40代男女で、夫婦・パートナーの恋愛関係でお悩みの方へ




「なぜ好きなはずなのに、素直になれない冷え切った関係性を変える最後のチャンスを活かすことができたのか?」その秘密を無料プレゼント

無料プレゼントで得られる未来


この「好きなはずなのに、素直になれない冷え切った関係性を変える最後のチャンス」では

  • 遠距離恋愛の人は、お互いの気持ちが物理的距離によって隔てられると思っています。しかしお互いに大切にしている価値を共有することで、気持ちを近くなります。
  • 反対に空間的には同じ空間に居ながら、孤独を感じる方も居られます。そのような場合でもお互いの価値を共有することで、同じ空間にいることに対して幸せを感じます。
  • また、個人の中での相反する価値の葛藤を解消することもできます。
  • 反対に空間的には同じ空間に居ながら、孤独を感じる方も居られます。そのような場合でもお互いの価値を共有することで、同じ空間にいることに対して幸せを感じます。
遠距離恋愛の寂しさ解消
同じ空間にいることに対して幸せ
個人の中での価値の葛藤を解消
個人の中での価値の葛藤を解消
このような望ましい未来や問題解決に役立ちます

「好きなはずなのに、素直になれない冷え切った関係性を変える最後のチャンス」の内容

第1章

プロフィール
お悩み

第2章

バリューブリッジとは?
バリューブリッジの目的

第3章

バリューブリッジのやり方
バリューブリッジの行う時間や場所、状況

第4章

受講者様の声
N・T様(会社員管理職)
M・K様(会社員)

第5章

ALL-NLPご案内

プロフィール

ALL-NLP 代表 村上剛
はじめまして、ALL-NLPを主催している村上剛と申します。
私のプロフィールを簡単にお伝えします
昭和63 年に東京医療福祉専門学校に入学して、治療の世界に入
り、マッサージ師、柔道整復師、鍼灸師の3 つの学校と国家資格8 年
かけてを取得しました。
その後、カイロプラクティックとオステオパシー協会の会長のもとに内
弟子として学び続け、東京都板橋区南常盤台に平成9 年から南常盤
接骨院を開院しました
患者様の身体を治療していく上で、身体的治療の限界を感じ始め、心
理的アプローチを学び始めました。
ユング心理学、ゲシュタルトセラピー、フォーカシング、ハコミセラピ
ー、プロセス指向心理学など数多くの心理療法をまなびました。
そのなかでも神経言語プログラミングが最も身体治療と相性が良かったので、平成13 年から学び、
平成18 年からNLP 研究所の専属トレーナーとして、現在ではアメリカで取得したNLP ユニバーシ
ティ・マスタートレーナーとしてたくさんの受講生を教えています。その受講生の中には国立がんセ
ンター、九州の肺がん専門病院などからも医師が私のNLPカウンセリングを学びに来られていま
す。
平成24 年にはアメリカで研究発表しました。
2012年アメリカで研究発表
長期的に成果を出し続けるプログラム~長寿と組織の永続性~

日本の文化、世界最古の日本企業(法師旅館 *現在は第2位)、突出した能力を長年発揮する個人(10年連続200安打のイチロー)など、特に長期的に成果を出し続けているそれらをモデリングし、コア・セルフを発見していきます。さらにコア・セルフを「長寿への転用」と「組織が長期的に発展する為の提案」にも発展させていくというテーマで研究発表しました。

2年に一度、9月にアメリカのサンフランシスコで行われたIASH※のカンファレンスにて発表した内容に加え、NLPにおける世界のTOPトレーナーであるロバート・ディルツ氏およびフランク・バーク氏から様々なご指導を頂きました

※ [IASHとは?] Institute of the Advanced Studies of Healthの略。2年に一度開かれるNLPのカンファレンスに世界中から著名なトレーナーが集合し講演や研究発表を行う場。

ドイツの心理学雑誌に掲載されました


上述のIASHに参加していたドイツの心理学者によって、ドイツ本国の心理学雑誌に掲載されました。写真に一緒に映っている方がNLPのTOPトレーナーのロバート・ディルツ氏です。