なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

緊急追加募集!
長編映画『俺を早く死刑にしろ!』
主人公の少年時代を演じる子役1名/大募集
2020年に舞台上演され劇団バトルイベント「劇団EXPO」で幾多の賞に輝いた『俺を早く死刑にしろ!』の長編映画化に向け、主人公の少年時代を演じてくださる子役の方を募集いたします。是非たくさんの方のご応募をお待ちしています!

<募集する役>

主人公の少年時代・佐久間亘 役
貧困な母子家庭で育ち、大好きな母親から日々暴力をうけており、愛されたいと思いつつそれが得られないことでだんだん闇を抱えていく少年。

<応募資格>小学校低学年に見える男児(演技可能な方)

応募締切:7月27日(火)

※下記フォーマットより応募ください
選考者のみ7月31日(土)オーディション開催

※7月27日(火)必着
※7月29日(木)中までに書類選考通過者の方へのみメールにてご連絡させて頂きます
※その際に31日(土)に開催するオーディション場所をお伝えします
※事務所所属・フリー等の条件はございません
※映画本編上映決定の際、出演料の支払いあり
※撮影日:8月30日(月)~9月4日(土)のうち1日もしくは2日
フォームから送信できない方は「info@bugtass-gk.jp」こちらのアドレスまで
件名を「俺死刑/子役オーディション参加希望」とし以下の情報をお送りください。
・参加子役名・代表者氏名・ふりがな・年齢・住所・電話番号・メールアドレス・ツイッターアカウント・所属先(フリーの方は無記名)・活動歴・自己アピール・プロフィール資料添付。
※必ず保護者様の許可を得てからお申し込みください
※所属している方は所属先の許可を得てからお申込みください
<クラウドファンディング実施中>
https://motion-gallery.net/projects/oreshikei
年内作品完成 2022年 劇場公開、国内外映画祭へエントリー予定

"死刑囚と教誨師の予測不可能なラブストーリー"を
クラウドファンディングで映画化!

ラストに「衝撃の大どんでん返し」
誰の心にも潜む「本当の悪」とは一体!?
【罪と罰】【人間の恐ろしさ】に迫る問題作
ラストに「衝撃の真実」が明かされる!!
そして2人の恋の結末は……!?

あらすじ

死刑になるため自分の母親と見ず知らずの姉妹を殺した佐久間亘は、更生の余地なしとして望み通り死刑が確定し拘置所でその日を待っていた。
そこへ佐久間を改心へ導くためキリスト教の教誨師の沙月が訪れるようになり、反発していた佐久間の心に変化が訪れるようになっていく…
※教誨師…受刑者や死刑囚に対しその非を悔い改めるよう教え諭す人

登場人物/関係図

高山直美監督より

『俺を早く死刑にしろ!』はもともとは2020年に上演された舞台作品です。 そのとき舞台化するための企画書にはこんな意気込みを書きました。

"センセーショナルな事件が起きた時、この出来事に脚色できたらと妄想することが多いのですが、今作もそんな妄想から生まれた物語です。 主人公のモデルは死刑になりたくて人を殺した犯罪者たち。暗くシリアスな作品になりそうだなと思いつつ魂を削る覚悟はできてます。"と。

実際に舞台の稽古中は魂を削る思いで挑みました。 主人公に感情移入しすぎて日常の中でふいにはげしい怒りにとらわれたり、悲しみで涙が止まらなくなったり。 でもおかげで100%満足のいく舞台に仕上げることができました。

そして今度は長編映画化です。 また魂を削る日々が待っているかと思うと恐怖と期待が入り混じったような想いですが、 自分にとって長編映画制作は悲願でもあるので必ず完成させます。 一緒に魂を削ってくれる方、是非お待ちしています。(大丈夫。削れても魂は復活します)

舞台公演時から脚本を再構築

舞台公演一部抜粋 ※映画本編とは異なります
舞台版DVD情報はコチラ

監督:高山直美

静岡県出身。監督、演出、脚本家。劇団チームエヌズ主催。
デザイン会社からの独立を機に演劇、映像作品を制作を開始。現在各メディアで幅広く活動中。15分ワンカットコメディ『ここにいる 』(蔵の街かど映画祭グランプリ)、汎発性脱毛症がテーマ『まる。』(岡村島映画祭 審査員特別賞)、男子同士の恋愛を描いた『お前、本当に梅吉か? 』(レズビアン&ゲイ映画祭入選)など様々な作風の映像作品を監督している。
2008年 クリエイター養成スクールに入学、脚本や映像制作などについて学ぶ。
2010年 芸術で社会貢献を目指すNPO法人にて舞台脚本・演出を手がける。
2012年 短編映画「房江」で映画監督としてのデビューをはたす。
2012年 演劇や脚本のワークショップ講師としての活動を開始。
2014年 演技スクール「エンターテインメントスクールN’S(エヌズ)」を開校。
2017年 演劇・映像で活動する劇団「チームエヌズ」を立ち上げ。
*プロフィール詳細:https://naomi.web-page.cc/profile/
=過去作品=
▼「房江」2012 / 15min / Drama
 はままつ映画祭入選、福岡インディペンデント映画祭上映 他
▼「お前、本当に梅吉か?」2014 / 23min / Romantic Comedy
 映画少年短編映画祭 審査員特別賞受賞、したまちコメディ映画祭入選 他
▼「夢みるカフェ」2015 / 21min / Drama
 映画少年映画祭 観客賞受賞、福岡インディペンデント映画祭 2016 上映 他
▼「ここにいる」2016 / 15min / Comedy
 栃木・蔵の街かど映画祭 グランプリ、岩槻映画祭 審査員特別賞受賞 他
▼「うどん侍」2016 / 5min / Comedy
 取手映画祭 ゲンキニッポン賞受賞、さぬき映画祭 上映 他
▼「役者になりたい」2017 / 15min / Drama
 妙善寺映画祭 ベストドリーム賞受賞、岩槻映画祭 入選 他
▼「まる。」2017 / 24min / Drama
 妙善寺映画祭 最優秀フォーカス賞 受賞、岡村島映画祭 審査員特別賞 他
▼「結婚相談所の男」2018 / 35min / Drama
 あわら湯けむり映画祭 田中光敏監督賞受賞 ほか
▼「MerryGoRound」2018 / 42min / Drama
 アマゾンプライム配信中
▼「沈めるこころ」2019 / 15min / Drama
 茅ヶ崎映画祭上映 ほか
▼「ストーカー」2020 / 30min / suspense
 観劇三昧配信中

お問合せ

メールにてお気軽にお問い合わせください。
info@bugtass-gk.jp

協力:劇団チームエヌズ・エンタメスクールエヌズ
特別協力:bug+・ダーナワークス・株式会社アルテサーノ・千本桜ホール