最近は、外出自粛規制の影響で
会社もオンライン化が進んでいますが、転職エージェントとの面談もオンライン化が始まっています。


その中でもリクルートエージェントのオンライン面談はどうなのか、メリットとデメリットをご紹介しますね!
混雑しているので先に予約が安心♪

リクルートエージェントのオンライン面談のメリット

オンラインのメリット

  • 就業中で時間がない人でも自宅で面談してもらえる
  • 近くに転職エージェントがなくても仕事を探してもらえる。
  • すぐに面談してもらえやすい。
  • 近くに転職エージェントがなくても仕事を探してもらえる。

オンラインは就業中の人には便利

就業中は、どうしても平日は残業や急な仕事も入りやすく、なかなか思うように時間が確保できないものです。

オンラインであれば、自宅で面談ができるため、休日の空いた時間や、帰宅後の時間の確保がしやすいですよね。

そのためには、
自宅で面談を受けやすいようにする環境も整理しておきたいところです。

例えば
1.パソコンスペックを確認し、ZOOMなどが動作するものか事前にチェックする。
2.動画を撮影しながら、自分の映像の移り具合をチェックする。
3.音声のボリュームは適正が確認する。

などがあります。

仕事探しはオンライン面談からスタート

仕事探しは、転職雑誌やWeb検索で探す方法もありますが、やはり、優良企業や自分の希望に合った企業を探す場合は、エージェントに相談が早いですよね。

そのためには、
仕事探しのポイントとなる自分の希望や経験の棚卸をしておきたいところです。

例えば、
1.過去にどのような経歴を積んできたか?
2.どんな企業を希望するのか。
3.希望の業種・職種の優先順位はあるか。

このようなことを決めておきたいところです。

リクルートエージェントのオンライン面談のデメリット

リクルートエージェントのオンライン面談を受ける場合のデメリットを3つ挙げてみました。

オンラインのデメリット

  • パソコンスペック、通信環境により音声・画面が切れる可能性がある。
  • 相手の声、自分の声が届きにくいケースがある。
  • 自宅の場合、服装がラフになりがちになる。
  • 相手の声、自分の声が届きにくいケースがある。

オンライン面談の時の音切れ・画面切れは注意

オンライン面談は、ZOOMやGoogleミートなどを使うことがあります。
画像や音声のデータを同時に受け取ったり、送信したりといったことをするため、ある程度のパソコンのスペックが要求されます。

そのためには、
スペックを重視したパソコン選びが必要になってきます。
Zoomであれば、
1.プロセッサーはデュアルコア2GH以上
2.RAM 4GB
3.必要な帯域幅
が求められます。
また、声は、マイクの質にもよるため、必要なものは、Amazon等で準備しておくと便利です。
安いものであれば、2000円程度で購入できますよ。

リクルートエージェントのオンライン面談の服装

オンライン面談の服装は、特に指定されることはないと思いますが、
やはり、スーツは着用していた方が安心です。

転職エージェントの担当者も、服装や仕草、雰囲気も加味して、紹介する会社を検討することもあるため、通常の対面面談と同じ気持ちで接しましょう。

リクルートエージェントのオンライン面談を上手く活用するコツ

リクルートエージェントは、数ある転職エージェントの中でも豊富な案件数を持っています。

そのためも、オンライン面談は上手く活用したいところですよね。

リクルートエージェントの面談時間は、1時間から2時間程度です。

そして、この時間内に希望の業種職種・過去の経歴・どのような経験が活かせそうかなどをヒアリングしながら進めていきます。

なので、自分でその場で考えてしまうと、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

そうならないよう、事前に、
メモ帳などに、相談内容を箇条書きで残しておくと安心です。

また、転職先の相談だけではなく、給与面や職場の雰囲気、業績なども相談しておくとイメージがより深まると思います。

就業中のせっかくの大事な時間を使うなら、出来る限り充実した内容が聞けるよう準備しておいてくださいね!
無料相談受付中!