なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

ゆるポジ部

特性のあるお子さんのいるママも
ゆるくても流されない、
自分らしい生き方を実現しませんか。

オンラインサロンとは?

同じような想いを持ったママ同士の
会員制オンラインコミュニティです。

このオンラインサロンでは、
自分の時間や心だって大切にしたい
・子育ての悩みを共有できる仲間が欲しい
・継続して、いつでも相談できる場が欲しい
安心して相談や発信ができる場が欲しい
・自分やわが子の課題を解決する方法を見つけたい
・先生やママ友との上手なかかわり方を知りたい
・家庭の中の子どもの環境を整えたい

などと思ったことのある方が

毎日を穏やかに過ごせるようになる
・余裕を持って子どもの成長を見守れるようになる
自分に合ったものの見方ができるようになる
・周りの人とストレスなく付き合えるようになる
・今の課題が見える化し、自分や子どもに合った
 適切な対処法を見つけられる
・子どもとのかかわり方がわかる
・自分も子どもも“自己肯定感”を高められる

ようになることを目指しています。

まずは、「ママの心と時間に余裕がうまれ、
自分のことも楽しめるようになる♪」を目指します。

そして
“人はみんな凸凹。そのカタチや度合いが違うだけ”
という考えのもと

お互いの特性・個性を受け入れ、尊重し
みんなが生きやすい社会を作る!

そのために今の自分にできる事から
少しずつ変えていこうとするコミュニティ
でありたいと願っています。


どんなことができるの?

月1回のオンライン座談会

オンライン会議室・ZOOMを使って
2時間ほどのプチ講座&座談会を開催します。
録画してFacebookグループで共有するので
当日に参加できなかった方や
子どもと一緒で聞き逃しちゃった!
という方も、何度も視聴できます。

プチ講座の内容はこちら

・目的から考える“子育てと片づけ”
・やることリストの正しい扱い方
・ママに必要な情報リテラシーとは
・イライラ&もやもやを解消する4STEP
・まとめ~見通しを持って穏やかに暮らすために
※お話の中で変更になる場合もございます※

メンバー全員が
自由に質問・情報共有できる

・こんなときどうしてる?
・ちょっと困ってます!
というご質問やご相談、

・わが家で工夫して上手くいったこと
・これはみんなにシェアしたい!
といった情報の共有など

全員がFacebookグループ内で書き込めます。

それぞれの書き込みごとに返信できるので
自分が書いたことが埋もれてしまう心配なし。
あとから見返すときも見つけやすく便利♪

サロンオーナーってどんな人?

発達凸凹くんママ HaRuのこと

思考とモノの片づけアドバイザー
として、まずは頭の中を整理することが
モノの片づけにも子育てにも
人間関係やお金のことにも、
“人生のすべて”に役に立つ!という事を
お伝えし、実践するサポートをしています。

プライベートでは二児の母。
特性をもつピュアな小学生の男の子と
愛情表現豊かな未就学の女の子がいます。

ラジオアプリ Radiotalk内で
『発達凸凹くんママのゆるポジティブにいこう』
という番組を配信中。
子育てが楽になる考え方などを
ゆるーく、時にまじめにしゃべります♪

オンラインサロンへの参加方法

Step.1
お申込み
『オンラインサロンに参加する』をクリックし、
フォームを入力して送信して下さい。
すぐに自動返信メールをお送りしています。
届かない場合は、迷惑メールフォルダもご確認の上
それでも届かない場合は再度お申込みフォームから
ご入力をお願いいたします。
Step.2
会費のお支払い
1クール(6ヶ月分)を一括で頂戴しています。
お振込み先をメールにてお知らせいたしますので
ご本人様のお名前でお振込みをお願いいたします。
Step.3
招待メールを受け取る
お振込み後、Facebookで友達申請をお願いします。
グループへの招待が届きましたらご参加ください。
Facebookアカウントをお持ちでない方は作成をお願いします。
Step.4
参加完了!
よろしければ簡単に自己紹介をお願いします(^^)/
Step.2
会費のお支払い
1クール(6ヶ月分)を一括で頂戴しています。
お振込み先をメールにてお知らせいたしますので
ご本人様のお名前でお振込みをお願いいたします。

サロン参加費

  • 5000円/6ヶ月
  • (税込)
  • ※ご案内は第一期(2021年10月~2022年3月)分です。

    よくあるご質問

    • Q
      Facebookを使ったことがなくても大丈夫?
      A
      はい、大丈夫です(^^)
      アカウント作成に不安がある方は
      サポートいたしますのでご相談ください。
      完全非公開のグループですので、安心して
      オンラインコミュニティを楽しめます。
    • Q
      仕事をしながらでも参加できますか?
      A
      プチ講座&座談会は
      基本的に火曜日の開催となりますが、
      録画を共有することでメンバーの皆さんにご視聴いただけます。
      ご質問などの書き込みはいつでもできますので、ご自身のペースでご参加ください(^^)
    • Q
      仕事をしながらでも参加できますか?
      A
      プチ講座&座談会は
      基本的に火曜日の開催となりますが、
      録画を共有することでメンバーの皆さんにご視聴いただけます。
      ご質問などの書き込みはいつでもできますので、ご自身のペースでご参加ください(^^)
    さいごに

    みんなと同じように育児をしてきたつもり。
    なのに、この子はどうして年中になっても
    他の子と楽しく遊ぼうとしないのか…

    「年中・集団が苦手」で検索したら
    画面にずら~っと並んだ『発達障害』という言葉。

    息子が年中~年長の頃の私は、
    この言葉に縛られ、
    息子を勝手に『発達障害の子』という
    枠に入れていました。

    そして私自身も
    『大変な子を育てる母親』という枠に
    いつのまにか入ってしまっていました。

    苦手な事を何とかできるようにしなきゃいけない

    焦る気持ち、不安な気持ちが先に立って
    あれも、これも
    やらねばならないことだらけの毎日。

    そんな時に出会った先生に
    「できなくても困らない事ってあるよね」
    「苦手ならスルーするすべを身に付けたら?」
    と言われ、気持ちが楽になりました。

    日本人には
    「できないこと」に過剰反応する人が
    とても多いように感じます。

    それは、今までの教育が
    “みんな横並びにできるようになること”を
    目指してきたからかもしれません。

    でも、みんながみんな
    同じようにできなくてもいい。
    得意なことや苦手なことは違うし
    やり方も違って当然。

    わが子が幸せな大人になるために
    どんなことが必要か。

    そのために必要なことを頑張り、
    不要なことはスルーする。

    モノの片づけに限らず、
    要・不要の判断や
    優先順位の付け方が大切。

    この考え方・スキルを身に付けてから
    子育ては劇的に楽になりました。

    そして、子育てだけにとどまらず
    自分のことにも向き合い、より深く知ることで
    “ママでも自分らしい生き方”ができるように。

    これは、わが子が発達障害だからとか
    定型発達だから、とかは関係ない考え方。

    すべてのママが
    ゆるくても流されない子育てを楽しめる。

    すべての子どもが
    主体的に生き生きと生きられる。

    そんな未来を目指して
    今の私たちにできることから一つずつ、
    一緒にやってみませんか?

    サロンでお会いすることを楽しみにしています。