なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

大阪お得格安不動産 08066782915   

気になっている小さな悩みが大きな課題になる前に・・・。まずはご相談ください!

大阪の暮らしやすさを

 
最近、上着の襟元に、17色の円状のバッジを付けているビジネスパーソンをよく見かけるようになりました。これは「SDGs」のバッジであり、付けていることによって「私の働く会社は、SDGsに関連する事業をしている」と、さりげなくアピールしています。

SDGsとは、2015年9月の国連サミットにおいて、全会一致で採択された国際的な目標であり「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称です。エス・ディー・ジーズと発音し、17の開発目標と169のターゲット、232の指標が定められています。国連加盟193か国が2016~2030年の15年間で達成するために掲げたもので、国だけでなく、地方公共団体、企業や学校などが取り組んでいます。

じっくり相談したい方におすすめです。
近隣の会場をご案内いたします!

スキルアップのための講座案内

2022年までにSDGsに対する成果報告を行う予定です。ここでは、ほとんどの子供たちが学校で学び、広く浸透してきているSDGsの目的や、建設業界の先端技術を駆使した取り組み、企業が熱心に取り組む理由などを詳しく解説します。

SDGsとは、2015年9月の国連サミットにおいて、全会一致で採択された国際的な目標であり「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称です。エス・ディー・ジーズと発音し、17の開発目標と169のターゲット、232の指標が定められています。国連加盟193か国が2016~2030年の15年間で達成するために掲げたもので、国だけでなく、地方公共団体、企業や学校などが取り組んでいます。

建設業界は、地域の人が安心して暮らせる社会をつくるために住環境の整備やまちづくり、インフラ構築、省エネ、環境保護などに取り組んでいるので、事業の理念そのものがSDGsに合致していると言えるでしょう。国際的な目標であるSDGsへの取り組みは、経営方針や日常業務を見直すきっかけとなり、継続的な事業戦略、企業イメージの向上、新規事業の創出などにつながります。