大津法律事務所の特徴・強み


個人再生とは

債務者の将来の収入の中から原則として3年間の分割弁済を行い、残債務については免除を受けさせる手続です。

*再生債権の総額(住宅資金貸付債権の額、別除権行使弁済予定額、再生手続開始前の罰金等を除く)が5000万円以下でなければなりません。

最低弁済額:個人再生手続は再生計画に基づいて弁済をしますが、その弁済額については、最低限支払わなくてはならない金額の定めがあります。

・住宅ローンの返済が厳しいが、自己破産をしたくない
・マイホームを手放したくない
・仕事上の関係で、自己破産をするわけにいかない
・毎月の債務返済額を減らしたい
・借金の主な原因が浪費(パチンコ、競馬、FX取引、キャバクラ等)の方

このような方は、まずは、当事務所にご相談下さい。

個人再生の解決事例

利息免除・債務減額 300万円→100万円

負債総額:300万円 貸金業者との取引:6社
住宅ローン残金:1280万円 月々の返済額:14万円
住宅ローンを組んだときには正社員でしたが、その後会社が倒産し、大幅に収入が減少し、月々の返済をするために借入金が増加する一方でした。ただ、何とか住宅は残したいという希望でした。
他の6社に対する返済額を除いて、ご相談者の収入と支出を検討した結果、個人再生で債務整理をすれば、自宅が残せると判断して、個人再生を申し立てました。
CASE1

利息免除・債務減額 1350万円→270万円

負債総額:1350万円 貸金業者との取引:8社
住宅ローン残金:2600万円 月々の返済額:10万円

子供に対する学費が原因で借金が増加する一方でしたが、ただ、何とか自宅を残したいという希望でした。
他の8社に対する返済額を除いてご相談者の収入と支出を検討した結果、個人再生で債務整理をすれば自宅が残せると判断して、個人再生を申し立てました。

CASE2

利息免除・債務減額 550万円→110万円

負債総額:550万円 貸金業者との取引:5社
月々の返済額:10万円

最初は給与の範囲内でパチンコをしていましたが、お金を借りてパチンコをするようになりました。
借金が500万円を超えて月々の返済が厳しくなり当事務所にお越しになり、当事務所で個人再生を申し立てました。個人再生がうまくいった結果、月々の返済額は約31,000円になり、月々の返済が大幅に楽になりました。

CASE3

利息免除・債務減額 1350万円→270万円

負債総額:1350万円 貸金業者との取引:8社
住宅ローン残金:2600万円 月々の返済額:10万円

子供に対する学費が原因で借金が増加する一方でしたが、ただ、何とか自宅を残したいという希望でした。
他の8社に対する返済額を除いてご相談者の収入と支出を検討した結果、個人再生で債務整理をすれば自宅が残せると判断して、個人再生を申し立てました。

CASE2

個人再生手続は、こんな方におすすめ

  • どうしても自宅を残したい方
    但し、認可された再生計画案通り負債を返済でき、かつ、住宅ローンを返済できことが必要です。
  • 借金の主な原因が浪費(パチンコ、競馬、FX取引、キャバクラ等)の方
    破産手続申立をしても重大な免責不許可事由がある場合において、免責を得る見通しが困難なときがあります。
    一方、個人再生手続は、認可の要件として免責不許可事由に相当する要件がないためです。
  • ※ 注意点
    大津地方裁判所においては、近年、個人再生委員が選任される場合がありますので、個人再生申立てには、弁護士費用の他に、個人再生委員選任費用が必要な場合があります。

  • 借金の主な原因が浪費(パチンコ、競馬、FX取引、キャバクラ等)の方
    破産手続申立をしても重大な免責不許可事由がある場合において、免責を得る見通しが困難なときがあります。
    一方、個人再生手続は、認可の要件として免責不許可事由に相当する要件がないためです。

個人再生手続が認可された場合(手続きがうまくいった場合)

住宅資金特別条項を定めれば自宅を残すことができます

認可された再生計画案の定めにしたがって一般債権を支払い、住宅ローンを支払っていけば、自宅を手放す必要はありません。

住宅ローン以外の負債の債権額が大幅にカットされる

どれぐらい債権額がカットされるかといいますと、住宅ローン以外の借金の負債総額が1500万円までの場合、負債総額の20パーセントが100万円以上であればその金額が最低弁済額となり、100万円以下であれば100万円が最低弁済額となります。

そして、この金額を、原則として3年間で支払えばいいだけになります。

【具体例1】住宅ローン以外の借金の負債総額が1000万円の場合

・住宅ローン以外の借金が最大で200万円まで減額されます。
・この200万円を原則として3年間で支払うことになります。
・支払期間中の利息はつきません。

借金額が最大で800万円もカットされ、支払期間中の利息も付きませんので、大幅に借金額がカットされます。


【具体例2】住宅ローン以外の借金の負債総額が400万円の場合

・住宅ローン以外の借金が最大で100万円まで減額されます。
(400万円の20パーセントは80万円であり、100万円以下であるため、最低弁済額は、100万円になります。)
・この100万円を原則として3年間で支払うことになります。
・支払期間中の利息はつきません。

借金額が最大で300万円もカットされ、支払期間中の利息も付きませんので、大幅に借金額がカットされます。*但し、上記具体例による負債総額のカットの説明は、清算価値基準を考慮していない説明です。

最低弁済額は、個別的な事案により異なります。
借金問題でお悩みの方は、まずは、当事務所にご相談下さい。

 

当事務所について

代表弁護士 辻井 康喜

お陰様で、弁護士業務を開始して15年が過ぎました。

1.当事務所の強み
当事務所は、平成18年に設立してから、借金問題に関して1000名以上の相談実績があり、また、500名以上の借金問題を解決しており、借金問題を解決する豊富な経験と実績があります。
また、裁判所から破産管財人にも選任されており、破産管財人としての経験も有しています。

今までの過払い金請求、任意整理、自己破産申立、個人再生申立のみならず破産管財人としての経験を活かして、ご依頼者の方の借金問題を解決して、ご依頼者の人生の再出発をお手伝いしていきたいと考えています。

2.当事務所の特色
① 必ず弁護士が面談して事件を受任しています。
当事務所は、設立以来、手続きをお受けする際、必ず、弁護士がご依頼者の方と面談をして債務整理の方針を決定しております。
お会いして直接お話をした方が、よりご依頼者の方の意向に沿った解決が図れると考えているためです。

インターネット等のやりとりで事件をすすめ、一度も依頼者とお会いしないで事件を処理することをしてこなかったのは、そのような理由からです。

②地元密着の事務所です。
当事務所の依頼者の方は、滋賀県の方が大部分です。
当事務所は、地元密着型の事務所です。

③当事務所は、過払い金請求・個人再生等個人の方の債務整理に豊富な経験があります。
当事務所は、滋賀県内では、比較的多くの過払い金請求・個人再生事件・破産事件・任意整理を取り扱っており、借金問題解決に豊富な経験があります。

アクセス

大津法律事務所
■電話受付
平日9:30~18:30

■駐車場について
ご来所いただいた方には、事務所近くの駐車場の利用券をお配りしております。
東海道草津駅口を降りてすぐ、ご利用いただきやすい場所にございますので、お車の方もお気軽にご来所ください。

ご契約までの流れ

Step
1
お問い合わせ

まずはお気軽にご連絡ください。 
TEL:077-569-5155(受付時間 平日9:30 〜 18:30)

メールの場合はお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせフォームはこちら

Step
2
弁護士との面談

弁護士が親身になって相談者の方のお話をお伺いさせていただきます。
ご相談いただいた内容を基に最適な解決策をご提案させていただきます。

相談者の方にわかる言葉で丁寧にご説明いたしますので、ご安心ください。

Step
3
方針の決定と委任契約
弁護士から問題解決に向けた説明をお聞きしていただき、依頼していただいた際に、当事務所との間で委任契約を結んでいただきます。

解決に向けて一緒に前進していきましょう!
Step
3
方針の決定と委任契約
弁護士から問題解決に向けた説明をお聞きしていただき、依頼していただいた際に、当事務所との間で委任契約を結んでいただきます。

解決に向けて一緒に前進していきましょう!