「おそうじ本舗」資料請求してみたメリット・デメリット

ハウスクリーニングのフランチャイズである「おそうじ本舗」への加盟を考えているため、まずは資料請求をしてみました。

この記事では、資料を読んで感じたおそうじ本舗のメリットやデメリットについて紹介しています。

いつか起業したいと思いながらも、自分には無理だと諦めていた夢を思い起こさせてくれたきっかけが、ハウスクリーニングのフランチャイズである「おそうじ本舗」の資料でした。

私はおそうじ本舗の資料を読んで、この業種で起業したいと本気で思うようになったのです。

なぜならおそうじ本舗の資料には、自分にも高利益を出せるかもしれないと思わせてくれる情報が書かれていたからです。

おそうじ本舗での起業を考えている人のなかには、なかなか最初の一歩を踏み出せないという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はそんな人のために、実際に資料請求をした私の体験談と、資料を読んで感じたおそうじ本舗のメリットやデメリットについてお話ししていきます。

      簡単1分入力!まずはここから!

「おそうじ本舗」の資料請求をなぜ選んだか?

なぜハウスクリーニングのフランチャイズを選んだか

私は会社員をしていますが、いつか起業したいという密かな夢を持っていました。起業して事業が上手くいけば、お金もたくさん稼げますし、自由な人生を送れると思っていたからです。とはいえ会社員の経験しかなく、何のスキルもない私には、起業は無理だと諦めていました。

しかし今、私はハウスクリーニングのフランチャイズでの起業を本気で考えています。ハウスクリーニングのフランチャイズなら、起業して成功することも夢ではないと思ったからです。

ここではまず、スキルのない私がなぜハウスクリーニングのフランチャイズなら成功できると思ったかをお話ししていきます。

フランチャイズなら起業しやすいと思った理由

私が起業できるかもしれないと思ったのは、フランチャイズというビジネスを知ったことがきっかけでした。

フランチャイズとは、運営本部の看板を借りて、自分の店を開き、経営できるシステムです。

例えばセブンイレブンの店舗には、本部が運営する「直営店」と、加盟者が運営する「加盟店」があります。

加盟店を運営しているのは、セブンイレブンのフランチャイズに加盟した人なのです。

フランチャイズには、素人でも参入しやすい、以下2つのメリットがあります。

  • 本部のブランドイメージを活用できる
  • 運営のノウハウを教えてもらえる

有名な企業とフランチャイズ契約を結べば、その企業の一店舗として自分の店を出せます。

自分で一から店を開いても、知名度がないため集客は大変ですが、すでに有名な企業の看板を借りれば、それだけで集客力は高くなります。

またフランチャイズに加盟すれば、本部から運営のノウハウを教えてもらえるのもメリットです。

自分で一から店を開く場合、独学で経営の勉強をしなければなりませんし、そのやり方が正しいかどうかも判断できません。

しかし本部からノウハウを教えてもらえるのなら、経営の経験がない素人の私でも起業できると思いました。

ハウスクリーニングなら運営資金が安く済む

フランチャイズに加盟して起業することを決めた私は、次にどの業種を選ぶか考えました。

一口にフランチャイズと言っても、コンビニのような小売業や飲食業など、業種は色々あるのです。

色々と調べた結果、ハウスクリーニングの業種を選ぶことにしました。

ハウスクリーニングを選んだ理由は、以下の3点です。

  • 実店舗がいらない
  • 人件費がかからない
  • 在庫を抱えない

小売業や飲食業の場合、開業するには実店舗と土地が必要になります。

しかし私は、このうちどちらも持っていませんでした。

物件を借りることもできますが、その場合、毎月賃料がかかってしまいます。

その点ハウスクリーニングは、実店舗がなくても車一台あれば開業できるということでした。

また小売業や飲食業の場合、自分の他にスタッフを雇わなければならないため、人件費もかかってしまいます。

一方でハウスクリーニングなら一人で開業できるため、人件費もかかりません。

さらに小売業や飲食業では、商品や材料の仕入れをしなければなりません。

商品が予想通りに売れればいいですが、売れなかった商品の仕入れに使ったお金は無駄になってしまいます。

しかしハウスクリーニングは「物」としての商品がほとんどないため、在庫を抱える心配もありません。

このようにハウスクリーニングでは、実店舗の賃料や人件費、仕入れの経費がかからないため、他の業種より高い利益が見込めるのです。

     簡単1分入力!まずはここから!

「おそうじ本舗」の資料請求のメリットは?

資料の問り寄せについて

ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟することを決めた私は、早速加盟する本部を選びました。

私が選んだのは、「おそうじ本舗」というフランチャイズです。

資料請求せずにいきなり説明会に申し込む人も多いようですが、資料請求はしたほうがいいと私は思います。

なぜなら資料請求することには、多くのメリットがあるからです。

ここでは、資料請求することで得られるメリットやデメリットについてお話ししていきます。

資料請求することのメリット

おそうじ本舗から取り寄せた資料には、1冊の小冊子と6枚のチラシが入っており、多すぎず、少なすぎず、丁度いい分量という感想を持ちました。

量が多すぎると読む気が起きませんし、少なすぎると知りたい情報が得られません。

資料請求することのメリットは、知りたい情報を、こうした少ない量の小冊子やチラシから簡潔に理解できるという点にあります。

私は最初、ホームページから情報を得ていましたが、ページが枝分かれしているため、なかなか欲しい情報にたどり着けませんでした。

その点資料には、フランチャイズの加盟を考えている人たちが欲しがるであろう情報が簡潔に記載されていました。

例えばおそうじ本舗のフランチャイズ加盟者の収支モデルや、どんなサポートを受けられるかなどについてなどです。

またホームページと違って、手元に置いておけば、知りたい情報をすぐに確認できるのも、紙の資料ならではのメリットです。

おそうじ本舗の資料に関しては、ホームページに掲載されているのとは別の人の収支モデルや、フランチャイズ相談会に参加した人の声なども掲載されていました。

そのため、すでにホームページを熟読しているという人にも、おすすめです。

先ほどもお話ししたとおり、資料請求をせずに、いきなり説明会に申し込む人も多いと聞きますが、これはおすすめできません。

説明を受けた結果、そのフランチャイズ本部に魅力を感じなかったら、時間の無駄になってしまいます。

そうしたミスマッチを防ぐためにも、まずは資料請求をして、その企業の特徴や加盟することでどんなメリットがあるのかを確認しておいたほうがいいでしょう。

      簡単1分入力!まずはここから!
資料請求することのデメリット

資料請求することには、デメリットもあります。

企業によっては、資料請求してきた人に対して、しつこく勧誘の電話をかけてくることもあるようです。

企業の側からすれば、誰かが加盟すれば、加盟金とロイヤリティが入ります。

そのため、しつこく電話をかけてくるところも多いのでしょう。

しかしこうしたところに加盟しても、本気でサポートしてくれるとは思えません。

資料請求するうえでも、フランチャイズ本部は慎重に選んだほうが賢明です。

その点おそうじ本舗では、しつこい勧誘電話はかかってきませんでした。

そのため、おそうじ本舗への資料請求を考えている人は、安心していいでしょう。

「おそうじ本舗」フランチャイズは良い?

おそうじ本舗のメリット

ここからは、私がおそうじ本舗を選んだ理由について話していきたいと思います。

私がおそうじ本舗を選んだ理由は、加盟することで得られるメリットが大きく、デメリットも許容できる範囲のものだと思ったからです。

ここではまず、私が感じたおそうじ本舗のメリットについて説明していきます。

業界トップのブランドイメージを活用できる

おそうじ本舗の一番のメリットは、なんと言ってもその知名度の高さにあります。

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部はいくつかありますが、そのなかで私が名前を知っていたのは、おそうじ本舗だけでした。

おそうじ本舗はテレビや新聞などのメディアに取り上げられることも多いため、一般知名度も高くなっているのです。

先ほどもお話ししたとおり、知名度の高さは集客力に直結します。

知名度の高いおそうじ本舗の看板を借りて開業すれば、それだけで他のフランチャイズ加盟店よりも集客面で優位に立てるはずです。
フランチャイズのノウハウが豊富

さらにおそうじ本舗の契約店舗は、2018年10月時点で1,400を超えています。

これだけの契約店舗があるのなら、店舗運営のノウハウも相当なものでしょう。

いくら有名なフランチャイズ本部に加盟しても、ノウハウがあやふやでは高利益を出すことは期待できません。

その点おそうじ本舗では、歴史や実績があるため、安心して加盟できるはずです。

研修が充実しているから安心

おそうじ本舗の加盟者は、業界未経験の人が9割を占めています。

にも関わらず、高い利益を上げている人を多数輩出しています。

その理由は、おそうじ本舗の充実した研修制度にあるようです。

おそうじ本舗では、開業前のフランチャイズ加盟者に対して、以下3つの研修をしています。

  • 基礎研修(9日間)
  • 現場研修(2日間)
  • 営業研修(4日間)

基礎研修は、ハウスクリーニングの基本的なノウハウやスキルを学べる研修です。

基礎研修では、これらのスキルを9日間にわたって、みっちり教えてもらえます。

現場研修では2日間、実際の現場に出て仕事をします。

4日間の営業研修では、営業ノウハウはもちろん、経営プランの立案やクレームの対応方法なども教えてもらえるようです。

また開業直後は、本部のスーパーバイザーによる同行サポートも受けられます。

これだけ研修が充実しているなら、未経験から高利益を上げる人が多いのもうなずけます。

      簡単1分入力!まずはここから!

おそうじ本舗のデメリット

ここまでおそうじ本舗のメリットについて説明してきましたが、おそうじ本舗にはデメリットもあります。

ここでは、おそうじ本舗のデメリットについて説明していきます。

開業資金とロイヤリティはやや高め

おそうじ本舗のフランチャイズのデメリットは、開業にかかる費用とロイヤリティがやや高い点にあります。

おそうじ本舗とフランチャイズ契約して開業する際には、最初に以下の費用を本部に支払わなければなりません。

  • 加盟金
  • 保証金
  • 研修費
  • 器材費
  • 開業支援代金
  • システム利用料

開業にあたっておそうじ本舗に支払う、これらの開業資金の合計額は259万円です。

またフランチャイズでは多くの場合、毎月本部に「ロイヤリティ」と「広告分担金」を支払わなければなりません。

ロイヤリティは、本部の看板を借りるかわりに毎月支払うお金のことを指します。

広告分担金は、フランチャイズ本部の広告宣伝費の一部です。

フランチャイズに加盟すると、多くの場合、加盟店は毎月、フランチャイズチェーン全体の広告宣伝費の一部を負担しなければならないのです。

おそうじ本舗では、ロイヤリティが月60,000円、広告分担金が月20,000円に設定されています。

他のハウスクリーニングのフランチャイズをチェックしてみると、おそうじ本舗より開業資金やロイヤリティが安いところもありました。

しかし開業資金やロイヤリティが安いところは、どれも私が聞いたことのない企業ばかりでした。

いくら開業資金やロイヤリティが安くても、売上が上がらなければ意味がありません。

そのため私は、多少お金がかかっても、おそうじ本舗を選ぶことにしました。

おそうじ本舗の知名度の高さを考えれば、開業資金やロイヤリティの料金は、充分許容範囲だと判断したのです。

まとめ

会社員をやりつつも、起業して自分の店を持つのが私の密かな夢でしたが、何のスキルも持たない私が起業するのは、まさに夢物語でした。

しかしハウスクリーニングのフランチャイズなら、私の夢が叶うと思いました。

ハウスクリーニングは他の業種に比べて経費がかからないため、高利益が期待できます。

さらにフランチャイズという仕組みを使えば、既存のサービスの看板を掲げられ、本部からサポートも受けられます。

特に私が選んだおそうじ本舗なら、知名度が高く、サポートも充実していますから安心です。

興味があるという人は、まず資料請求して、私のようにおそうじ本舗の魅力に触れてみてはどうでしょうか。

      簡単1分入力!まずはここから!