人財教育セミナー
「新人・外国人をすばやく戦力に
する映像のマジック教えます」

【次回開催】
日 時:12月3日 火曜日
    受 付 14:00/開 始 14:30 〜 16:30
会 場:大阪産業創造館 6階 会議室C
参加費無料

「人手不足」の悩み、多くは教育に原因があります

  • 新人社員が戦力にならない
    研修の効果が上がらないようだ

  • 手間をかけて作ったテキストを覚えてくれない
  • ベテランと新人しかいないので指導がうまく行っていない
  • この社員しかできないという仕事があるが技術継承をさせたい

  • 映像で教育コンテンツを作りたいが作り方がわからない
  • 映像で従業員教育を行っている事例が知りたい
  • 映像で従業員教育を行っている事例が知りたい

「文章を読まない、読めない」時代。解決の鍵は「映像」です

日本の社会は急速に「文章を読まない、読めない」方向に傾斜しています。文章と写真や図表を組み合わせたテキストやマニュアルはもう通用しないかもしれません。そんな時代、従業員教育の問題を解決する鍵は「映像」です。映像の持つ「5つのパワー」が御社の教育を改善します。数多くの教育コンテンツを制作してきた映像の専門会社が経験に基づいて解説します。

こんな方が対象です

  • 多くの従業員を抱える企業の
    人事・研修担当者
  • 従業員の育成・教育に問題を
    感じている経営者
  • 従業員教育映像コンテンツに
    興味を持っている方
  • 映像を使った教育ノウハウを
    開発したい方
  • 映像を使った教育ノウハウを
    開発したい方

セミナー開催趣旨

■「人手不足」という業病

企業にとって「人手不足」という言葉が、危機感を持って語られるように
なってどのくらいになるでしょうか。今や「人手不足」は、人間の身体を
蝕むガンのような、企業にとっての一種の病気だとさえいえます。

この「人手不足」は採用できる人材が集まらない、というだけではありません。費用をかけ言葉を尽くして採用した新入社員が、なかなか一人前に
ならない、多くが離職してしまう、という側面もあります。

企業にとって、採用した人物を「人材」に、さらには「人財」へと
育てていくことは重要な課題であります。従業員教育が今ほど
重要になった時代はありません。

 

■スマホ世代の「距離感」

近年の若者は、中高年者には不可解とも思える「距離感」を
持っていると思われます。

スマホ世代の彼らは、人間くさい接触を嫌い、間にデジタルガジェットを
挟んだコミュニケーションを当たり前としています。

こういった世代に、熱血的な指導はどう映るでしょうか? 
ひと昔前であれば熱心で熱意のこもった指導、と評価される内容であっても、彼らにとっては暑苦しく息苦しいものに映っているのに違いありません。

こうした時代の従業員教育はどうあるべきなのでしょうか?

 

■映像の持つパワー

映像は、写真や文章といった他のメディアとは異なった性格を持っています。

映像などのイメージ情報は、右脳で処理されます。言語や計算、論理的な
思考を司る左脳に対して、右脳はイメージ力や想像力、そして何よりも
記憶力を司っています。情報をイメージとして認識し、記憶する脳なのです。

記憶術の達人は右脳を使ってイメージ的に記憶するといわれています。
映像を通して右脳にインプットされた情報は、容易に忘れることが
ありません。

右脳に働きかける映像というメディアはそれゆえに教育に応用できる
素晴らしい力を持っています。

 

■従業員教育を映像ソフト化する

従業員教育の映像ソフト化は何も新しい概念ではありません。
発想としてはビデオデッキが普及をはじめた頃から存在しています。
過去、多くの教育コンテンツが制作されてきましたが、活用されることが
多くはなかった歴史があります。

それは、コンテンツは作ることができても視聴させることのできる
環境が少なかった、ということが大きな原因でした。

しかし、スマホの普及、動画視聴環境の変化はその壁を乗り越える梯子を
与えてくれました。今や、誰でも通勤途中や空き時間にスマホを使って
動画を視聴するのは当たり前になりました。ひとりひとりが
映像プレーヤーを持って歩いているのと同じ状況なのです。

 

■新入社員をすばやくプロに育てるために

プロスポーツ選手は、映像を練習に取り入れています。
自分のプレー映像を反省のために見るだけでありません。
自分が目標とする一流選手のプレーを繰り返し観ることで、
成功のイメージを覚え込むというのです。

こうしたイメージトレーニングはビジネスの場でも有効なはずです。

新入社員がたいして経験も積まないうちに離職してしまうのは
「成功のイメージ」をつかみきれないことに多くの原因があるのでは
ないでしょうか?

自分が何をどのようにすべきか、どうすれば成長できるのかを、
映像ソフトを通じて右脳にインプットすることが効果的だと思います。

西も東もわからない新入社員を、できるだけすばやくプロフェッショナルに
育てるために、映像ソフトの制作と活用をご提案いたします。

会場: 大阪産業創造館(産創館)

6階 会議室Cへお越しください

タイムテーブル

人財教育セミナー
「新人・外国人をすばやく戦力にする
映像のマジック教えます」
12月3日 火曜日
受付:14時00分~

セミナーは2部に分けて開催いたします。
14:30
第一部 「人財教育に映像のパワーを!」
担当講師

映像ディレクター 前川正人氏
15:30
休憩
15:40
第二部 「教育ビデオの活用事例」
担当講師

株式会社オレンジパオ代表取締役
門脇龍二
16:10
質疑応答 および 懇談会
16:30
終了予定
15:30
休憩

講師紹介

前川正人 【第一部】
映像ディレクター/動画制作アドバイザー
映像制作経験37年のベテラン。

13年間のTV-CM制作会社勤務を経て独立。
フリー映像ディレクターとして、広告広報、
販促、展示会・イベント映像、
そして教育映像コンテンツの制作に携わる。

近年、動画制作アドバイザーとしての
活動も開始。
門脇龍二 【第二部】
株式会社オレンジパオ 代表取締役
創業37年の映像制作でも
老舗に入る会社の2代目。
撮影技術会社、
ストリーミング用映像制作会社を経て、
2002年にオレンジパオに
入社。映像制作経験は22年。

企業、学校向けのプロモーション、
リクルート、
商品PR、マニュアルビデオ、
ロケコーディネートを中心に

今までに300本以上もの制作進行を担当。
趣味はキャンプ。男ばかり4児の父親。
門脇龍二 【第二部】
株式会社オレンジパオ 代表取締役
創業37年の映像制作でも
老舗に入る会社の2代目。
撮影技術会社、
ストリーミング用映像制作会社を経て、
2002年にオレンジパオに
入社。映像制作経験は22年。

企業、学校向けのプロモーション、
リクルート、
商品PR、マニュアルビデオ、
ロケコーディネートを中心に

今までに300本以上もの制作進行を担当。
趣味はキャンプ。男ばかり4児の父親。

セミナー受講者さまの声

  • 【物流会社人事部・Yさま】
  • 質疑応答にて沢山お話しさせていただきました。様々な企業様の動画を見てみたいです。
    非常に有意義な時間をありがとうございます。

  • 【物流会社人事部・Dさま】
  • 今、言葉を話せない外国人労働者の業務が限定されてしまうことに悩んでいます。解決策のひとつになればと思います。
  • 従業員満足度を上げる取り組みが知りたいです。
  • などの声を頂きました。
  • 2019年5月31日開催第1回セミナーのアンケートより


  • 質疑応答にて沢山お話しさせていただきました。様々な企業様の動画を見てみたいです。
    非常に有意義な時間をありがとうございます。

私たちの思い

「人手不足」という言葉の裏側には「人はいるのに
戦力にならない」「いくら教えても仕事を覚えて
くれない」という嘆きが聞こえてきます。私たちが
作ってきた映像コンテンツには、その嘆きを解消する
パワーがあります。悩める企業のお力になりたいという思いで、このセミナーを開催することにいたしました。

主催者および協力者

主催
名 称 株式会社オレンジパオ
住所 〒564-0032
大阪府吹田市内本町1-7-17
吉広ビル3F
電話番号 06-6319-2166
業種 映像制作
代表者 門脇龍二
メールアドレス r.kadowaki@orangepao.co.jp
ホームページ http://www.orangepao.jp/
メールアドレス r.kadowaki@orangepao.co.jp
協力
名 称 合同会社爽
商号 映像工房RIVERFRONT
代表者 前川正人
ホームページ https://maekawa.com/
職種 映像ディレクター/動画制作アドバイザー
職種 映像ディレクター/動画制作アドバイザー

株式会社オレンジパオの歩み

昭和57年8月
オレンジパオ設立準備を開始、創立事務所開設

12月

吹田市内本町1丁目7-17に株式会社オレンジパオ設立

ビデオソフトの販売とレンタルの営業を開始(北大阪地区初)

昭和58年7月

ビデオ撮影・編集業務開始

VHS電子編集システムを導入

昭和59年6月

大阪ガス株式会社 様 業務用ガス設備のビデオ制作を受注

昭和60年7月

資本金800万円に増資

3/4インチ編集システム導入

昭和61年1月

大阪ガス株式会社 様 家庭用ガス機器の新製品教育ビデオを受注開始 ※現在も継続受注
8月

ベータカム編集システム導入

平成1年1月

ビデオ編集スタジオ新設

平成2年2月

コンピューターグラフィックス オーロラシステム導入

4月

三次元DVE A-53D導入

5月

資本金2000万円に増資

平成4年3月

関西大学 様 式典業務の受注を開始(学部入学式、卒業式、教育後援会総会) 

編集室リフレッシュ工事

平成5年6月

箕面温泉高原プール CM制作 受注
平成9年9月

デジタルベータカムを導入し、設備更新

平成8年4月

関西大学 様 高槻キャンパス テレビスタジオ設備保守業務 受注

平成13年12月

関西大学 様 大学の授業研究ビデオシリーズ(FDビデオ) 6作品受注

平成14年11月

ノンリニア編集室増設

平成17年6月

大阪証券取引所 様(現:大阪取引所) 見学者向け映像 受注

平成18年6月

関西大学 様 120周年記念式典 音響・照明業務 受注

平成20年4月

関西大学 法科大学院 様 民事裁判教材ビデオ 受注 

5月

編集室 スイッチャー設備更新

8月

関西大学 様 高槻キャンパス アイスアリーナイベント 音響・照明業務 受注

12月

ノンリニア編集室 設備更新

ハイビジョン制作対応 REXCEED5500を導入

平成21年2月

第1編集室 リニア編集室を改修、ノンリニアPCに更新

3月

関西大学 法科大学院 様 裁判員裁判教材ビデオ(刑事裁判篇)受注 

平成22年3月

近畿大学 様 図書館利用案内ビデオ 受注

4月

関西大学ミューズキャンパス 様 開校記念式典 メッセージムービー、式典記録撮影 受注

10月

近畿大学 法学部 様 創立60周年記念式典 記録撮影 受注

12月

第2編集室 ノンリニアPC増設

平成23年4月

近畿大学 水産研究所 様 近大マグロ 水中スチール撮影・3D映像制作 受注

6月
関西大学 堺キャンパス 様 堺キャンパス祭 ステージ音響 受注

平成25年9月

関西大学北陽高校 様 プレ・フェスティバル ステージ音声・照明業務 受注

平成27年3月

ARマーカー「COCOAR」導入

平成27年3月

春日大社 様 第60次式年造替 記録撮影開始  技術協力 

平成28年11月

関西大学 様 130周年記念式典 音声・中継業務、メッセージムービー 受注

春日大社 様 第60次式年造替 本殿遷座祭記録撮影  技術協力

平成29年4月

株式会社フジオフードシステム 様 従業員向け教育ビデオ 受注

平成30年6月

大阪ガス株式会社 様 IoTサービス「ツナガルde機能」PRビデオ 受注 

社名の由来

「パオ」とは中国北部モンゴル地方の人達が住居している組立式のテントのようなもので、
ここでは集会所という意味に用いています。

 「オレンジ」とは、明るいイメージを表しており、ビデオ仲間が気軽に集まり
情報交換のスペースでありたいと考えています。

昭和58年7月

ビデオ撮影・編集業務開始

VHS電子編集システムを導入

セミナー参加申込み

次回開催セミナーへの参加申込みフォームです。参加は無料です。参加の際はお名刺を頂戴いたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信