板橋区・豊島区・葛飾区・荒川区・北区

初めての遺品整理

遺品整理を故人のために快適に

最近多くご利用いただくネット販売の代行で「遺品整理」で不要な商品の取り扱いが目立ってきました。遺品の中には、価値あるものも多く、形見分けしたいものも多いと思います。

しかし、遺品の中ものすべてマーケットで販売できることはありません。売れない家具や生活ゴミもたくさん出てしまいます。そこで、上手な遺品整理の進め方と、遺品整理サービス業者の正しい選び方を解説します。

当サイトの管理及び運営責任者

双葉コンサルティングサービス

URL:http://futabanet.biz/
代表電話 03-5843-8387
Eメール:oono.life5928@yahoo.ne.jp
代表コンサルタント:坂元良太郎
業務内容:ネット支援・営業支援のコンサルティング

板橋区・豊島区・葛飾区・荒川区・北区
初めての遺品整理で失敗しないために

  • 遺品整理とは、故人の生きた証でもある遺品を整理し処分することを言います。親や親族などが亡くなった時、家族が行わなければならないのが遺品整理です。

    しかし、遺品整理は、個人が行うと大変な労力と費用が掛かります。家族であれば、だれが費用の負担をするのかなど、時として家族間でトラブルも発生します。ここで、必要なことは、いったい誰が遺品の整理を行うのかということになります。

    実は、遺品整理は、相続と切っても切れない関係にあります。遺品の中の一部には、個人が生前に使っていた家具や生活用品があります。また、アパートを借りていれば、その賃借権も相続の対象です。決して親族が亡くなると、家具や生活用品を遺品として片付け処分すれば、よいということではありません。

    相続人が遺品整理を行う

    遺品整理は、親族であれば、近くに遠い親戚の方がいれば、遺品の整理をお願いしてもよいです。決して誰がしなくてはいけないというものではありません。しかし、遺品の売却の収入や遺品の処分費用、アパートの解約など費用は、相続人の相続財産から清算しなくてはなりません。

  • 遺品整理の進め方

    お亡くなりになると火葬・葬儀が執り行われ、一段落するとご遺族も悲しむ間もなく遺品整理を進めなくてはいけなくなります。遺品整理といっても最初は、年金の解約から役所の手続、銀行の連絡など各種の手続きを行っていきます。こうした手続きを行いながら、個人の相続財産の把握をし、遺産の分割の話を進めます。

    故人が遺言書を残しているなら、遺言書に従い、また、エンディングノートがあれば、それに沿って相続人たちは、個人の意思に沿ってすすめます。

    この過程で、遺品整理も進めていくことになります。故人が使っていた、衣類、用品、趣味のものや、財産価値のある切手、貴金属、絵画、骨とう品、趣味の楽器など、これらの遺品を親族の方が形見分けしたり、販売して遺品を処分していきます。処分を進めるにあたって財産目録を作成し、それに基づいて、相続人が複数人の場合は、遺産分割協議書を必ず作成しなければなりません。この手続きを行わないと、個人が所有していた預金・有価証券・自動車・不動産などをご遺族の名義に変更したり売却したりすることができません。この手順に沿って遺品を処分していかないと、相続人同士でもめることになりかねません。

  • 遺品整理でお困りですか
  • 遺品整理の進め方

    お亡くなりになると火葬・葬儀が執り行われ、一段落するとご遺族も悲しむ間もなく遺品整理を進めなくてはいけなくなります。遺品整理といっても最初は、年金の解約から役所の手続、銀行の連絡など各種の手続きを行っていきます。こうした手続きを行いながら、個人の相続財産の把握をし、遺産の分割の話を進めます。

    故人が遺言書を残しているなら、遺言書に従い、また、エンディングノートがあれば、それに沿って相続人たちは、個人の意思に沿ってすすめます。

    この過程で、遺品整理も進めていくことになります。故人が使っていた、衣類、用品、趣味のものや、財産価値のある切手、貴金属、絵画、骨とう品、趣味の楽器など、これらの遺品を親族の方が形見分けしたり、販売して遺品を処分していきます。処分を進めるにあたって財産目録を作成し、それに基づいて、相続人が複数人の場合は、遺産分割協議書を必ず作成しなければなりません。この手続きを行わないと、個人が所有していた預金・有価証券・自動車・不動産などをご遺族の名義に変更したり売却したりすることができません。この手順に沿って遺品を処分していかないと、相続人同士でもめることになりかねません。

遺品の整理と相続を解説したホームページ

埼玉を拠点にする遺品整理屋さんで、片付け屋ライフサービスという会社さんが上手に具体例をあげて説明し公開しています。

例えば、①同居人が亡くなった場合の遺品整理の仕方②多額の借金を抱えた方の遺品整理の注意点③孤独死や病死した場合の遺品整理④生活保護受給者の方の遺品整理などのケースごとに解説し、相続の法律のポイントをわかり易く解説されています。

皆さんも一度参考にされるとよいでしょう。ホームページは、こちらからご覧いただけます。

ポイント
遺品整理はいつからはじめれば良い?

遺品整理はいつからはじめれば良い?

家族が亡くなった時、遺品整理をしなければなりませんが、賃貸物件の場合はそのまま遺品を放置しておくと家賃が発生してしまいます。そこで賃貸料が発生する前に退去しなければなりません。

基本的に遺品整理に適したタイミングは、四十九日、一周忌、三周忌など親族が集まる時期になります。多くの人は四十九日を選んで遺品整理を始めるでしょう。故人の遺品整理をするのにわざわざ遠方から来るのは大変です。そこで遠方の親族が集まる四十九日などのタイミングで遺品整理を行えば効率的でしょう。

ただ、遺品整理を家族で行った方の話などをお聞きすると一軒家などでは、1年以上かかったなど大変な時間と労力がいるようです。

ポイント
遺品整理相場

遺品整理は、本来ご家族の手によって行うことが良いと思いますし、故人にとっても供養になると思います。しかし、最近、お手伝いできるご家族も高齢化が見られるうえに、最近の家具や家電も大型化しているので、ご家族だけで遺品を整理することが難しいことも多いようです。そこで最近は、遺品整理サービスを専門に行う会社がこの10年ほどで多く見られるようになりました。

下記の料金表は、某遺品整理サービスのホームページです

【間取りでの料金】

1K 35,000円~ 1DK 70,000円~ 1LDK 110,000円~ 2DK 130,000円~ 2LDK 160,000円~ 3DK 200,000円~ 3LDK 220,000円~

ホームページを見ますと、どちらの会社も料金表は、似たりよったりの金額で案内しています。しかし、実際には、このような料金で収まらないことが多いようです。

遺品整理の料金の決まり方は、遺品の量、作業の条件などによって決まります。同じ1Kといっても軽トラックで乗るだけの遺品であれば、35,000円で済むでしょう。しかし、2トン一台の遺品整理の料金では、10万円が相場になります。

現実的な遺品整理相場

現実的な遺品整理相場  一般的なケース、故人が生活していた状況で遺品整理サービスを利用すると、平均的な遺品であれば、次の金額が平均でしょう。

【間取りでの料金】

1K80,000円 1DK120,000円 1LDK150,000円 2DK200,000円 3DK280,000円 一軒家450,000円

ポイント
遺品整理相場

遺品整理は、本来ご家族の手によって行うことが良いと思いますし、故人にとっても供養になると思います。しかし、最近、お手伝いできるご家族も高齢化が見られるうえに、最近の家具や家電も大型化しているので、ご家族だけで遺品を整理することが難しいことも多いようです。そこで最近は、遺品整理サービスを専門に行う会社がこの10年ほどで多く見られるようになりました。

下記の料金表は、某遺品整理サービスのホームページです

【間取りでの料金】

1K 35,000円~ 1DK 70,000円~ 1LDK 110,000円~ 2DK 130,000円~ 2LDK 160,000円~ 3DK 200,000円~ 3LDK 220,000円~

ホームページを見ますと、どちらの会社も料金表は、似たりよったりの金額で案内しています。しかし、実際には、このような料金で収まらないことが多いようです。

遺品整理の料金の決まり方は、遺品の量、作業の条件などによって決まります。同じ1Kといっても軽トラックで乗るだけの遺品であれば、35,000円で済むでしょう。しかし、2トン一台の遺品整理の料金では、10万円が相場になります。

遺品整理サービス

基本的なサービス

専門業者であれば、下記のサービスは、含まれています

荷物の整理と仕分けサービス
遺品・必要な用品と不要な用品・荷物の整理をスタッフが行います。必要に応じで荷物の段ボール詰めも行います。また、不用品やゴミは、袋詰めしてトラックに積み込みしていただけます。
貴重品のお探しサービス
お客様が貴重品の整理が終わっていないケースでは、お立合いでの探索作業もお受けしています。また、不用品の整理の際には、丁寧な作業を行っていますので、発見次第きちんと整理してしていただけます。現金・通帳・印鑑・写真類・年金手帳・遺言書など。
設備・家具類の解体 サービス
不要なエアコン、ベッド、給湯器、温水便座、大型家具、物置などの不要な粗大ごみなどの搬出に必要で取り外し工事、解体工事も行っていただけます。
簡易清掃サービス
作業終了後には、明け渡し仕様で掃き掃除、一部洗剤使用のお掃除を行っていただけます。


オプションサービス 

一般的に有料のサービスのようです。
遺品のお届けサービス
ご親族に遺品や形見分けをお届けするサービスで、自社便やトラックでお手配していただけるサービスです。
お手入れサービス
お庭の草刈り、枝切り お庭に伸びた草、隣・道路のはみ出した枝など、必要であれば、お願いできます
仏壇・人形のご供養 サービス
年間3回ご仏壇、お人形、お写真などお寺で供養を行ってくれます。
特殊清掃サービス
特殊な清掃 タバコの臭い、ペットの汚れと臭い、ゴミ部屋の汚れ、孤独死の死臭の除去などのお掃除、除菌、消臭もしていただけます。

遺品整理業者とのトラブルに注意

遺品整理サービス業者さんがトラブルを起こしていることはありません。でも中には、業者さんとのトラブルの話を耳にすることもあります。国民生活センターさんが公開している内容を一部紹介します。国民生活センターサイトは、こちらから

センターで最も多い相談例

【事例1】見積もりの際にせかされて契約したが、作業が始まらないので解約したい

【事例2】解約を申し出たら高額なキャンセル料を請求された

【事例3】作業時に予定外の料金を請求され、最終的に見積金額の2倍の費用を請求された

【事例4】処分しないようにと頼んだ物を勝手に処分された

 これらの相談を見ますと、どうも遺品整理の専門業者でないようです。実は、ホームページの中には、経験のない業者がいたり、インターネットでホームページを作っただけで、仕事の体制も整っていない業者であったり、仕事の問い合わせがあれば、とりあえず契約に行って後から何とか考えようという業者もいるようです。

間違いない業者選び

ホームページで間違いない業者の選び方を紹介します。

・きれいなホームページでだまされないこと

最近ホームページ制作会社などネットに関連の業者がホームページを立ち上げ集客し、決まったら業者を探して下請けに使ってお仕事するケースも見られます。決してきれいなホームページだから、良い会社と判断しないようにしましょう

・会社概要を必ずチェックしましょう

会社概要に住所、電話など簡単なことしか書いてないケースは、注意してください。電話がフリーダイヤルの記載は、注意です。フリーダイヤルは、地域の特定もできませんから、あえて使って場所を明らかにしないようにしていることも考えられます。また、産業廃棄物や古物商の免許の有り無しもチェックポイントです。

・口コミ内容で決めないように

すべてが信用できないというものでもありませんが、評価の高い口コミがたくさん書き込まれているのは、注意しましょう。実は、この業界には、口コミを専門に書き込むライターさんが多く在宅ワークで仕事しています。

・実際の写真が載っているか見ましょう

綺麗なモデルさんのスタッフ写真も多く使われています。また、大型トラックが倉庫の前で30台も並んでいる写真など。このようなきれいな写真は、ネットで購入し、ホームページで使うことができます。このような写真ばかりでなく、現場の写真でありのままのスタッフが掲載されているかがチェックポイントです。

悪徳業者に被害を合わないには

お付き合いのある片付け屋ライフサービスの代表・大野勝彦さんから、アドバイスをいただきました。

こちらの会社では、7年間クレーム0を更新し、この間一度もクレームがないと言います。トラブルが増えた背景には、 大野さんによると、以前のお客さんは、パソコンで検索していたので、ホームページをしっかり読んでから、選択し、問い合わせをいただき、商談もスムーズでした。最近のお客さんのほとんどがスマホ検索で、なかなか隅々まで目を通さない方が、増えたのも一因のようです。

トラブルを起こさない大野さんの会社の方針とは

トラブルの原因は一方的に業者だけでないと大野さんは言います。お客さんにも不注意や安易さにも原因があると指摘しています。価格だけに重視することに問題だといいます。安い料金だと、追加料金が発生したり、スタッフがアルバイトだったりで、きちんとしたサービスが提供できないでしょうと。格別に安い価格表示せずに現実に近い価格を案内し、適正な利益を得て運営しているのが、トラブルを防止することだと言います。きちんとした利益での運営は、スタッフの待遇面もよく、質もよくなる、また掛け持ち現場や遅くまで無理な仕事もしないので、スタッフの疲労も少なくきちんとした仕事レベルが保たれるといいます。

悪徳業者の特徴の8つの特徴
下記は、よくない業者さんの特徴です。お客さまから下記の内容を問いかけずに業者から話しかけるケースは、注意してください

①契約を急がせる・・今日この場で契約いただいたら、いくらにしますと、契約を迫ってくる ②見積もりに平気で遅れる・・予定時間になっても遅れる連絡がなく、来ても誤りの言葉がない。③他社の悪口を言う・・安いと不法投棄されることもありますよ。この場合、業者と依頼した人も罰則を受けるなどを話する④大手企業を強調する・・テレビ出演、マスコミに取り上げたなどを強調し安心感を訴える⑤しつこい電話がある・・見積もり後でもしっこく電話をしてくる⑥手付金・内金を求める・・契約後、内金の支払いを請求される ⑦料金の確定がはっきりしない・・台数が増えると料金が追加になる ⑧作業の説明が不十分・・仕事の流れ、必要なものの置き場所、分別の仕方など、仕事の話がほとんどない

このように良い業者を見つけるには、経験が少ないご遺族にとって、難しいかもしれませんが、故人の冥福のためにトラブルのない遺品整理をしてあげたいものです。

情報・写真提供 下記のホームページを参照し、作成させていただきました。

遺品整理の片付け屋ライフサービス 

家財整理のディーシーワイ

荷物処分の片付け屋ライフサービス

遺品整理業者とのトラブルに注意

遺品整理サービス業者さんがトラブルを起こしていることはありません。でも中には、業者さんとのトラブルの話を耳にすることもあります。国民生活センターさんが公開している内容を一部紹介します。国民生活センターサイトは、こちらから

センターで最も多い相談例

【事例1】見積もりの際にせかされて契約したが、作業が始まらないので解約したい

【事例2】解約を申し出たら高額なキャンセル料を請求された

【事例3】作業時に予定外の料金を請求され、最終的に見積金額の2倍の費用を請求された

【事例4】処分しないようにと頼んだ物を勝手に処分された

 これらの相談を見ますと、どうも遺品整理の専門業者でないようです。実は、ホームページの中には、経験のない業者がいたり、インターネットでホームページを作っただけで、仕事の体制も整っていない業者であったり、仕事の問い合わせがあれば、とりあえず契約に行って後から何とか考えようという業者もいるようです。

任せて安心・相談も無料
板橋区・豊島区・葛飾区・荒川区・北区なら

遺品整理から家財道具のまるごと処分DCY

大田区 | 品川区 | 練馬区 | 渋谷区 | 荒川区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区|江戸川区 | 足立区 | 板橋区 | 北区 | 文京区 | 葛飾区 |豊島区多摩地区では、下記の地域で24時間対応しております。東久留米市 | 福生市 | 府中市 | 青梅市 | 羽村市 | 武蔵野市 | 三鷹市|清瀬市 | 東大和市 | 小金井市 |立川市 | 八王子市 | 国分寺市 | 西東京市|小平市 | 東村山市 | 武蔵村山市 | 多摩市 | 稲城市 | 町田市 | あきる野市|昭島市 | 狛江市 | 国立市 | 日野市

東京・多摩地区は、下記の営業所からお伺いしております
【営業所】板橋区板橋3-27-6
【営業所】入間市上藤沢881-1

お客さま相談ダイヤル
電話:03-5468-7021
(受付時間:8:00~19:00)
夜間相談ダイヤル
電話:050-3134-4757
(受付時間:19:00~0:00)