プログラマやエンジニアとして仕事をこなせるレベルで、プログラミングスキルを向上させたい!
でも独学では挫折してしまう・・・
【オオサカプログラミングスクール】は、実践的なカリキュラムで効率よく学べる少人数制のスクール。
平日夜と週末に開講、社会人の方も気軽に学べます。

〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-18-17モトバヤシビル2F
地下鉄鶴見緑地線 西大橋駅 4番出口 徒歩1分
地下鉄四つ橋線  四ツ橋駅 4番出口 徒歩5分
講師は全員現役
エンジニア!

今すぐ申し込む

こんなお悩みありませんか?

早く仕事ができるレベルになりたい
独学では限界を感じる
一緒に学べる仲間がほしい
スキルアップしたい

こんな方が対象です

21歳・女性・就活生「プログラミングスキルをアピールして、就活を有利に進めたい!」「IT業界に興味があるけど、正直どういう世界なのかイメージがつかないなぁ・・」
30歳・女性・事務職「新しい部署で動的なサイトの構築をするよう業務命令がくだった」「スキルアップして評価をあげて給与アップにつなげたいけど、スクールに通うと高いしなぁ・・」
24歳・女性・営業職「今の会社は給料が安く、今後も昇給の見込みが薄いので、長く勤める気がない」「かといって、ヘタに転職してブラックな会社に入ったら嫌だし・・」
34歳・女性・専業主婦「子育ての合間に仕事をしたいけど、田舎なのでパート時給が安いし、近所に融通の効く仕事がないなぁ・・」「自宅で割のいい仕事ができればいいんだけど・・」
19歳・男性・大学生「アプリを作って一儲けしたい!」「でもどうやってアプリ作ったらいいかわからない。どうしよう・・」
27歳・男性・起業志望家「社会人としての経験はひととおり積んだから、IT/web系で起業したい!」「試しに独学でかじってみたけど、挫折してしまった・・」
23歳・男性・SE内定者「全然プログラムやったことないけど、SEに内定してしまった!」「研修があるとはいっても、周りの内定者は理系の人や経験者が多いから、置いてかれそうで正直不安・・」
32歳・男性・ミュージシャン「夢を追っかけてフリーターをやってきたけど、正直給料が少なくて生活が苦しい」「音楽活動の合間にできる割のいい仕事があればいいけど、特にスキルがあるわけでもないし・・」

コンセプト

時代の最先端を走るIT業界ーーITエンジニアは2020年の東京オリンピックをはじめ、
ロボットやクルマの自動運転の開発、ビッグデータやIoTなど、
今後さらなる需要拡大が確実な職業となっています。


事実、アメリカでは平均年収が10万USドルを超える花形の職業となっていますし、
イギリスをはじめとする先進国はおろか、イスラエルやエストニア等でも義務教育でのプログラミング教育が必修化されています。
IT技術者の養成は、もはや国家をあげて解決しなければならない命題となっています。

日本でも、2012年以降は中学校の技術家庭科で「プログラムによる計測・制御」が必修となり、
政府が発表した成長戦略の中にも、義務教育段階からのプログラミング教育の推進が明記されています。
IT教育の充実は、IT業界の人材不足を拡充するだけでなく日本の国を維持し、
発展させるために欠かすことのできない喫緊の課題となっています。


かつてITバブル全盛期の時代、ITエンジニアは最先端を走る職業として人気があり、IT業界を志望する学生が殺到していました。
しかし昨今は、折からの少子高齢化による労働の担い手の人口減により、ITエンジニア不足の時代が到来しています。
新3K職場(きつい、帰れない、給料が安い)と呼ばれるほど劣悪な環境で搾取されているイメージがあり、
実際に担い手が不足している現状があります。


確かに、2010年前半までは恒常的な長時間労働や薄給のITエンジニアが多く、
非正規労働者(派遣労働等)の割合が他の職種よりも多かったのは事実です。

しかし昨今、大手および中小零細のIT企業が正社員を増やして、システムやアプリを内製するケースが主流となっています。
また、待遇改善や働き方の見直しが進んでおり、同時に外国人の積極採用や社内公用語の英語化も推進されているのは、
日本人のITエンジニアが不足していることを如実に示していると言えます。

さて、厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、
ITエンジニアの平均的なモデルは以下の通りとなっています。


・平均年齢:38歳
・勤続年数:11.8年
・労働時間:150時間/月
・時間外労働:21時間/月
・月額給与:400,600円
・平均年収:5,923,300円

一方、国税庁が発表している「平成26年分民間給与実態統計調査結果(統計表)」によると、
民間企業で働く全職種の平均年収は約415万円となっています。
これらを比較してみると、ITエンジニアは平均に比べて給与はやや高めの水準となっているようです。

加えて、経験や実績を積んだITエンジニアの中にはフリーランスに転身したり会社を設立したりする人も多く、
起業した人の中には年収1,000万円以上の高収入を得ている人も珍しくありません。

また、1カ月の就労日数を20日間とすると、1日あたりの労働時間は8.55時間となり、
他業界と比較してもさほど残業時間が長いとは言えません。


今後IT技術は全ての産業において関わる技術となり、プログラミング教育の重要性は世界的に広がっていくことでしょう。
しかし学習者の9割が挫折するといわれるほど、プログラミングの学習は領域が広く、
最新技術も日々更新されるため、見た目の華やかさとは裏腹に地道な勉強が求められます。


このように多くの問題がつきまとうプログラミングの学習に、現役のITエンジニアの有志が立ち上がりました。
初心者でも「これだけマスターしておけば仕事がこなせる」という独自のカリキュラムを作成し、
体系的に学習できるスキームを構築しました。
同時に、他社サービスと比較して安価な料金や24時間講師に質問できる仕組みなど、
学習者がより快適にマスターできる環境を準備しました。

「自分や家族のため」「身近な人や会社のため」ひいては「将来のより良い社会のため」に、
私たちと一緒にプログラミングを勉強してみませんか?

開催概要

大 阪
名 称 オオサカプログラミングスクール
日 時 2016年10月~12月
開催回数 全20回
場 所 大阪府大阪市西区北堀江1-18-17モトバヤシビル2Fシゴトバ
主 催 オオサカプログラミングスクール事務局
参加費用 1回(50分×2) ¥4,546(税抜)

カリキュラム

(2016年10月~12月)

1.web/システム概論
2.web/IT業界の仕組み
3.目標の設定
4.DB:SQL基礎
5.論理的思考力を身につける:フローチャート
6.プログラミング入門:実際にさわってみよう
7.プログラミング設計/製造:既存ソースの改造
参加費用 1回(50分×2) ¥4,546(税抜)

料金比較

タイムテーブル

タイムテーブル例1(平日)
19:00
会場オープン
19:30
1時間目開始
20:20
休憩
20:30
2時間目開始
21:20
振り返り(良かったこと・悪かったこと・新たな気づき・改善要望を共有)
22:00
会場クローズ
19:30
1時間目開始
タイムテーブル例2(土日午前)
9:00
会場オープン
9:30
1時間目開始
10:20
休憩
10:30
2時間目開始
11:20
振り返り(良かったこと・悪かったこと・新たな気づき・改善要望を共有)
12:00
会場クローズ
9:30
1時間目開始
タイムテーブル例3(土日午後)
17:00
会場オープン
17:30
1時間目開始
18:20
休憩
18:30
2時間目開始
19:20
振り返り(良かったこと・悪かったこと・新たな気づき・改善要望を共有)
20:00
会場クローズ
17:30
1時間目開始
※開催日や時間帯は、生徒の皆様のスケジュールに合わせて都度調整します。
※開場~1時間目、振り返り~解散の時間は、講師に自由に質問できます。
※開校期間中の数回程度、会場クローズ後にランチ会または親睦会を実施して講師や生徒同士でコミュニケーションする機会を設けます。

講師紹介

Xin
エンジニア歴 9年

Sam
エンジニア歴 10年

Yoshi
エンジニア歴:10年 

Dai
エンジニア歴 9年

Jun
エンジニア歴 5年

Dai
エンジニア歴 9年

よくある質問

Q
パソコンスキルはどれぐらいの方が参加されますか?
A
キーボード入力ができる方、あくまで初心者を前提としておりますので、ご不安な方はお問合せください。
Q
少人数制というのは何人ぐらいですか?
A
最大8人を予定しております。生徒5名以上の場合は、もう1名の補助講師をつける予定です。
Q
支払いにクレジットカードは使えますか?
A
前日までのクレジットカード(VISAおよびMaster)支払い、もしくは当日現金支払いとなります。
Q
参加できなかった場合の支払いはどうなりますか?
A
前日までにクレジットカードでお支払いいただいている場合は、手数料を除き返金致します。
Q
パソコンの貸出しはありますか?
A
貸出しはございません。ご自前のパソコン(Windows)をご持参ください。
Q
パソコンのスペックはどれぐらいのものが必要ですか?
A
以下のハードウェア要件を満たすものとなります。
・1.6 GHz 以上の高速プロセッサ
・1GB の RAM (仮想マシン上で実行されている場合は 1.5 GB)
・4 GB のハード ディスク空き容量
・5400 RPM のハード ディスク ドライブ
・DirectX 9 対応ビデオ カード (1024 x 768 以上の解像度)
Q
パソコンスキルはどれぐらいの方が参加されますか?
A
キーボード入力ができる方、あくまで初心者を前提としておりますので、ご不安な方はお問合せください。