刻印

10%オフ!「お父さんの遺言書」申込キャンペーン

お父さんが元気なうちに遺言書を作るほうがうまくいきます。お嬢さん、息子さんからのご依頼につき「お父さんの遺言書」作成を10%割引にて提供します。お父さんに遺言書のプレゼント!、そのお気持ちに応えます。

「お父さんの遺言書」

子供世代ならでは遺言書のお悩み、ありますよね

遺言書は作ったほうがいいの?
お父さんに遺言書を作って欲しいのに、なかなか言い出せない。
遺言書を作ってもらったほうが子どもの私たちも安心。
元気だからまだ早いって言われてしまう。

遺言書の失敗例

  • 「まだ早い」というお父さんの意思を大切にした結果、遺言書を作ろうと思ったときには、「認知症」が進行し遺言書を作ることができなかった事例。
  • 遺言書を作ろうと思ってはいたけれどもすぐには必要ないと放置していたところ、交通事故で頭部に損傷を負い、遺言をすることが出来なくなった事例。
POINT

1

遺言書は、お父さんが元気な今だからこそ作ることが出来るのです。

遺言書を作るには、遺言をする本人の判断能力が残されていることが必要です。交通事故や大病を患わなくても加齢によって人の判断能力は徐々に失われ、4人に1人が認知症になると言われています。認知症になってから作った遺言書は、相続人のトラブルの原因となる可能性も高く、裁判になった事例もあります。特に最近は、遺言をする人の判断能力についてはしっかりとチェックする傾向にあり、少しでも判断能力に疑いがある場合には公証人役場でも遺言書を作ることはできません。

だからこそ、お父さんが元気なうちに遺言書を作る必要があるのです。

安心した老後を送り続けるために!
「お父さんの遺言書」を作ってみましょう!

「お父さんの遺言書」は、
相続問題解決コンサルタント
行政書士阿部総合事務所がお手伝いします!

行政書士阿部総合事務所代表、
行政書士阿部隆昭です。

地域の高齢者支援に取り組む東京都北区赤羽の行政書士です。
地域ささえあい活動や認知症カフェなどに参加しています。高齢者と直接ふれあうことで問題を顕在化し、解決を支援しています。

相談予約はこちら

POINT

「お父さんの遺言書」はまるごとお任せ

遺言書のお悩みは「行政書士阿部総合事務所」にまるごとお任せ!
お父さんに豊かな老後を送ってもらいましょう。

行政書士阿部総合事務所が選ばれる理由

経験豊富

行政書士阿部総合事務所は、相続関連業務について18年の経験があります。遺言書を作る必要があるかどうかの判断も正確かつスピーディーに行うことが可能です。

ていねい

丁寧なヒアリングにより、遺言をする方の真意を汲み取り、人生最後の意思表示にふさわしい遺言書となるようなアドバイスをさせて頂きます。

正 確

遺言書が効力を発生するのは、遺言をした方が亡くなった後です。それだけに正確で間違いのない遺言書を作ることは、相続人の間の無用のトラブルを避けるためにも絶対に必要なことです。

このような方々から多くのご依頼をいただいております。

  • 遺言書を作ることで老後の安心を得たい方。
  • 家族の生活の安心のためにお父さんに遺言書を作って欲しい方。
  • 渡したい財産を確実に相続させたいと思っている方。

「お父さんの遺言書」作成報酬

【遺言書作成基本報酬】

120,000円(消費税抜)

※基本報酬に含まれているもの。
1.公正証書遺言の証人2人分の費用(通常1人につき15,000円)
2.遺言書の案文作成のための戸籍謄本等の資料収集報酬(通常、戸籍1通につき1,500円)

※基本報酬に含まれておらず遺言書完成時にお支払いただくもの。
1.戸籍謄本等の資料収集のために役所に支払う実費(現在戸籍謄本1通450円、除籍謄本1通750円)
2.役所、公証人役場、ご依頼者様宅への交通費実費又は郵送実費

※基本報酬に含まれておらず、公証人に支払うもの。
1.公証人手数料 
   (遺言書に書く財産の金額によって異なります。遺産の額が3,000万円の場合は、5万円程度です。

POINT

ご利用頂いたお客様からの声

お父さんの遺言書を作られたBさん(52歳女性)
「そもそも父に遺言書が必要なのかどうか」から分かりませんでした。しかし、相続関係も複雑ですし、遺言書を書いてもらわなければ、私たち家族の生活がどうなるかも不安でしたので行政書士阿部総合事務所さんにお願いしました。
私たちの家族の事情を話しながらも、正確に状況を把握され、その場でお父さんに書いてもらう遺言書の案も出して頂きました。

といっても、実際に遺言書を書くのは父ですので、とりあえずこういう先生がいるよと伝え、会ってもらうことにしたのです。
それまでいくら言っても難しい顔をしていた父も、最初の面談の内容を伝えると安心したようでした。その後は、トントン拍子に話がすすみ、私が遺言執行者として公証人役場で遺言書を作ることになりました。
父も安心しておりますが、私たち家族の生活の基盤が確保されたのが何よりも嬉しいです。

阿部先生には本当に助けて頂きました。父が認知症になった際には成年後見人になってもらおうと思っています。




POINT

ご利用までの流れ

STEP

1

問合せ

まずは「電話」 or 「問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。
相談希望の日時をお聞かせください。
※相談は事前予約制です

STEP

面 談

家族関係を表したメモを持って当事務所にご来所ください。
※戸籍謄本や不動産登記簿謄本など資料をお持ちいただくと相談時間の節約になります。

STEP

3

お父さんと面談

※遺言書を作るには、遺言書を作るお父さまご本人との面談が必要です。面談の際に、遺言書の内容をヒアリングし、公正証書遺言に適した文章に調整してます。
※お父さまの本人確認のために身分証明書のコピーを頂戴します。

STEP

4

遺言書の案文のご確認

※STEP3でヒアリングした事柄をもとに、遺言書として記載すべき内容を行政書士阿部総合事務所が作成します。作成した遺言書の案文をお父さまに確認していただき、公証人との面談に備えます。

STEP

5

公証人役場で遺言書の作成

※お父さまの住所地の最寄りの公証人役場で遺言書の作成を致します。
※時間は1時間ほどで終了します。
※公正証書遺言を作るために必要な「証人」は、行政書士阿部総合事務所でご用意いたしますのでご安心ください。

STEP

6

基本報酬の支払い

※遺言の作成には、①公証人に支払う手数料と②行政書士に支払う基本報酬があります。
※公証人に支払う手数料は、公証人に現金でお支払ください。
※行政書士阿部総合事務所に支払う基本報酬は、遺言書の作成業務が終了しだい現金又は振込でお支払頂きます。

STEP

1

問合せ

まずは「電話」 or 「問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。
相談希望の日時をお聞かせください。
※相談は事前予約制です

お問い合わせ、相談予約は

050-3638-0876

「お父さんの遺言書」のお問合わせや相談予約はお電話でもお受けしております。外出等で留守番電話になってしまう場合には、伝言を残しておいて頂ければ折り返しご連絡させて頂きます。

行政書士阿部隆昭プロフィール

ミッション

行政書士阿部総合事務所、代表行政書士阿部隆昭です。
高齢者の尊厳ある暮らしを実現するために、行政書士資格を使って地域の高齢者支援に取り組んでいます。

行政書士阿部総合事務所の場所

事務所概要

社名 行政書士阿部総合事務所
所属 東京都行政書士会 申請取次行政書士
代表者 行政書士 阿部隆昭
所在地 〒115-0045 東京都北区赤羽1-59-9-204
【赤羽駅】
・JR線赤羽駅東口から徒歩7分
【赤羽岩淵駅】
・地下鉄赤羽岩淵駅2番出口から徒歩2分
所在地 〒115-0045 東京都北区赤羽1-59-9-204
【赤羽駅】
・JR線赤羽駅東口から徒歩7分
【赤羽岩淵駅】
・地下鉄赤羽岩淵駅2番出口から徒歩2分