東京都文京区大塚2-1-1
お茶の水女子大学

お茶の水女子大学
競技プログラミングサークル
O-tips

2019年5月発足
お茶の水女子大学で活動している非公認競技プログラミングサークルです
ICPC予選突破を目指して、日々競技プログラミングに勤しんでいます!
毎週木曜日お茶大にて活動中です(来春からは月曜17:00-20:00の予定です)

現在の構成員は理学部情報科学科ばかりですが、学部・学科問わず広く募集しています!
(※インカレサークルではありません、お茶大生のみ募集しています)

お知らせは主にTwitterで行なっています
兼サー、初心者大歓迎!
興味のある方は問い合わせフォーム、下記メール、またはTwitterDMへよろしくお願いします

競技プログラミングって?

競技プログラミングでは、参加者全員に同一の課題が出題され、より早く与えられた要求を満足するプログラムを正確に記述することを競う。コンピュータサイエンスや数学の知識を必要とする問題が多く、新卒学生の採用活動などに使われることもある。(wikipediaより引用)
弊団体では、以下のAtCoderというサイトを用いて国際大学対抗プログラミングコンテスト(ICPC)に向けて練習を重ねています。

競技プログラミングはこんなところで役立つ

  • ゲーム感覚でプログラミングが勉強できる!プログラミングスキルはなんか今後の社会、必要そうじゃないですか?楽しいですよ
  • コードをスラスラかけるようになる!競技プログラミングでは問題をコードに落とし込む作業をしています
  • 計算量を気にしながらコードを書くようになる!普段から指定秒数を気にしながらコードを書くので、研究などでもなるべく早いコードを作ろうと頭が勝手に考えるようになります
  • (お茶情の人向け)集中演習のアルゴリズムの問題が楽に解けるようになる!競技プログラミングができれば怖いものはないです、って3年生の先輩が言ってました
  • インターン、入社試験のコーディング面接で有利に! 特に一流企業になればなるほどコーディング面接は入ってきます、就活で一歩リード!

  • コードを読む力がつく! なんだかんだ社会に出て使うのはコードを書くより読む力だそうで、競技プログラミングは読む力が鍛えられます
  • コードをスラスラかけるようになる!競技プログラミングでは問題をコードに落とし込む作業をしています

JOIN US!

私たちと一緒に競技プログラミングをしませんか?
O-tipsは随時メンバー募集中です!
君も競プロerになろう!

お知らせ・活動報告

2020/02/15CODE-RAVE vol.2に登壇します

頑張ります!

2020/01/21・CODE-RAVE vol.1に参加しました

とても楽しかったです!

お問い合わせフォーム

入会、ご意見、お仕事、その他お問い合わせはこちら、もしくは上記の連絡先へよろしくお願いします。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信