プロフィール

小野 倫太郎(おの りんたろう)

昭和52年8月2日生 41歳
青森県五所川原市出身

[経歴]
・県立青森高校、名古屋大学法学部卒業
・平成17年~平成30年の約13年間自由民主党本部勤務
総裁・幹事長室で、歴代幹事長の8名(武部勤、麻生太郎、大島理森、石破茂など)を担当。
政務調査会では、社会保障、防災対策、女性活躍、一億総活躍などの政策に携わる。

[趣味]
将棋(アマ四段:2018年神奈川県アマ竜王戦準優勝)、囲碁、サッカー・野球観戦

ー志と公約ー

党本部職員約13年の経験を活かし
41歳倫太郎、バリバリ働きます!

私は、約13年間自民党本部において、総裁・幹事長室では歴代幹事長8名を担当し、
政務調査会では社会保障、防災対策、女性活躍、一億総活躍などの政策に携わってまいりました。

国・与党の中枢とのパイプを生かし、麻生区の皆様の声を国・県にしっかり届けてまいります。

長寿でも、最後の10年は…

 麻生区は長寿の方が多い地域です。しかし、健康寿命と平均寿命の差は、男性では約9歳、女性では約12歳と「人生最後の約10年」が不健康な状況が続いています。

私の祖母は、赤ん坊だった私を背負いながら、空き瓶のケースを担いだりするなど、体は丈夫でしたが、祖父が胃がんで亡くなった後、これまで一心同体で過ごしてきたこともあり、精神的・肉体的に大きなダメージを受け、介護を必要とする段階まで衰弱してしまいました。今は丈夫でも、最後の10年はどうなるかわかりませんので、予防と公的サポートが必要となります。年を重ねても、いきいきと過ごすため、認知症・生活習慣病等の予防に力を入れ、健康寿命を延ばします。

また、祖父母や父母など身近な家族な亡くなった際、孤独や不安、精神的・肉体的ダメージを軽減するためのサポートも必要です。具体的には、「家族外来」「遺族外来」の設置を推進します。

産後の情報収集で自治体にアクセスをするのは1割

 ベネッセ教育総合研究所の調査によれば、出産後の生活についての情報収集のために、自治体の媒体や窓口へアクセスをする比率も、1割前後と極めて少ない状況です。支援策はあっても、どこにいけば支援が受けられるのか、相談ができるのかわからない状況があり、使い勝手が悪く、無駄が生じています。

 フィンランドの「ネウボラ」のような妊娠・出産・子育てまで一貫した支援・相談ができる体制が必要です。ワンストップの子育て支援拠点(日本版ネウボラ)の導入を支援します。政権公約2014で、女性活躍の担当として、日本版ネウボラの導入を記載し、進んできましたが、麻生区でもその取組を強化し、母親に安心感を与え、産後うつや児童虐待の予防、仕事との両立など、様々な問題の解決につなげてまいります。

約6kmの延伸で10年も…

 横浜市営地下鉄3号線延伸が事業化されましたが、開業目標が2030年で、約6kmの延伸で10年近くかかることになります。リニア新幹線(品川~名古屋)が約300kmで2027年開業と比べると、時間がかかりすぎの感があります。国・県・市が連携して地下鉄延伸の早期実現を目指します。

渋滞の緩和のための道路の整備もスピード感を持って進めます。

自民党本部約13年の経験や国・与党の中枢との人脈・パイプ等を活かし、麻生区の声を国・県に届け、責任政党の一員として結果を残します。

自民党が下野した時期も、党を支えてくれたのは、地域の皆さんです。私は大島理森幹事長時代に多くの地域を訪れ、地域が政治の原点であるという思いを強く持ち、自分の経験を最も活かせる麻生区で活動しています。

長寿でも、最後の10年は…

 麻生区は長寿の方が多い地域です。しかし、健康寿命と平均寿命の差は、男性では約9歳、女性では約12歳と「人生最後の約10年」が不健康な状況が続いています。

私の祖母は、赤ん坊だった私を背負いながら、空き瓶のケースを担いだりするなど、体は丈夫でしたが、祖父が胃がんで亡くなった後、これまで一心同体で過ごしてきたこともあり、精神的・肉体的に大きなダメージを受け、介護を必要とする段階まで衰弱してしまいました。今は丈夫でも、最後の10年はどうなるかわかりませんので、予防と公的サポートが必要となります。年を重ねても、いきいきと過ごすため、認知症・生活習慣病等の予防に力を入れ、健康寿命を延ばします。

また、祖父母や父母など身近な家族な亡くなった際、孤独や不安、精神的・肉体的ダメージを軽減するためのサポートも必要です。具体的には、「家族外来」「遺族外来」の設置を推進します。

携わった主な政策提言

2018年7月23日 児童虐待・高齢者虐待・障害者虐待に関する提言(中間報告)
自由民主党政務調査会 虐待等に関する特命委員会
2018年7月6日 公文書管理の改革に関する最終報告
与党公文書管理の改革に関するワーキングチーム
2018年5月23日 一億総活躍社会の構築に向けた提言
自由民主党 一億総活躍推進本部
2017年12月8日 アジア健康構想の推進に向けた提言
自由民主党政務調査会 国際保健医療戦略特命委員会
2017年5月11日 政策立案に資する統計の整備と活用に関する基盤構築への提言
自由民主党政務調査会 新経済指標検討プロジェクトチーム
2017年5月10日 一億総活躍社会の構築に向けた提言
自由民主党 一億総活躍推進本部 
2016年11月29日 性犯罪・性暴力被害者支援のための 10 の提言
与党「性犯罪・性暴力被害者の支援体制充実に関する PT」
2016年5月31日 アジア健康構想 Asia Human Well-Being Initiative に関する提言
自由民主党政務調査会 国際保健医療戦略特命委員会
2016年5月10日 2016 新たな飛躍へ、3 つの挑戦 ~政治、独立起業、そして人権~ 女性活躍推進本部 提言
自由民主党女性活躍推進本部
2015年8月28日 国際的に脅威となる感染症への対策及び国際保健政策の強化に関する提言 
自由民主党政務調査会 国際保健医療戦略特命委員会
2015年6月9日 自由民主党 女性活躍推進本部 提言 
2017年12月8日 アジア健康構想の推進に向けた提言
自由民主党政務調査会 国際保健医療戦略特命委員会

佐藤孝弘 山形市長のメッセージ

ご支援者の皆様

これまでの活動

かながわ女性局研修会
北海道胆振東部地震救援募金活動
地域活動
地域活動

事務所の情報


住所 〒215-0024
神奈川県川崎市麻生区
白鳥3-9-7-205
TEL
FAX

044-455-6296

メール

onorin08@gmail.com

メール

onorin08@gmail.com

ご声援・お問合わせ

ご声援やお問合わせはこちらのフォームよりご連絡ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信