「おそうじ本舗」フランチャイズ(FC)の仕組みは?失敗しないための対策も

最近人気なのがハウスクリーニングのフランチャイズでの独立。市場は右肩上がりの成長が期待されているにも関わらず、実は競合が少ないという穴場のビジネスでもあるんです。中でもダントツ人気の「おそうじ本舗」のフランチャイズの仕組みと失敗しないための対策を徹底的に深堀してみるので是非参考にされてください。

一昔前まではフランチャイズで独立というとコンビニが主流でした。最近は、さらに一歩先を行く、ライフスタイル系でのフランチャイズで独立を目指す人が多いようです。特にオススメなのが、ハウスクリーニングの分野。女性の社会進出が進み、共働き世帯が増加することによってライフスタイルの変化が起こり、仕事にプライベートに忙しい現代人が時間をお金で買う感覚で「家事を外注する」ということが一般的になりました。

また、高齢化社会やアレルギーなどの健康問題も今後増加に一途を辿ると言われているため、家事代行サービスへの需要は今後さらに高まっていくと期待されています。ハウスクリーニング市場は右肩上がりの成長が期待されているにも関わらず、実は競合が少ないという穴場のビジネスでもあるんです。

ハウスクリーニングのフランチャイズの中でもダントツ人気の「おそうじ本舗」のフランチャイズの仕組みと失敗しないための対策を徹底的に深堀してみるので是非参考にされてください。

おそうじ本舗のフランチャイズが選ばれる理由

まずは、おそうじ本舗の魅力をまとめてみたいと思います。
業界最大級のフランチャイズチェーン

おそうじ本舗の店舗は全国に1407店舗(2018年10月現在)もあります。全国47都道府県で展開する、業界最大級のフランチャイズチェーンなのです。

ハウスクリーニングは、一般家庭に入って行うサービスなため、「知名度の高さ」「業界最大級だからこその安心感と信頼」というのがお客様に選ばれる大きな理由になります。

また、店舗の数だけ実績やノウハウが蓄積されているので、組織力でより高いサービスをお客様に提供することができます。おそうじ本舗のフランチャイズでは、個人事業主では絶対に得ることができないブランド力とノウハウをフル活用できるのが魅力です。

9割以上が未経験からのスタート。女性お一人様での開業も

おそうじ本舗であれば、未経験からの独立開業も可能です。実際に、新規オーナーの約9割が未経験からの開業。おそうじ本舗では開業前に15日の研修を実施し、そこでオーナーは全ての技術とサービスを学ぶことができます。

また開業後も、経験豊富なスーパーバイザーが実際に現地まで訪問しビジネス運営やスキルアップなどあらゆる面で徹底的にサポートするという体制が整っています。

安心できる本部のフルサポートがあるから、ハウスクリーニング業界が初めてという人もフランチャイズ開業が初めてという人も未経験からの独立開業が叶うんです。

また、ほとんどのオーナーはお一人様での開業が多く、その中でも2割程度は女性オーナーが占めているとのこと。お客様が一般家庭の主婦である事も多いので、女性オーナーであるということが利点につながりやすいのも特徴です。

営業利益70%以上という高利益率
おそうじ本舗は「クリーニング」という技術を売りにしており、仕入れが潜在などの消耗品だけで済むので粗利が95%で、営業利益70%という高利益率を誇ります。コンビニなどの小売店のように在庫を抱えるリスクもないので、「儲かるフランチャイズ」というのがおそうじ本舗のフランチャイズの最大の特徴とも言えます。

おそうじ本舗のフランチャイズの仕組み

おそうじ本舗の3つの特徴を理解した後は、早速おそうじ本舗のフランチャイズの仕組みを見てみたいと思います。

おそうじ本舗のフランチャイズの仕組み

おそうじ本舗のフランチャイズ加盟条件と収支モデル

おそうじ本舗のフランチャイズ契約は20歳から65歳位までの個人が対象となります。必要なのは普通免許で、学歴や性別は不問。法人も対象となりえます。契約期間は2年間で、開業の場所は全国47都道府県が対象となります。

気になる初期費用(開業資金)ですが、個人の場合は加盟金20万円、保証金20万円、研修費44万円、機材費155万円、開業支援チケット5万円、システム使用料15万円などを合わせて合計が約260万円。(金額は全て税抜き。法人の場合は、別途必要な費用があります。)ロイヤリティは6万円、広告分担金は2万円です。(どちらも税抜き。ロイヤリティは開業月から発生します。)

また、毎月の収支ですが、開業して1年経過したオーナーのモデルをご紹介します。開業してすぐにこの数字を実現することは難しいですが、オーナーの努力と本部のフルサポートがあればこの数字は実現が可能とのこと。

フランチャイズ開業を考えている人が一番きになるのがお金周りのこと。しっかりと理解して不安を解消するためにも、まずは資料請求をして資料を読み込んだ上でセミナーに参加してみることを強くオススメします。

おそうじ本舗のフランチャイズ契約の流れ

おそうじ本舗のフランチャイズ契約の中身が分かったので、次はフランチャイズ契約の流れの概要をご紹介したいと思います。

まず、開業までの流れをご説明します。最初に説明会に参加します。ハウスクリーニング業界の最新動向や本部のサポート内容、オーナーの収支などの詳しい説明を聞くことができます。フランチャイズ加盟への決意が固まったら、次は申し込みです。申し込み後。加盟審査をパスすると次は、面談を経てフランチャイズ契約の締結となります。

契約締結できたら、おそうじ本舗の研修に参加することができます。研修は約15日間で、まずはサービスの基礎的なスキルやノウハウを学ぶ9日間の基礎研修から始まり、実践的な現場研修を2日間行った後、広告宣伝や営業スキル、経営スキルなどを学ぶ4日間の営業研修を行い終了式を迎えます。

終了式で、おそうじ本舗発行のライセンスカードと終了証書を授与されたら、いよいよ開業。開時も開業してからも、本部のフルサポートが続くので安心して営業を行うことができます。

おそうじ本舗本部のフルサポート事例

おそうじ本舗のフランチャイズ契約の中身と契約から開業までの流れが見えてきましたね。でも、本部のフルサポートって具体的にどんなもの?と感じた人も多いかと思いますので、具体的な事例を紹介したいと思います。

  • おそうじ本舗オリジナルの研修体制
  • スーバーバイザーによる開業後のサポート体制
  • おそうじ本舗フランチャイズ定例総会
  • POSシステム

 

おそうじ本舗オリジナルの研修体制

前述のおそうじ本舗フランチャイズ契約の流れでも少し触れましたが、おそうじ本舗では未経験の方でも安心してスタートできるようなオリジナルの研修体制が整っています。研修のカリキュラムは大きく分けて3つ。技術やサービスを学んだ後に、トレーナーと一緒に本部が用意した物件で実践的な研修を実施。その後、礼節やマナーから経営者とて店舗運営に必要な知識を学びます。ハウスクリーニングのフランチャイズを成功させるには、ハウスクリーニングの技術だけではなく店舗運営の経営スキルとお客様対応スキルも必要ですが、おそうじ本舗での研修ではこれら全てをマスターできるのです。

スーバーバイザーによる開業後のサポート体制

スーパーバイザーとは加盟店をサポートする本部スタッフのことですが、おそうじ本舗にはスーパーバイザーは加盟店と常に連絡を取り合って適宜サポートを行うという開業後も万全のサポート体制があります。スーパーバイザーは一緒にアクションプランの作成をしたり、営業の同行や初めての現場への同行、他の加盟店との情報交換会の設定、おそうじ本舗の新サービスの講習会の実施など、オーナーの営業活動をバッグアップしてくれるので未経験の方でも安心です。

おそうじ本舗フランチャイズ定例総会

おそうじ本舗には全国の加盟店オーナーが一同に会するフランチャイズの定例総会があります。そこでは、本部の方針や最新技術、成功事例と失敗事例など貴重な情報が共有できるため、オーナーにとっては効率的な店舗運営を学ぶ大きなチャンス。また、全国各地の加盟店オーナーと会えるので、貴重な同志が得られます。

POSシステム

おそうじ本舗では、顧客管理や商品の発注、見積もり作成、本部との連絡などができる加盟店専用のシステムが導入されています。PCはもちろん、携帯電話からも利用できるので、いつでもどこでも対応が出来てチャンスロスを防げます。

おそうじ本舗のフランチャイズ経営に向いている人

おそうじ本舗のフランチャイズオーナーは未経験からのスタートが大半とのことでした。実際におそうじ本舗のフランチャイズオーナーの前職は、サービス業、製造業、建設業、運送業、飲食業など様々。

異業種からおそうじ本舗のフランチャイズに挑戦した人は、「堅実性」「本部のサポート体制」「仕事のやりがい」を理由におそうじ本舗でのフランチャイズを選んだという人が多いそうです。

確かに、おそうじ本舗は未経験でも活躍できるという万全のサポート体制が整っていて、業界のリーディングカンパニーであるという堅実性もあり、フランチャイズ運営の成功の確度はかなり高そうです。

ですが、それでもフランチャイズに挑戦するのは不安という人もいるかと思いますので、おそうじ本舗のフランチャイズ経営に向いている人を、他のオーナーさんの声などの情報をもとにまとめてみましたので、是非チェックしてみてください。

<おそうじ本舗のフランチャイズオーナーに向いている人>

  • 明るく、社交的な性格をしている
  • 一人でも自由に仕事がしたい
  • 定年後も現役で働いていたい
  • 人に喜ばれるのが自分の喜び
  • ポジティブ思考
  • 仕事に求めるのは収入とやりがい
  • 将来性のある仕事がしたい
  • 安定した仕事をしたい

いかがでしたか?この診断チェックは、おそうじ本舗のフランチャイズオーナーに向いている人の特徴を表していると同時に、おそうじ本舗のフランチャイズオーナーになったらこう変わるという将来像でもあります。

現時点でこの項目に当てはまらなくても、おそうじ本舗のフランチャイズなら万全のサポート体制があるので誰でもこの項目に当てはまるようになれるので安心してください。

ハウスクリーニングフランチャイズでよくある失敗例とその対策紹介

フランチャイズでの独立というのは、本部の万全のサポート体制があるとはいっても、やはり不安もあるかと思います。そこで、ハウスクリーニングフランチャイズで良くある失敗例とその対策を紹介したいと思います。最初に、失敗例とその対策を学んでおくことで、ハウスクリーニングフランチャイズでの失敗のリスクを大きく抑える効果があります。

おそうじ本舗フランチャイズのメリットとは?

お客様から契約を切られてしまった

お客様から契約を切られてしまった原因は、いくつかあります。それはスキルアップする努力をしなかったためにハウスクリーニングの技術が上がらなかった、お客様との信頼関係を構築できなかったなどです。

この失敗例から学べる対策としては、本部が用意する研修だけに頼らずに自身でもスキルアップの努力をすること、お客様との信頼関係を構築するために礼節を守り一つ一つの仕事を丁寧に仕上げることで仕事のクオリティーと実績をあげること。仕事への堅実な取り組みと、本部に依存しすぎない自律的な姿勢があればハウスクリーニングのフランチャイズでの失敗を防ぐことができます。

お客様からのクレームで心が折れてしまった

慣れないうちは、お客様から苦情やクレームもあるものです。苦情やクレームの原因を探らないなど何ら対策を講じなかったら、苦情やクレームはさらに大きくなり、それを受け止めることもできなくなり、フランチャイズの営業は立ち行かなくなってしまいます。

この対策としては、まずはお客様に不満を感じさせないようにしっかりとハウスクリーニングの技術とサービススキルを磨くこと。万が一、クレームが発生した場合は、お客様への事後対応をしっかりしつつ、なぜこの事案が発生したかの原因を探りその原因から仕事内容の改善をして、次に同じ失敗をしないようにすることが大切です。

まとめ

ハウスクリーニングでのフランチャイズは将来性も高く、失敗のリスクヘッジがしっかりとできるのが最大の魅力です。業界大手のおそうじ本舗であれば、知名度も高く本部のサポート体制も万全なので、さらに成功の確度は高まります。是非、参考にしてみてください。