【音羽屋-オトワヤ】広島のブロンズ像・銅像の修復クリーニング

文化財の保存方法に
則った工法を
ご存じですか
【原点に立ち返るためのお手伝い】

千田廟公園様 千田県知事像

像を傷めず
美しさが長持ちして
コストも少ない

銅像・ブロンズ像に込められた想いは、後世まで伝えていきたい大切なものです。

ラッカーやペンキなどで塗っただけでは、すぐに剥がれ落ちたり傷んだりしてしまいます。

文化財の保存方法として推奨されている工法を行います。
ブロンズ像

建設当時の想いが
よみがえる

銅像・ブロンズ像には、建設当時の想いが込められています。何年、何十年も経って、受け継いでいきたいその想いは原点です。

本来の美しい姿に戻ったとき、現在そこに集う皆様も原点に立ち返り、心をひとつにすることができるでしょう。そんなお手伝いを、私たちはさせていただいております。

設立記念、創業記念などの節目となる記念日に合わせて、クリーニングされるケースが多くあります。
大切な日を迎えるにあたり、銅像・ブロンズ像を美しくしませんか。

修復実例

他にもたくさんの実例を
サイト下部に掲載しております。
大和ミュージアム ネプチューン像
大和ミュージアム様
ネプチューン像
広島県呉市、大和ミュージアム前にある、ネプチューン像。酸性雨と強い日差しの影響により、劣化した部分を洗浄、並びに付着物の剥離をして、着色を施しました。
大和ミュージアム ネプチューン像 足場
足場の設置
大きな像には足場を組ませていただきます。周囲への配慮を十分に行いながら、安全に作業いたします。
オトワヤ代表
安心と安全
オトワヤの代表が、打合せから現場の作業まで、全て一貫して責任をもって進めます。作業中はいつでも現場におりますので、ご安心いただけます。
オトワヤ代表
安心と安全
オトワヤの代表が、打合せから現場の作業まで、全て一貫して責任をもって進めます。作業中はいつでも現場におりますので、ご安心いただけます。

施工詳細

クリーニングの特徴
当方では、乾性油に緑青顔料粉末を配合した塗料を使用いたします。

これにより、素材を活かした着色が可能になります。また、この施工は文化財の保存方法に則った工法になります。

ウレタンやラッカーなどの
塗料を使用しないことによるメリット

1.ベッタっとした仕上がりにならない
風合いが残り、安っぽくなりません。

2. 経年での剥離がない
他塗料は密着によってはバリバリに剥がれることがあります。

3.前回塗装した塗料の剥離作業の必要がない
屋外の銅像は酸性雨の影響を受けるため、筋や色むらが出てしまいす。
その為、再度の塗り直しは必須となり、その際に剥離の手間がかからない乾性油による塗装をお勧めしております。

4.剥離作業の必要がない為、銅像の素地を傷めつけることが少なく、銅像に優しい工法です。

文化財の保存方法として
推奨されています。
クリーニングの方法
1.洗浄&付着物の剥離作業
2.錆抑制済塗布
3.着色(乾性油に緑青顔料粉末を配合
※自然乾燥のため好天時での作業が必須となります。

天然素材を活かして着色をする事で、風合いを残しつつ色を戻していきます。

クリーニング後の経過
経年によって乾性油が薄まっていく為、徐々に色は落ちていきます。

また、像の設置状況(日当たり、車両通行量、近隣施設)と天候(降雨量や風雪)により、
経過年数や状態に変化はございますので、ご了承ください。
クリーニングの方法
1.洗浄&付着物の剥離作業
2.錆抑制済塗布
3.着色(乾性油に緑青顔料粉末を配合
※自然乾燥のため好天時での作業が必須となります。

天然素材を活かして着色をする事で、風合いを残しつつ色を戻していきます。

お見積もりはお気軽に

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

ご挨拶

音羽屋 代表
私たちは、お客様の本(もと)に
繋がるお手伝いをします。
私どもは、メインは「音羽屋」の名前で、お仏壇やお仏像の修復・洗浄を行っています。

この日本には、すばらしい「伝統」が数多くございます。
歌舞伎 能 狂言 焼き物 塗り物 舞踊 茶道 華道 …これら「伝統」の中には、先人から教わる沢山の学びが詰まっています。

そして、長い歴史のなかでつくり上げられた美しさが具わっています。
その美しさとともに生き、古くからの風習・慣習を後世に受け継いで行くことが「伝統」の意味ではないでしょうか。

ブロンズ像にも同様の事が言えると思っています。
建設当初に込められた想い、伝統が、その施設、企業様に、受け継がれていくためのものと思います。

その「伝統」を遺していくことを使命にお仕事をさせていただいております。

本来のお姿で綺麗に長くあるために、 これからも工夫と努力を日々重ねていきます。


音羽屋(オトワヤ) 山縣 俊二
音羽屋 メインホームページへ バナー

会社概要

会社名 音羽屋(オトワヤ)
代表者名 山縣 俊二
所在地 〒730-0847
広島県広島市中区舟入南3丁目13-1
電話番号 082-231-3721
FAX 082-942-0526
メール s.yamagata0215@gmail.com
事業内容 お仏壇の洗浄と修復
寺院関連の洗浄と修復
お仏壇・仏具の販売
ブロンズ像のクリーニング
上記に関わる一切の業務全般
音羽屋
メインホームページ
https://otowaya-web.jp/
電話番号 082-231-3721

修復事例
写真はクリックすると大きくなります

大和ミュージアム様 ネプチューン像
  大和ミュージアム様
ネプチューン像

酸性雨と強い日差しの影響により、劣化した部分を洗浄、並びに付着物の剥離をして、着色を施しました。


株式会社ミツトヨ様 志和工場 創業者寿像
株式会社ミツトヨ様
志和工場 創業者寿像

当方がクリーニングをするよりも数年前に事業所の方がご自身で塗装しておられました。その時の塗装の密着が弱り、全体的に剥離が出て、ボロボロと剥がれている状態でした。その為、全体の塗装を剥離した後に乾性油による着色をして仕上げております。

・高1450㎜×巾1020㎜×奥1250㎜
・施工費450,000円
(税別、全体剥離込み、足場代別途)

株式会社ミツトヨ様 郷原工場 創業者胸像
株式会社ミツトヨ様
郷原工場 創業者胸像

設置当初の状態でしたので、洗浄並びに付着物の剥離のみで着色を施しました。

・高540㎜×巾460㎜×奥460㎜
・施工費200,000円
(税別、別文字盤込み)

広島市信用組合様 本店前 観音像
広島市信用組合様
本店前 観音像

酸性雨の影響により、白い大きな筋が像全体に出ている状態でした。洗浄並びに付着物の剥離をして、着色を施しました。

・高2000㎜×巾800㎜×奥600㎜
・施工費380,000円
(税別、別文字盤込み、足場代別途)

個人宅 銅像
個人宅
銅像

別業者による塗装が剥がれてしまい、白い剥がれが多く出ている状態でしたので、前の塗装を剥離した後に着色いたしました。

・高2000㎜×巾800㎜×奥600㎜
・施工費450,000円
(税別、全体剥離込み、合計4体)

千田廟公園様 千田県知事像
 千田廟公園様
千田県知事像

いたずらで赤いラッカー塗装が付着している状態でした。全体の塗装ではなく、赤い部分を研磨して、上から着色でぼやかしております。大型の銅像で、宇品の公園内に設置してあるため風雨にさらされる場所ですが、その後も問題のない状態です。

・高4000㎜×巾1800㎜
・施工費200,000円
(税別、部分修復、足場代別途)

修道学園様 初代校長胸像
修道学園様
初代校長胸像

 
 

北川鉄工所様 創業者像
北川鉄工所様
創業者像
 
 
広島市信用組合様 本店前 観音像
広島市信用組合様
本店前 観音像

酸性雨の影響により、白い大きな筋が像全体に出ている状態でした。洗浄並びに付着物の剥離をして、着色を施しました。

・高2000㎜×巾800㎜×奥600㎜
・施工費380,000円
(税別、別文字盤込み、足場代別途)