幼稚園・保育園経営者の皆さまへ
音楽体験教室「おとあそび」のご紹介

正課・課外で導入いただける、音楽で子どもの心を育てるNPOみんなのことばの新しいプログラムです。

お問い合わせ・資料請求

「おとあそび」とは

感性は、6歳までに80%以上成長します。
幼児期の感性を引き出し育てる参加型クラシックプログラム「みんなのコンサート」を、これまで800以上の幼稚園・保育園等へ届ける、音楽で子どもの心を育てる専門家である「NPOみんなのことば」が、音楽プログラムをつくりました。

その名も、

音楽体験教室「おとあそび」
年間を通して継続的に参加することにより、一番大切な時期に、心と感性を育てる新しい形の音楽体験教室です。
「おとあそび」3つのねらい
音楽体験教室「おとあそび」は1回45分間。
20~30人を対象として、ピアノのあるお部屋でおこないます。

音楽教室やリトミックの良いところをあわせた、音楽ワークショップ。

子どもの心を育てる「3つのねらい」をご紹介します。

音に触れる

プロの音楽家による生演奏を全身で感じ、聴くことで集中力・感受性・情操を育みます

想像して、創造する

「この音はどんな音?」
聴こえてきた音から想像し、それを自分だけの音楽に創造することで、豊かな表現力を身につけます

みとめあう

それぞれが表現する音楽に間違いは存在しません。
みんなで「おとあそび」をすることで自信や協調性が育ちます

講師について

メイン講師:なつき先生(坂本夏樹)

音楽ワークショップなどの知識を生かし、ピアノと歌、タンバリンのほか、様々な工夫を凝らして、子どもたちが五感を使って音楽に触れる体験を提供しています。

坂本夏樹プロフィール:
東京音楽大学大学院修了。ピティナ・ピアノコンペティション東北本選第1位、全国大会入選。上野学園大学マイケル・スペンサープロジェクトによる音楽ワークショップ・ファシリテーター養成講座、英BBC交響楽団による音楽ワークショップトレーニング等に参加し、幼稚園等での音楽ワークショップも多数開催している。

ゲスト講師:
NPOみんなのことば アーティスト

これまで10万人以上へ届けている、子どものための参加型クラシック「みんなのコンサート」で活躍するプロのアーティスト。オーケストラなどで活躍する音楽家から、オーディション、研修を経て選ばれ、活躍しています。
「おとあそび」では、フルート、ヴァイオリン、チェロのおにいさん、おねえさんが1名、ゲストで登場します。

先生たちの声
2016年度に「おとあそび」を正課で取り入れていらっしゃる、千葉県松戸市の栴檀幼稚園の先生にご感想をうかがいました。
  • 体を動かしてリズム遊びをするプログラムなので、子どもたちの口から素直に“おもしろい”や、“たのしい”という声が、おとあそび中に何度も耳にできました。
    おとあそびに参加している顔も、体を動かすときはニコニコで楽しくて“キャー”なんて声まで出たり、ピアノやフルートを聴いているときも演奏する先生のお顔を静かに見たり音を聴いていたり、素晴らしいと思います。(年長クラスの担任の先生より)
  • 音の表情の変化で動きを変えるのはとても興味があるようで、教室でもマネしたりしています。
    落ち着きのない時や動かない子どもがいても優しく見守ってくださってので、1年が終わるくらいには先生のお話しが聴けるようになり、参加しない子どももいなくなり、いつのおとあそびの時間も子どもたちのワイワイキャーキャー楽しそうな声がホールに響くようになりました。(年少クラスの担任の先生より)
  • 体を動かしてリズム遊びをするプログラムなので、子どもたちの口から素直に“おもしろい”や、“たのしい”という声が、おとあそび中に何度も耳にできました。
    おとあそびに参加している顔も、体を動かすときはニコニコで楽しくて“キャー”なんて声まで出たり、ピアノやフルートを聴いているときも演奏する先生のお顔を静かに見たり音を聴いていたり、素晴らしいと思います。(年長クラスの担任の先生より)
正課/課外を問わず、まずはお問い合わせください。

クラス編成・回数・カリキュラム・ご予算など、ご希望をうかがってスケジュールを作成します。
また、お試し体験も受け付けています。

幼稚園・保育園の新しい特色として、どうぞご検討ください。