及するかは、別問題

クルマもAIもダメとなったらこの国の産業はどうなるんでしょうか?

自分が会ったAI企業の若者は、熱弁を奮ってAIの可能性を話していました。

国、企業が協力してすすめないと「希望を持った彼ら若者」が報われないような
そんな気がします。


今の仕事がいつまであるのか考えよう


IT古くは、コンピュータ屋ですが、技術の進歩が激しく、たった一年前に主流だったものあ一気にすたれてゆく場合もあります。
まさに、流行りモノです。

今回の日本のIT屋に一言では、
今の仕事がいつまであるのか考えよう。
と題して今の仕事について考えよう。


汎用機の時代

IT小僧がこの業界に入ったときは、汎用機と呼ばれる大型コンピュータ全盛で言語は、COBOLがほとんどでした。

汎用機は、ビルの1フロアーを専有していて強烈な冷気にさらされていました。

一方、パソコンは、やっと16bitコンピュータが登場の時代でなんとか漢字が出せる程度でワープロと呼ばれる専用機が売れていた時代です。

そんな環境で仕事をしていた自分は、「COBOLは、この先がないな」と考えて転職を目指します。

UNIXの時代

次の会社は、汎用機中心でしたが、UNIXと組み込み系の会社に「出向」して仕事をしました。
ここで0からCとAssembly Languageを叩き込まれました。
この時のUNIXとネットワークの知識は、今でも役に立っています

ここも3年で辞めて次の会社では、IBM AS/400とOS/2、DB2の仕事を中心に仕事をしていました。
数百人のプロジェクトに参加させてもらって当時、最先端のコンピュータシステムに触れることができました。

しかし、ここも3年ほどで辞めて次に向かいます。

 

インターネットの時代

インターネット取引の構築をはじめました。

インターネットがモデムで接続していた時代です。

金融取引のオンライントレードをMicrosoftを中心にしたシステムを使って0から組み上げていました。

周りには、参考になる書籍もなく、ひたすらネットで調べていました。
(英語サイトぐらいしか情報がなかったのです。)
必死になって英語の勉強しながら試行錯誤の毎日

この仕事は、約13年続けて、現在は、社内SEをやっています。

と言うように、流行りのシステムの全盛期に次の世界に移ってきました。

安い労働力

もし、COBOLの世界にいたら今の自分はこの業界にいたのかどうか疑問です。

と思っていたら、ここ5年ぐらい
「COBOLの技術者不足」
「COBOLの現役が次々と引退」
検索してもたくさん引っかかります。

でもね、よぉーく見てみるとめちゃくちゃギャラが低いわけですよ。

少し前に介護不足の話がありましたが、同じことです。

「ギャラが安かったら人がこない」
「不足しているなら外に出せばいいや」

と考えているところもありますが、そんなことでは、まともなものはできません。
そう ギャラを上げればいいんです。
そうすれば人は集まってきます。
優秀な人材も集まってきます。
優秀な人材でなければ切られます。
それができない限りIT立国なんて恥ずかしくて言えないと思います。

AI技術者が旬

今は、AI技術者が優遇されていてメチャクチャ高いギャラなんですが、

「結果がでるかどうかわからなくてもお金が取れる」
業界なのでそれでもいいのですが、いつまで続くかわかりません。
AIがAIを生み出す瞬間にAI技術者の多くは職を失います。
いつの時代も先がわからないので臨機応変に動くことができるようにならないと生き残れません。


まとめ

自分はそろそろ引退の時期なのですが、まだ役にたてることもあると考えています。
次になにをやるべきか?

今の仕事がいつまであるのか考えよう。

今回のブログは、おっさんの話ばかりで役に立ったかどうかわかりません。

役に立てる情報があったらまた記事をアップしますのでよろしくお願い致します。

では、よい仕事と人にあえることを願ってがんばりましょう・・・


スキルアップの近道は環境を変えることからはじまる


プログラムでなかなか解決しないことがよくあります。
そんなとき、あなたは、どうしますか?

自分の場合、席を立ちトイレで手を洗い、鏡を見て一呼吸

席でじっとしていても何も解決しないときは、場所を変えて考えてみます。

今回の日本のIT屋に一言は、
【IT転職相談】スキルアップの近道は環境を変えることからはじまる。
と題して、あなたは、SEとしてやっていけますか?
というお話です。

いまの会社だとスキルアップを伸ばせないかも知れない。
と思っている人

以下4つ悩みを考えてみてください。

上流過程の仕事ではない。
下請け企業に務めている。
このままダラダラと仕事を続けることができるのか?
本当にこの会社でいいのか?

そう思ったらスキルを上げるため転職を考えてみて下さい。

スキルアップの近道は、環境を変えること

スキルアップのために転職をしてもマイナス材料にはなりません。

もし、ステップアップを目指そうとしたら、今の仕事を続けながらIT業界特化型エージェントに登録という方法があります。

エージェントと言ってもどんなサービスってよくわからないのですが?

IT業界特化型エージェント レバテックキャリアをおすすめします。
あまり広告されたいないIT転職サービスですが、IT業界特化型のためITに精通したスタッフが対応してくれます。

レバテックキャリアでは、履歴書や、職務経歴書の添削、応募企業の選定、
書類選考通過後は、担当者から、応募企業の面接傾向などなど、転職に必要なサービスを担当エージェントが、サポートします。

真剣にステップアップを考えるのでしたら、専門のエージェントを利用してチャンスを掴みましょう。
レバテックキャリアってどんな感じだろうと思ったら以下のリンクをクリックしてみてください。
ステップアップのためのチャンスを掴むことができるかも知れません。


まとめ

AKB48というグループは、大勢のアイドル達が、選抜そしてセンター(中心)を目指しています。
でもスタートが同じでも最初から目立つ人もいれば、隅に隠れてしまう人もいます。
でも隅にいるからって魅力がないわけではありません。
あることをきっかけに大ブレークすることもあるのです。

そう、居場所をちょこっと変えてあげるだけで花を咲かせる場合もあるのです。

スキルアップの近道は環境を変えること

まず、自分の周辺を冷静に観察しましょう。
今の環境で生き残れるか冷静に考えましょう。

真剣にスキルアップを考えるならば、求人が多い今がチャンスです。

IT業界は、AIやIoTなど未来を見据えた人材を探しています。


人が足らないけど人はいらない IT業界の不思議な闇


「人手不足」
ここ数年、急に出てきたキーワードで強力かつ長期にわたって言われています。

某コンビニの店主は、バイトで人が集まらないので夜間休業したい
という申し出に コンビニの元締めは、
「ふざけるな、夜間に店を閉めたら 賠償金取るぞ!」
「24時間営業は絶対続ける」
と強硬な態度を崩していない。

「コンビニは、社会のインフラ」
なんて、偉そうに言っている人もいるけど、コンビニって民間企業なんですけど・・・

今回の日本のIT業界に一言では、
【IT業界】人が足らないけど 人はいらない IT業界の不思議な闇について語ってみよう
IT業界は、ITと呼ばれる昭和の時代から「慢性的な人手不足」
なにを今更と思ったのですが、今回は、かなり深刻らしいのです。



慢性的人手不足

IT業界は、慢性的人手不足です。
これは、昭和の時代も同じで、エンジニアの残業150時間なんて序の口でした。

コンピューターの処理時間が遅く、待ちが多い
仕様書が手書きしかなかった。
その仕様書がインチキが多く、プログラム改変は、ソースを読むしかない。納期が短い。できるやつしか仕事が来ない。
⇒必然的にできるやつに仕事が集中
プログラマーが、客先対応、打ち合わせ、仕様決定、プログラム、試験と全部やっていた。
少数精鋭で仕事を進めていた。


こんな感じです。
そもそも、客先で何が飛んできても軽くこなせるような「一人前」になるには、3年かかります。
一般に言う「できる人」は、いつの時代でも少数しかいないのです。


今の時代の人手不足

昭和の時代とかぶらないものだけ取り上げます

コンピュータープロフェッショナルの仕事としての収入が低いので職業として魅力がない。
企業が必要なのは、「できる人」より、「安く働ける若者」
専門馬鹿でそれしかできない。

この3点だと思っています。

最大の問題は、技術者に支払う給与が安すぎるということです。
なのに、元締め(SIer)でSQLも満足に書けないくせに「えばっているやつ」が自分より給与がいい

こんなことよくありますよね。

一番、技術を持っていて 一番働いている人の方が、少ないおカネで仕事をしているわけです。
こんな仕事、誰も「やるわけがない」


解決するには

欧米では、マネージャーより高いギャラで仕事をしているプログラマーは、たくさんいます。
でも日本は、未だに技術力があっても 役職が上じゃないと給与が上がらない。

つまり能力給にしないと もっと人が減ります。

魅力のない職業は、誰もやりません。
今のようなピラミッド型、多重下請けを廃止して

プロジェクト毎にマネージャーが人材を選んで精鋭チームで取り組むような仕事のやり方に変える方法に切り替えないと人が減り続けます。

しかし、長年の慣習は、そう簡単に変えられないし、美味しいところをさらっている元請け(SIer)も今の体制を変えようとするわけがない。
彼らが口を開けば「人がいない」の大合唱
それは、自ら行ってきたことの「つけ」がまわっているのです。



IT業界の闇

IT業界は、元請けと多くの下請け企業で構成されています。
元請けは、営業とマネージメントだけで儲かります。

面倒なことは、全部下請け企業へ、その企業は、そのまた下請け企業へと
という多重下請構造になっています。
そして実際に現場で仕事をするエンジニアは、低収入となってしまいます。

何年もこんなことを続けてきたので「構造的に歪み」が発生したまま
「人手不足の大合唱」

こんなこといつまで続くわけがないのです。
そろそろ限界値に達してきたのではないでしょうか?

IT業界は、儲かっているようでかなり危ない状況なのです。
今は、仕事が多いかもしれないけど、不況になった瞬間にIT予算は、凍結、後まわしとなってしまいます。

残念ながら、これが、今のIT業界の現状です。



まとめ

日銀介入、年金をぶち込んで見かけ上の株価上昇

お役所のインチキな経済指標

政治家もマスコミも消費税増税に口を塞ぎ

野党は、反対するけど代替え案はない。

そして
誘致の際にアピールした費用の7~8倍のコストがかかるオリンピック

こんな状況で消費税を上げるという恐ろしさ

不況という風が吹いた瞬間にITの仕事は、なくなります。
そうなると「人手不足」から「ひとあまり」となります。

残念ながらこれが、何十年も変わらないIT業界の事実です。

今は、人が足りないとか言っていますが、来年の今頃は、どうなんでしょうか?

自分も含めて心配です。


オリンピックは、サイバー攻撃との戦い


今回の、「IT小僧の時事放談」は、
「オリンピックは、サイバー攻撃との戦いでもある」
と題して、微笑み外交の裏で行われているサイバー攻撃について考えてみました。


東京オリンピックに向けて

次のオリンピックで「世界中から注目される」ということは、「世界中から狙われる」ということです。
日本語という大きな壁があるため、ターゲットにされ難い面もあったことでしょうが、これから2年にわたって攻撃が増えることになるでしょう。

コインチェックのハッキングが、どこから行われたか、まだ噂程度しか情報が出てきていませんが、サイバー攻撃の専門部隊に狙われたらひとたまりもなくやられるでしょう。

日本のお役所が実は、凄腕のサイバー対策部隊を持っていて日夜対応しているかも知れませんが、民間企業は、そんな予算も人員もいないので「狙われたら最後」です。

まともな金融機関なら かなり高度なシステム防御をしていますが、仮想通貨取引所などの中には、金融のプロでないのエンジニア達が、「ホームページ」を造るがごとくの軽い意識でシステムを作って運営しているところもあるでしょう。
としたら「悲惨な結果」になるのは、間違いありません。

「10億ビットコインを0円で販売」なんて取引所は、真っ先に狙われそうですね。

まとめ

セキュリティには、お金がかかります。
でも、やらなければ「やられます」

目の前の1万円をケチったために数百億円を失うかも知れません。
ネットで商売をするということは、そういうことです。