・いつもお一人で食事をされている方
・手作り料理を食べたい方
・食卓を囲むようにみんなで食事されたい方

そんなあなたを歓迎します!

毎月第一金曜日と第四土曜日の19時~開催します。

参加費:3,000円(当日現金で申し受けます。)

ご予約はこちらからお気軽にどうぞ。

運営者より

調理師専門学校卒業後、企業の社員食堂・大学のカフェテリア・学校給食の調理室などで経験を重ね、現在は、障がい者施設の就労支援員をしながら「大人食堂」を運営しています。

「みんなで食事をしたい」という思いは、子どもも大人も変わりません。一緒にご飯を食べる時間と空間は、人々の仲を親密にし、心も体もあたためてくれます。

みんなで食卓を囲み、夢や悩みを話し、ワークやゲームをして過ごす楽しい居場所を作ります。

笑顔ソリューション 村岡恭子

アクセス

最寄り駅 京成千葉線千葉中央駅より徒歩6分
千葉モノレール葭川公園駅より徒歩2分
JR千葉駅東口より徒歩8分
電話番号 043-222-4388
電話の窓口は隣にある丸国質店です。
地図
地図

こんな思いで活動しています。

私は、長女、長男、次女の3人の子どもの母親です。今はそれぞれに充実した生活を送っている子どもたちですが、中学時代を中心に不登校を経験しています。

長女は中学2年生の2学期辺りから学校に段々行けなくなりました。朝起きると気持ちが悪くなり、お昼過には治まってくるようでした。クリニックを受診すると起立性調節障害と診断されました。

自分の子がまさか不登校になるとは・・・戸惑いました。

ネットなどで調べると、無理やり行かせても仕方がないとのことだったので慌てず構えるよう努めましたが、昼まで寝ていられるとイライラもしました。中学3年の進学が決まってからは少しずつ行けるようになり、卒業式は参加できました。しかし、入学できた高校でも1年の時はやはりなかなか学校に行けなかったです。

長男も中学1年2学期から不登校となり、フリースクールに通いました。3年の進学が決まると教室に行けるようになり、卒業式は参加できました。希望をもって入学した高校でしたが、部活の折り合いが悪く2年の時はほとんど行けなかったです。

次女は中学1年の3学期から不登校になりました。解離姓同一障害を患ってしまい、一時期は入院するほどでした。

子どもたちがこうなってしまったのは自分の育て方が悪かったのでは・・・と自分を責める日々でした。

辛かったのは周りに相談できる人がいなかったことです。深い悩みほど、なかなか相談できないもの。共感してもらえないことで、より悲しくなるからです。夫とも意見が合わないことが多く、最終的には離婚を選択しました。

しかし、そんな状況を脱することを決意。

まずは、子どもたちの気持ちを理解したい!との想いから、実践心理学NLPを学びました。物事の捉え方を変えることにより、子どもたちへの声掛けも変わっていきました。そして、事態は少しずつ好転していきました。

現在では、長女は高校を無事に卒業し、夢を持って働いています。長男も無事に高校を卒業し、大学に進学しました。次女は高校進学、転校を経て、今は生徒会活動に参加するなど充実した生活送っています。

そして私は、同じような悩みをお持ちの方に寄り添いたいと思い、『笑顔ソリューション』と名付けて活動を始めました。不登校の子どもの親として様々な経験をし、そこを乗り越えた私ができることを、ひとつひとつ重ねてまいります。
『笑顔ソリューション』では、大人食堂の開催のほか、不登校相談カウンセリングの活動をしています。

今、悩まれている方たちに、少しでも苦しみから解放されてほしい。

そんな想いで、不登校・子育てのお悩みをお聞きし、解決へのヒントをお伝えします。
こんなお悩み
ありませんか?

子どもとの接し方が分からない

自分の育て方が悪いと、自分を責めてしまう

誰にも話せず苦しんでいる

経験者に話を聞いてほしい

考えの整理がしたい

経験者の話を聞きたい

対応の後押しが欲しい

夫婦関係がうまくいってない

笑顔を取り戻したい

自分らしく生きたい

このような思いをお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。

カウンセリング料金

60分:6,000円
120分:12,000円
(税込)

対面の場合、東京駅もしくは千葉駅の近辺の落ち着いたカフェなどで実施します。

Zoomカウンセリングも可能です。

お問い合わせフォームよりご希望をお知らせください。折り返しお返事いたします。

・表示以外の料金は発生しません。事前お振込み・対面の場合は現金で頂戴します。

・前日・当日にキャンセルの場合は、キャンセル料金を申し受けます。(前日50%・当日100%)それ以前の日程変更については、ご相談ください。

・領収書をご希望の方はお知らせください。