司法書士事務所HOP TEL. 03-6661-1202
ワンストップ相続サポート
財産5000万円以下の方が相続で争っている
年間約130万件の相続が発生しています。
しかし、相続は「お金持ちの問題」だと思って何も相続の準備をしないという方も多くいます。
実は相続の遺産の分け方で争っている家族の7割以上が、財産5000万円以下の家族なのです。
つまり、相続は誰でも起こり、何もしないことで家族に迷惑をかける可能性があるのです。
生き様を「遺す」
「終活」という言葉を聞いたことはありますか?
人生最後を考えることで、今の人生を振り返るきっかけにもなります。
充実した余生を楽しむためにも、心の整理をして、不安や不満を解消していきましょう。
生き様を遺すことで、残された家族の道しるべにもなります。
生き様を「遺す」
「終活」という言葉を聞いたことはありますか?
人生最後を考えることで、今の人生を振り返るきっかけにもなります。
充実した余生を楽しむためにも、心の整理をして、不安や不満を解消していきましょう。
生き様を遺すことで、残された家族の道しるべにもなります。

ワンストップ相続サポートでは?

ワンストップ相続サポートでは専門性だけでなく、お客様の気持ちにより添ったご相談をお受けしています。家族の「笑顔」というゴールに向けて、何をするべきかを大切にしています。
相続の悩みが解決することで、心の奥から笑顔になることができます。
相続の悩みが解決することで、心の奥から笑顔になることができます。
各専門家が相続手続きのお手伝いをします!
相続の専門家と聞いて思いつく方はいますか?
実はお客様の状況によってお手伝いをする専門家は違います。
ワンストップ相続サポートでは、お客様に寄り添い、各専門家が連携をとることで、お客様のお悩みの解決に尽力をつくします。
主な相続の手続き一覧
預貯金の解約 亡くなった後は銀行口座が凍結してしまうことがあります。
解約をするためには、相続人全員の書類を揃えたり、遺言書や遺産分割協議書の作成が必要です。
不動産の
名義変更
不動産のある地域の法務局で手続きが必要です。
相続税の
申告
相続税の基礎控除を超える財産があった場合、亡くなった日から10ヵ月以内に税務署へ申告が必要です。
遺言書の
作成
生前対策として遺言書を遺すお手伝いをします。
遺言執行者として亡くなった後のサポートも可能です。
遺言書の
作成
生前対策として遺言書を遺すお手伝いをします。
遺言執行者として亡くなった後のサポートも可能です。
各専門家が相続手続きのお手伝いをします!
相続の専門家と聞いて思いつく方はいますか?
実はお客様の状況によってお手伝いをする専門家は違います。
ワンストップ相続サポートでは、お客様に寄り添い、各専門家が連携をとることで、お客様のお悩みの解決に尽力をつくします。

ワンストップ相続サポートでは?

相続後の手続き 方法や、
遺産分割のお手伝いをします。
家族のコミュニケーション 
を、立ち会いやサポートをすることで、安心して話し合いができます。
現状レポート で、分かりやすく財産の状況が把握できます。 

現状レポート で、分かりやすく財産の状況が把握できます。 

お客様からの手紙 
東京都在住 女性(70歳)

相続というものは、なんとなく気になっていましたが具体的に何をしていいかわかりませでした。
しかし、3年前に夫が先立ち、相続手続きに追われ、心身ともに疲れ果ててしまった時がありました。夫は先祖代々からの土地を持っており、夫の兄弟とも話し合いながら遺産の手続きをしました。何回も話し合いを重ねる度に、「夫はどう考えていたんだろう」「これは正解なのだろうか」と毎日先行き不安に思っていました。
そんな経験もあり、自分の相続の時に家族が困らないようにするため、専門家の先生方へご相談をしました。
私の経験から感じた不安を真摯に聞いてくれ、共感してくれたことで、「この先生にお願いしよう!」と決めました。 
財産状況の整理をし、最終的には遺言書に遺すことになりましたが、自分の気持ちを整理することで、家族にはどういう人生を過ごして欲しいかという気持ちが明確になりました。 
家族が集まる時には、子ども達へその気持ちを少しずつ打ち明けています。息子については、以前より気にかけてくれ、我が家に顔を出してくれる機会が増えました。
相続のことを考えることは今の人生をよくすることにも繋がるのだと実感しています。

2016年6月30日

相続の専門家たち

相続は法律や税金のことを考える前に、まず「家族の気持ち」に気づくことから始まります。
それぞれ「家族の笑顔(ゴール)」を思っているのに、気持ちのすれ違いから、争いが起こってしまうのはとても悲しいことです。
気持ちの整理をしながら、ゴールを明確にし、ゴールまでの道筋を作るのが我々相続の専門家の仕事です。
司法書士 柿沼大輔
(司法書士事務所HOP 代表司法書士)
相続の税金の対策の一つに、「節税」対策があります。事前に家族にお金を渡したり(贈与)という対策を個人でされている方も多いのですが、一歩間違えると「争続」の原因になってしまうこともあります。
節税の前に、家族にどんな想いで、どのように財産を遺すかという出口を見据えなければなりません。
税金を払わないことだけが相続対策ではないのです。遺す方の遺志を反映した相続対策をお手伝いすることが相続専門税理士の義務だと感じています。

税理士 髙橋大祐
(税理士法人HOP 社員税理士)
初回無料相談(30分)に申し込む
具体的にお話をお伺いすることで、相続に関する問題をしっかりと洗い出し、その対策のサポートを行います
必要に応じて、弁護士、税理士などの専門家や相続診断士のご紹介をいたします。
まずは、気軽にお問合せください。

よくあるご質問

相続の相談は、誰に最初にするのがいいんでしょうか?
相続の問題は様々な専門家がいるため、まずはお気軽にお近くの相続診断士へご相談ください。
相続診断士が各専門家への橋渡し役として、相続の悩みの解決をサポートします。
相続対策をしようと思うのですが、何から行うことがよいのでしょうか?
贈与や遺言書などの対策をご自身でされる方は多いのですが、正しい知識がないまま行う場合、相続対策として効果がない場合も散見されます。
節税や争う対策などのゴールを定めた上で、必要に応じて専門家の指導や確認を受けて、実行することをおすすめします。
相続対策をするにはお金がかかるのですか?
費用をかけて対策をする前に、どんな対策が必要か状況把握をすることが大切です。
ワンストップ相続サポートでは、まずは家族の状況や気持ちを把握した上で、今後の手続きをサポートします。
相続対策をするにはお金がかかるのですか?
費用をかけて対策をする前に、どんな対策が必要か状況把握をすることが大切です。
ワンストップ相続サポートでは、まずは家族の状況や気持ちを把握した上で、今後の手続きをサポートします。