”オンライン学校”とは

新型コロナの影響で休校を数か月余儀なくされているお子さん、そして親御さんに対して無料でオンライン授業(Facebook live)約50カリキュラムをライブで提供する
取り組みです

様々な問題に対して・・・

”オンライン学校”
一挙解決!

激動な社会を生きていくために
本当に必要な学校へ

5科目
探求学習

出会い


これからの
社会
について


これからの
社会
について

学校が休校になりこんなお悩み
ありませんか?

  • 塾に預けたくても費用がかさむ。。
  • 子どもに勉強を教えようとして結局、口論になる。。
  • 家でゲームや漫画ばかり見ているがこれでいいのか不安。。
  • 休みが空きすぎて新学期からの勉強についていけるか不安。。
  • 新型コロナウイルスの影響でどこも外出するところがない。。
  • 休みが空きすぎて新学期からの勉強についていけるか不安。。

”オンライン学校”とは!?

  • ☑平日の午前、午後に主要5科目を日替わりで、土日は”社会に出て使える力”と題してlive配信します。
    国、社、数、算、理、英はもちろん、社会に出て必要な力で子どもの時に知っておいてほしいお話(お金について、これからの社会のこと、仕事のこと、地球環境、なんで学ぶのか?食や健康のことなどなど)をその道の実践者の方をお呼びしお話を頂き参加者に”問い”を与えます。
  • ☑対象者は小学1年生~高校3年生のお子さん&親御さん
    親子でご参加OK、お子さんのみもOK大人の方のみのご参加も大歓迎です。もちろん未就学児のお子さんの親御さんもご参加頂けます。
  • ☑どこからでも参加OK
    ネット環境がある場所からでしたらどこからでもご参加頂けます。顔を出さずに家事をしながら作業をしながら聞きたいということももちろんOKです。
  • ☑対象者は小学1年生~高校3年生のお子さん&親御さん
    親子でご参加OK、お子さんのみもOK大人の方のみのご参加も大歓迎です。もちろん未就学児のお子さんの親御さんもご参加頂けます。

”なんで学ぶのか?”を問う


経験豊富な先生たち


宮園 順光 先生
株式会社グローレン 
取締役

10 歳より高校卒業までをベルギー(アントワープ)で過ごす。帰国後、上智大学比較文化学部を卒業後、株式会社イーオンに入社。初級〜上級ビジネス英会話レッスン等、幅広くレッスンを提供。また教務主任として各スクールのマネジメント、外国人講師の育成・指導、教材・プログラム開発に従事。2014年より株式会社グローレンに参画。語学プログラムおよびアセスメント開発の総責任者を務める。これまでの受講者数はのべ1万人を超える。

<保有資格>TOEIC990点(満点)英検1級  J-SHINE 小学校英語指導資格

及川 政孝 先生

株式会社シーエフエス 
取締役
子別指導塾Abilis 代表

学生時代は勉強嫌いでずっと座っていることができず授業中、隣の人に声をかけて授業を妨害するのは日常茶飯事。社会人になり約10年間で延べ1万人の経営者と出会い社会で必要な力は学校の成績とほとんど関係ないことを知る。その中で「何のために学ぶのか?」そして本当に社会に出てから使える学習法を見つけるため様々な学習法を探す中で人が学ぶ力そのものを助ける技術Study Technologyと出会い、現在は「学ぶ力は生きる力」というテーマのもとこの技術を学習塾、公教育、家庭共育を通じて子どもたちに広く提供している。

石島 涼麻 先生

株式会社SEASIDE
人事責任者
子別指導塾Abilis
スーパーバイザー

大学進学のため上京、学生時代では体育科の教員養成課程を終了し、中学・高校の教員免許を取得する。在学時の教育実習で、将来の夢を持てない子供たちと多く出会い、大きな衝撃を受ける。 現在はコンサルティング業務の傍ら塾で子どもたちに指導をして

これまで100名以上の子ども達とかかわり勉強嫌いを改善している。

おいかわあいか 先生
保育士
子別指導塾Abilis
幼い頃、弟の誕生がきっかけで愛情を注ぐことの喜びを感じ、保育士になることを決意。子どもたちと関わる際に大切にしていることは、子どもの“心”を育て“可能性&個性”を伸ばすこと。そのために、子どもが自分で考えたりやってみたり気づいたりする経験ができるように、とにかく見守ること(環境を整えること)!そして、とにかく子どもの気持ちを受け止めること!を軸に関わり続けてきたことで、子どもの考えや気持ちが手にとるように分かるようになり保育士11年目を迎える。

齊藤 陸 先生
株式会社イノビオット 取締役
子別指導塾Abilis

学生の頃のカンボジアの教育ボランティア活動をきっかけに、教育格差、地域格差の解消を目指し千葉県各地域にプログラミングスクールの立ち上げから、Web・Youtube・イベントを連動させた先端教育に関する新たなメディアの立ち上げなど、現在の教育の課題をビジネスで解決する仕組みの構築、運営を数多く経験。プログラミングスクールの講師として小学生を教えながら、小学校の先生や大学でも講義を行っている。

内山 由香梨 先生
子別指導塾Abilis

高校時代塾の英語の先生がきっかけで、異文化に興味を持つようになり大学生活はバックパッカー・サークル・アルバイトな生活!卒業後は、金融機関にて営業と人材採用・育成に携わる。様々な人と関わる中で生育環境が人をつくる事を痛感し、会社の人材育成ではなく子どもの教育に本格的に関わる事を決意。現在、小学校勤務と並行で教職課程を履修中。多種多様性を受け入れ個人の可能性を引出し、寄り添う事を忘れずに社会で活躍出来る「人」の育成を目指し、日々学び継続中です♪

杉山かおる 先生
広島県在住。塾講師歴9年。800名の生徒を指導をする。小学2年生と4歳の男の子の子どもがいるお母さん。学ぶことは楽しいということを発信中。
岡田 春佳 先生
保育園 園長
小学校の時からずっと思い描いていた保育士になるという夢を叶えて14年。結婚と出産を経て母としては今年で6年目を迎えるワーキングマザー。14年前都内の公立保育園の保育士として保育士人生をスタートさせ、保育に携わる中で保育の専門性と子どもの可能性の無限さと面白さにどんどん魅了されていく。保育についてもっと様々なことを探求すべく、2019年に公立保育園から民間の保育園へと転職を決意。現在は認可保育園での園長を務め、子どものそこで働く保育士の幸せと笑顔を生み出すべく日々奮闘中!
おいかわあいか 先生
保育士
子別指導塾Abilis
幼い頃、弟の誕生がきっかけで愛情を注ぐことの喜びを感じ、保育士になることを決意。子どもたちと関わる際に大切にしていることは、子どもの“心”を育て“可能性&個性”を伸ばすこと。そのために、子どもが自分で考えたりやってみたり気づいたりする経験ができるように、とにかく見守ること(環境を整えること)!そして、とにかく子どもの気持ちを受け止めること!を軸に関わり続けてきたことで、子どもの考えや気持ちが手にとるように分かるようになり保育士11年目を迎える。

別授業

毎週土日は様々な道で挑戦している社会人からの学びそして素晴らしいがあります。

テーマ
感じる図工

櫻井はる枝 先生

株式会社HARUE FLOWER 代表取締役社長
ハルエフラワーアカデミー学長
お花と共に36年、世界5か国の花の国家資格を保有する
唯一のフラワーデザイナー。国内においては、特別なお客様へ世界で一つのお花をお届けし、お客様の感性を刺激するお祝い花やフラワーギフトを完全受注型で設えております。海外においては政府の催事や映画祭のお仕事をさせていただいております。『花は人生という荒野を生き抜く為の武器』であることを一人でも多くの人にデザインや教育を介して伝えている。
三島桂太  先生
株式会社HPP代表取締役社長
根本改善美容家
俳優、モデル、不治の病、鬱病、ホームレス経験から "根本改善美容理論"を開発。 地球は健康で出来ているを体現し日本だけでなく 海外でも施術を行う。 『安い』『どこでもいい』『終わりがない』などが今の整体業界で当たり前になっていることを問題視し、 【役に立ち、意味のある】整体を実践。 『バケモノの主治医』と呼ばれ自分らしく生き社会を動かして行くエネルギー溢れる“バケモノ”たちのボディーメンテナンスをし、パフォーマンスを120%以上にすることで社会全体を活性化させる活動をしている。 起業から『毎日必ず5人以上と会う』という習慣を続け、4年間でのべ10000人以上と会い、 その豊富な人脈を繋げイノベーションを起こす活動もしている

テーマ
好奇心 初代南極観測船『宗谷』物語について

「南スーダン~世界で一番
『若い』国の東京オリンピック~」

尾崎 由博 先生

2006年より国際協力機構(JICA)にて勤務。インド、パキスタン、アフガニスタン等南アジアにおける安全対策、開発支援案件の形成、実施を担当。パキスタン駐在中国政選挙や首都における大規模反政府デモ等に対応し、現場での安全管理業務ノウハウを体得。国連機関及び世界銀行の危険地赴任者向け訓練も受講しており、JICAのみならず国際機関の安全対策研修内容も熟知。2018年より独立し、現職。

テーマ:”ギフトに生きる”
テーマ:お金ってなに?

石丸 弘 先生
「へいわな世界」がいいなって思ってできることをしています。コンセプトは「ギフトに生きる」

◼️おしごとや活動の一部
・平和が広がる仕組みづくり
・画家
・ギフトに生きるおはなし会
・マーケティングコンサルタント
・組織のコンサルタント
・個人向けコンサル・コーチング
・コンサルタントのコーディネーター
・平和財団さんやNPOさん、想いのある人の応援
・人と人、人と情報、人とナニカを繋ぐこと
・人材紹介
・面白い土や水の販売
・自然経営研究会   http://jinen-management.org/ 
・ギフト経済ラボ https://giftjp.jimdo.com/ 
・オンラインラジオ https://heartfullcommunity.wordpress.com/ 
国光 美佳 先生
国際食学協会特別講師
一般社団法人リンパデトックス協会特認講師
京都府地域力再生プロジェクト交付金採択事業「キレる子どものための食育インストラクター養成講座」講師
子どもの心と健康を守る会 代表家庭教育相談員

●大妻女子大学家政学部卒業
● 女子栄養大学文部省認可「栄養と料理一般講座」修
● 大妻女子大学児童臨床センター認定 家庭教育相談員
● 小学校教諭第1種免許・幼稚園教諭第1種免許

<著書>「食べなきゃ、危険!ー食卓はミネラル不足」(三五館)「食事でかかる新型栄養失調」(三五館)「奇跡の食育②」(美建ガイド社)「心の健康手帳」(再チャレンジ東京)「キレなくなった子どもたち」(食品と暮らしの安全基金)

テーマ
”働くとは!?”

平田 未緒 先生
株式会社働きかた研究所 
代表取締役所長
株式会社アイデム人と仕事研究所所長を経て現職。従業員定着率が高く業績がよい企業は、労使が互いを信頼・尊重し合っている共通点があることに着目し、『相思相愛マネジメント』を発案、実践している

テーマ
”サスティビリティ”とは

廣水 乃生 先生
ADS株式会社 執行役員
東京学芸大学大学院教育学研究科修了。
数学が専門で、人生と数学の結びつきをいつも大切にしており、数学的感覚を身に着けること、数学でしか身につかない能力もあるから挑戦してみることを主眼に教育現場では関わってきました。
現在、Sustainability(持続可能性)の実現を目標に、ビジネス、コミュニティ、教育の分野に関わっており、私立高校でSDGsに関する授業なども行っています。世界の大きな変化の中、本当に身に着けていく能力を明確にしていく取り組みを進めています。
山下 翔一 先生
株式会社ペライチ 創業者 取締役会長
・1億総ネット利活用時代を目指す『株式会社ペライチ』創業者 取締役会長
・600以上の自治体の首長が加盟『2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合』代表サポーター(企業代表)
・全国数十万ヶ所 2000万人を目指す『応援村(経産省連携)』 執行委員 兼 広報部長 ※日経トレンディ「2020年ヒット予想」で1位を獲得
・環境省主導の国家プロジェクト『地域循環共生圏プロジェクト』メンバー
・真の地域活性化を目指す『一般財団法人カブジチコンソーシアム』代表理事
・2018年から世界60拠点 4万人以上を巻き込み世界最大のフェスを目指す『おうえんフェス』発起人 会長
・次世代の産業界のグローバルリーダーを育成し、ICTで現代の維新を目指す『情報経営イノベーション専門職大学』客員教授
・佐賀県有田町 他、複数自治体の顧問やアドバイザー
合計で35以上の企業・団体・プロジェクトの代表・役員・社外取締役・顧問等を務めている。

■マイビジョン
世界中の全ての人が自立したそれぞれの幸せを手に入れ、世界平和を実現する。

テーマ
SDGsってなに?

富所 哲平 先生
群馬県みどり市出身。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー群馬住みます芸人アンカンミンカン
ぐんま特使
みどり市観光大使、
環境カウンセラー
笑いヨガリーダー
ぐんまの地酒大使
道の駅おおた観光PR大使。
全国47都道府県に芸人を派遣して「笑い」で地域を盛り上げる あなたのまちに住みますプロジェクトの群馬県担当。県内を中心に、イベント・パーティーなどのMCや賑やかしなど活動中。Twitter @tomitetsu823
Facebook 富所哲平
Instagram tomitetsu823
ブログ https://lineblog.me/tomitetsu823/
FMぐんま「ビジネタ!」「WAI WAI Groovin'」、群馬テレビ「カラオケチャンネル」、FM桐生「まじうれ」

テーマ
最近、台風ヤバイのなんで??
〜世界と日本の気候変動〜

重村 聡 先生
京都大学にて環境工学を学ぶ傍ら、京大ゴミ部にてゴミ問題に対しての啓蒙活動、ソリューション検討、実証実験などを経験。 大学卒業後、株式会社リクルート、ベンチャー企業を経て、現在は教育サービス企業に勤務。 2019年、アル・ゴア元アメリカ副大統領の主催するClimates Leadership Programでのトレーニングを修了。 気候変動のリアリティ認知、対策への行動促進を草の根活動中。

テーマ
プロフェッショナルとは!?

新井 和宏 先生
株式会社eumo
代表取締役
1968年生まれ。東京理科大学卒。
1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。公的年金などを中心に、多岐にわたる運用業務に従事。2007~2008年、大病とリーマン・ショックをきっかけに、それまで信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになる。2008年11月、鎌倉投信株式会社を元同僚と創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い2101」の運用責任者として活躍した。2018年9月、株式会社eumo(ユーモ)を設立。かんしんビジネスクラブ アドバイザー、Sustainable Co-Innovation Forum(SCIフォーラム) 理事、VENTURE FOR JAPAN オフィシャルサポーター、2015年5月11日放送 NHK 「プロフェッショナル~仕事の流儀」出演。著書『投資は「きれいごと」で成功する』(ダイヤモンド社)、『持続可能な資本主義』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』(イーストプレス)

テーマ
いやなことも、つらいことも、
みーんなハッピーにできちゃうお話

栗原 志功 先生
株式会社あなたの幸せが私の幸せ。
代表取締役
1971年地球生まれ。寄居養護学校(小学校)卒業。高校を卒業後、大学受験全滅し、路上でケータイを売り始める。98年携帯ショップを運営するもしもん株式会社を設立。32歳で青山学院大学に入学、7年かかって卒業して、世界を変える為、慶應義塾大学に入学。現在は通信、介護、人財育成を柱に、130億円を超える企業に成長。会社経営の一方、慶應大学院後期博士課程に在籍しつつ、講師も務める。主に幸福学を研究。2年間で40カ国を訪問。全国各地で講演や教鞭をとる。

近日公開
”マジックを通じて
子どもの自己肯定感を高め地域を活性化する”

 前田真孝 先生
株式会社マジックポット
代表取締役社長
全国、岡山・広島・三宮・梅田・新宿・福山・高知・高松・仙台・郡山・静岡・札幌・川崎・博多・福井・秋田に16店舗展開(2019年8月現在)に「手品家」を展開し社員ほぼ全員が現役プロマジシャンの会社を経営しする。そしてマジックは最高のコミュニケーションツールでもあるという考えから引きこもりの改善や子供の自己肯定感向上など、社会課題の解決にも取り組む

参加者の声

小学5年生 親御さん
ワクワクが止まりませんでした!親子で学ぶ事が楽しいと心から感じさせて頂きました!
小学5年生 親御さん

辞書を味方に付けた子供は勉強の伴奏者を得られます。今回もゲームタイムが充実していて子供が辞書を手に取る事に躊躇しません。これがきっかけで辞書を引くこと、文字、単語、単語の意味などにたやすくリーチ出来るようになる。そんな魔法のような40分でした。

小学6年生 親御さん
大満足でした!!たのしくなるような、先生からの質問の仕方だったり、興味を引く授業だったと思いました。
小学3年生 親御さん
スライドが分かりやすく、面白いと漢字大嫌いな子どもが言ってました。覚えさせるコツみたいなことも伝えていただき親も勉強になりました。漢字辞典、絶対興味ないだろうと思って購入してませんでしたが買いに走ろうと思います。
ここが違う!

”オンライン学校”の特徴

社会経験が豊富な先生たち
ただ教科書に書いてあることだけを教えてもつまらない!勉強をどう社会に出てから使うのか?を社会人経験が豊富な先生たちが次々に登壇し皆さんにお伝えします。
学校では学べないことを学べる
オンライン学校で最も力を入れているのは土日の課外授業です。子どもの時に知っていたら変わったと思われる「お金について」「働くって?」「社会貢献について」「なんで学ぶの?」「夢、志って何?」などなど子どもさんそして親御さんと考えます。
親子で学べる
オンライン上で日本全国、海外どこからでもインターネット環境さえあれば参加できます。参加者の多くがお子さんと親御さんが同じ部屋でご一緒に聞かれています。オンライン学校の学びを通じて親子のコミュニケーションをより活発にしていきましょう。
親子で学べる
オンライン上で日本全国、海外どこからでもインターネット環境さえあれば参加できます。参加者の多くがお子さんと親御さんが同じ部屋でご一緒に聞かれています。オンライン学校の学びを通じて親子のコミュニケーションをより活発にしていきましょう。

”オンライン学校”
開校の背景

なんでするの??

今回の”休校”がもたらした問題は大きく3つです。

①生活リズムの崩壊
→これまで月曜日~金曜日は当たり前のように学校へ行き、時間割どおり授業が進むことで勉強の時間を確保し、メリハリをつけられていたが、これが突然「主体性」に置き換えられてしまったこと。


②何を学ぶのかわからない

→教科書で学んだ方がいいのか、ドリルをやった方がいいのか?そもそも主体的に学ぶ経験少ないため何から手をつければいいのかわからない。


③学び方が分からない
→予習をしたい!1年前の復習をしたい。けれども、分からないことが多くて主体的に自主学習をするための「方法」がわからない。


この3つの壁に日本中の親御さん、お子さんがぶつかっています!


しかし


こんな今だからこそ、いままでの“当たり前”を問い直す大きなチャンスです!!


よく言われるのは、お腹が空いている人には魚ではなく、「魚の釣り方」をお伝えすることが大切というものがあります。確かに正しく、本質かもしれません。


しかし、この緊急事態の中では、お腹がすいていればいま食べられる「魚を与えること」も必要だと思っています。


このプロジェクトは普段、教育にかかわる大人たちが力を合わせて、この現状に対して対策を打つべきだと感じた大人たちが力を合わせて運営しています。

参加までの流れ

Step.1
”オンライン学校へ参加する”ボタンを押す
Step.2
”Facebookオンライン学校グループページ”の参加ボタンを押す
Facebookグループに参加ボタンを押すだけです
今すぐ参加しましょう!
※オンライン学校参加へはFacebookのアカウントが必要になります※
Step.2
”Facebookオンライン学校グループページ”の参加ボタンを押す
Facebookグループに参加ボタンを押すだけです
今すぐ参加しましょう!

運営事務局

オンライン学校 事務局

子別指導塾Abilis 内
TEL:03-5422-9957
E-mal:oikawa@cfs21.co.jp
担当:及川

このプロジェクトの協力団体