コラム(お役立ち情報館)

本コラムでは、車を購入する前に知っておいた方がいい
ちょっとしたお役立ち情報を浅く広く掲載しています。

車を購入する時の落とし穴
車本体

  • ①意外な落とし穴 事故車について。

    車の骨格となるフレームに何かしらの修理、交換した履歴のある車が事故車にカテゴリされます。
    裏を返せば骨格となるフレームにダメージが無ければどれだけ破損が大きくとも事故車ではないのです。

    時折コスト面で事故車でもいいので安い車がないかとご相談を頂きます。

    もし事故歴のある車の購入を検討されるのであれば、フレームのどこにダメージを受けたのか?
    どの程度の範囲を修理したのか?
    修理後に車体にゆがみはないか?
    あげればキリがないですが、しっかり現車を見て試乗してからの購入がおススメです。

    当店でも事故歴のある車は購入可能ですが、事故歴がなくともお買い得な車はもっと沢山ありますよ!

  • ②意外な落とし穴 車のグレードについて。

    同じ車種でも何年かに一回モデルチェンジが行われ車の名前は同じでも外観がガラリと変わっていることも。

    また、同じ車でも上位グレード下位グレードによって内装や細かい装備品などが変わってきます。

    いざ車が届いた時に思い描いていた車と違う!
    とならないように車の年式、グレードに希望がある場合はしっかりその旨を伝えましょう。
  • ③意外な落とし穴 イモビライザーについて。

    中古車を購入する場合、スペアキーが付いていない事は非常に多いです。
    見た目が単純な鉄の鍵だから鍵屋さんで安く複製できると思ったらイモビライザー付きの鍵でスペアの作成費用がとても高額となった。
    という話はよく聞きます。

    車を購入した直後の出費としては大きいので、事前に確認しておきたい項目ですね。
  • ④意外な落とし穴 カーナビ+オーディオについて。

    中古車を購入した際に以外と困るのがカーナビにオーディオ関連。
    元々取り付けられていたカーナビが古くまともに使えない。
    オーディオが古すぎてBluetoothに対応していない。

    ここも中古車を購入後に以外とお金がかかるポイントです。

    ポータブルのカーナビを使うのか純正ナビのアップグレードを試みるのか。
    BluetoothはFMトランスミッター等を利用するのか事前の検討をおススメします。
  • ①意外な落とし穴 事故車について。

    車の骨格となるフレームに何かしらの修理、交換した履歴のある車が事故車にカテゴリされます。
    裏を返せば骨格となるフレームにダメージが無ければどれだけ破損が大きくとも事故車ではないのです。

    時折コスト面で事故車でもいいので安い車がないかとご相談を頂きます。

    もし事故歴のある車の購入を検討されるのであれば、フレームのどこにダメージを受けたのか?
    どの程度の範囲を修理したのか?
    修理後に車体にゆがみはないか?
    あげればキリがないですが、しっかり現車を見て試乗してからの購入がおススメです。

    当店でも事故歴のある車は購入可能ですが、事故歴がなくともお買い得な車はもっと沢山ありますよ!

車を購入する時の落とし穴
駐車場

  • ①意外な落とし穴 駐車場について。

    時々耳にするのがコレ。駐車場です。
    大阪市内に以外に多い立体駐車場(機械式)の入庫可能寸法をオーバーしていたケース。

    高さ制限や横幅制限に引っ掛かることが非常に多いようです。
    また、今時のハイブリッド車は車重も相当あり、重量オーバーなんてことも。

    中には車を乗せるパレットが立体駐車場の横幅制限よりも小さいサイズで車庫証明は取得できたものの、実際に入庫しようとすると、車が入らない。
    なんてケースもあるようです。

    購入前に駐車場管理者にしっかりと確認しておく事をおススメします。
  • ②意外な落とし穴 続 駐車場について。

    よくある平置き駐車場。
    ここでも意外なトラブルがあります。

    購入前には大丈夫だろうと思っていたものの、駐車してみると狭くて出し入れができない。
    駐車は出来たものの、まともにドアの開閉ができない。
    隣近所に駐車している車から苦情がきた。
    意外と多い駐車場トラブル。

    既に借りている駐車場なら、一度枠内の寸法を測ってみましょう。
    車を駐車した後、人が乗り降りするスペースはありますか??

    また、新しく駐車場を借りるときは必ず下見をした方がよいかと思いますよ。
    車を運んだら駐車場に駐車できない。
    当店での納車時にも時々あります。
  • ①意外な落とし穴 駐車場について。

    時々耳にするのがコレ。駐車場です。
    大阪市内に以外に多い立体駐車場(機械式)の入庫可能寸法をオーバーしていたケース。

    高さ制限や横幅制限に引っ掛かることが非常に多いようです。
    また、今時のハイブリッド車は車重も相当あり、重量オーバーなんてことも。

    中には車を乗せるパレットが立体駐車場の横幅制限よりも小さいサイズで車庫証明は取得できたものの、実際に入庫しようとすると、車が入らない。
    なんてケースもあるようです。

    購入前に駐車場管理者にしっかりと確認しておく事をおススメします。

車を購入する時の落とし穴
書類関係

  • ①意外な落とし穴 車庫証明について。

    普通車を購入するには必ず必要となる車庫証明。

    車庫証明を取得する為には、駐車場の貸主から保管場所使用承諾証明書という書類を発行してもらう必要があります。

    駐車場の貸主によっては発行に数週間時間がかかったり、新規で駐車場を契約した場合、契約開始日まで保管場所使用承諾証明書を発行してくれない。
    なんてケースがあるようです。

    納車日にも影響するので、事前に確認しておきたい項目ですね。
  • ②意外な落とし穴 続 車庫証明について。

    車庫証明の取得には保管場所使用承諾証明書が必要なのは前述の通りです。

    時々、駐車場の契約書を保管場所使用承諾証明書として代用できないの?
    とご質問を頂きます。

    これに対する回答はイエスでもありノーでもあります。
    何故かと言えば、駐車場の契約書で車庫証明を発行するか否は各警察署の判断によるからです。
    NGとなるケースとして多いのは契約書記載の契約期間が過ぎていること。
    契約車両が明記されていて、新たに購入する車の契約駐車場として認められないケース。
    また、駐車場の貸主との契約上、契約書で車庫証明を取得することを禁止されているケースもあります。

    せっかく警察署まで出向いて手続きを進めても車庫証明の申請が下りない事がとても多く納車期限を守れなくなってしまう等、トラブルが非常に多いのです。
    車屋さんが口を並べて保管場所使用承諾証明書を用意して下さいという理由はコレです。
  • ③意外な落とし穴 印鑑証明について。

    印鑑登録してますか?
    時々、車を買うときに印鑑証明だとか実印とか聞きませんか?

    コレ、軽自動車を購入する時は必要ありません。
    ただ、軽自動車以上(要は普通車)を購入する時には必ず必要です。

    印鑑証明書を取得するには、各市町村の役所にて実印の登録手続きが必要になります。
    平日に時間が取れない人はこの取得に結構苦労します。
    (委任状を書いて誰かに依頼することもできます。)

    それに実印登録する印鑑がそもそも手元になければ印鑑を作るところから始めないといけませんよね?

    印鑑証明書を取得するまでには結構時間がかかるので、普通車の購入を検討していて印鑑登録がまだの方は早めに準備をしておくのがおススメです。
  • ④意外な落とし穴 任意保険について。

    車が納車されてエンジンをかける前に要チェック。
    任意保険の手続き、ちゃんと済んでいますか?

    車の購入が決まったら任意保険もしっかりチェックしておきましょう。
    始めて車を購入する時は勿論、買い替えの場合は古い車と新しい車の保険切り替えのタイミングを要チェックです。
  • ①意外な落とし穴 車庫証明について。

    普通車を購入するには必ず必要となる車庫証明。

    車庫証明を取得する為には、駐車場の貸主から保管場所使用承諾証明書という書類を発行してもらう必要があります。

    駐車場の貸主によっては発行に数週間時間がかかったり、新規で駐車場を契約した場合、契約開始日まで保管場所使用承諾証明書を発行してくれない。
    なんてケースがあるようです。

    納車日にも影響するので、事前に確認しておきたい項目ですね。