和紙でおりぞめ

( 和紙染め )
和紙を折りたたんで染めると…
素敵な模様に!
子供から大人まで楽しめる
染めものです

ワークショップ情報①

親子deお愉しみmarché

日程:12/7(土)・12/8(日)
開催時間:10:00~17:00
会場:mozoワンダーシティ 1階
ウエストコート
(愛知県名古屋市西区二方町40)
入場無料

ワークショップ情報②

みはまのあかり2019

日程:12月14日(土)
開催時間:15:00〜20:00
会場:美浜町総合公園体育館
(愛知県美浜町大字北方字十二谷1-2)
入場無料

ワークショップ詳細

おりぞめ
300円

和紙を2枚染めます。
おりぞめって何?
気軽に参加できる染め体験です。

おりぞめパネル
500円

和紙を2枚染めて、好きな柄1枚をパネルに入れます。お部屋のインテリアにぴったりですね。

おりぞめうちわ
 700円

和紙を2枚染めて両面に貼ってうちわを彩ります。おりぞめ商品の中でも人気No.1!
持って歩いたら注目度UP!

おりぞめ箱
800円

和紙を2枚染めることができ、好きな柄1枚をBoxの蓋に貼ります。
箱はハガキがちょうど入るサイズなので、これからの時期は年賀状入れに大活躍!

おりぞめ

楽しく美しい染めもの

おりぞめ(和紙染め)は、子供たちの遊びから芸術の作品にまで幅広く使用されている染めものです。
和紙を折り畳み、折り目や端を染料に浸けます。
和紙の畳み方や色を付ける部分によって様々なデザインが生み出され、1つとして同じ物はありません。
アットホームスタジオは、小さなお子様から大人まで気軽に楽しむことができるおりぞめのワークショップを開催しています。

おりぞめのやり方

1.和紙を折ります

2.染料に浸けます

3.広げます、完成!

和紙の折り方

アットホームスタジオが
「おりぞめ」を通して
伝えたいこと

和紙ではなく木綿で染めると、、、

おりぞめと同じく、木綿のてぬぐいを折りたたんで染める伝統的工芸品があります。
それが「雪花(せっか)絞り」です。

雪花(せっか)絞り

伝統的工芸品なんです

雪花絞りは有松鳴海絞りの1つで「板締め絞り」と言われる技法を用いて染めたものです。
畳んだ生地を板で挟み、折り目や端を染料に浸して染めます。
生地の畳み方や染料の浸け方で多様なバリエーションが表現できるところが特徴です。
雪の結晶のようにも花のようにも見えるため「雪花(せっか)絞り」と言われています。

工芸を身近に感じてほしい

最近は物を大切に使う心や手作りならではのぬくもりに注目が集まり工芸品が見直されています。
まずは遊びの延長にこんな工芸品があることを知ってみませんか?
おりぞめで楽しく美しい模様に出会うと同時に、伝統工芸の世界を身近に感じていただけたら嬉しいです。

株式会社アットホームスタジオ

中村 亜弓

工芸を身近に感じていただけるワークショップや工芸体験のコーディネートをしています。
元医療職で3児のママ。
HP:https://athomestudio.me/