温泉に特化した英語表現 旅館編

 東京オリンピックの開催が決定して以来,来日する外国人観光客の数が急増しており,彼らは旅館,日帰り温泉,銭湯など様々な温泉施設を利用しています。また,日本を何度も訪れている外国人は東京や京都など有名な観光地だけでなく,地方を訪れており,2020年度の東京オリンピック前後には,東京近郊のみならず地方の温泉施設を多くの外国人が訪れると思われます。よって,温泉施設に従事する従業員のための温泉に特化した英語表現教材を作成いたしました。
 
温泉に特化した英語表現 旅館編は3つのステップに分かれています。 ステップ1では日本語を解説を聞き,ステップ2では英語母語話者の英語を何度も聞いてシャドーイングの練習をします。ステップ3では日本語を見て英語に瞬時に訳す練習をします。


温泉に特化した英語表現 旅館編のステップ1
温泉で必要と思われる英語表現を日本語を使いながら説明を行っています。

温泉に特化した英語表現 旅館編のステップ2
ここでは英語母語話者の発音で練習してもらいます。最終的にはシャドーイング(何も見ないで聞いた英語をそのまま発音できるようになる)ができるようになるまで何度も繰り返してください。

温泉に特化した英語表現 旅館編 ステップ3
日本語を見て英語に瞬時に訳す練習をするための動画です。細切れ時間にどこでもできるように敢えて音を入れませんでした。瞬時に英語に変換できるようになるまで何度も繰り返して練習してください。

より詳しい温泉の英会話を学びたい方はこちらをご覧ください。
https://tabunka.carreiraenglish.com/onsen-2/
明日香出版から「海外からのお客様を英語で案内・応対するための表現集」というインバウンドのための英会話の本を出版しております。温泉に関する表現の他,ホテルや旅館やレストランなどの英語表現が多く掲載されております。