あなたの
「2021年の運勢」を
大胆予測!

2020年はどんな年でしたか?
そして、2021年はどんな1年にしたいですか?毎年,九星別の運勢を公開していますが、今年は電⼦書籍にしてみました。その名も「2021年 大凶方位鑑定師流 開運運勢帳」。
占いは、所詮、占いでしかないので、当然、当たる場合もあるし、外れる場合もあります。そのため、占い結果に一喜一憂することなく、生活の中に役立ててもらえればと思います。





※ご登録いただいたメールアドレスに、メールマガジンを配信させていただきます。
※過去にメルマガを登録されて解除された方はシステムの都合上登録できかねますので、悪しからずご了承ください。

こんな人にお役に立つ電子書籍です


  • 起業を考えているから、2021年の仕事運を知りたい!
  • 貯金をしたいから、2021年の金運を知っておきたい。
  • 転職を考えているから、2021年の仕事運や人間関係運を知りたい!

  • 受験を控えているので、全体の運勢を知っておきたい。
  • 異動になりそうなので、人間関係運をチェックしておきたい。
  • 老後に備えて、資産運用を考えているので、金運を知りたい。
  • 来年こそは給与アップをしたいので、仕事運と金運を知りたい。
  • とにかく、2021年の運勢を知りたい!

  • 貯金をしたいから、2021年の金運を知っておきたい。

期間限定無料プレゼント!

※ご登録いただいたメールアドレスに、メールマガジンを配信させていただきます。
※過去にメルマガを登録されて解除された方はシステムの都合上登録できかねますので、悪しからずご了承ください。

占いとは転ばぬ先の杖

運勢が良い年と、
イマイチな年の過ごし方とは?

私の経験上で⾔わせていただくと、「運勢が良い」と⾔われる年のほうが、実は⼤変だなぁという記憶があります。

なぜなら、運勢が悪い年は、次から次へとトラブルが起きるのですが、そのトラブルを順番に解決していけば、結果として、そこには開運した⾃分がいるのです。

つまり、トラブルは開運へ連れて⾏ってくれる「開運のお知らせ」なのです。

でも、運勢が良い年は「開運のお知らせ」である、トラブルが全く届きません。

つまり、「幸福が勝⼿にやってくる」と思って待っていてはいけないのです。
運勢がよいと⾔われる年ほど、積極的に動いて、幸運をつかみに⾏かないといけないのですね。

そのためにも、占いは「転ばぬ先の杖」として活用していってもらいたいと思います。


【電子書籍】
2021年
大凶方位鑑定師流 開運運勢帳

※ご登録いただいたメールアドレスに、メールマガジンを配信させていただきます。
※過去にメルマガを登録されて解除された方はシステムの都合上登録できかねますので、悪しからずご了承ください。

大凶方位に出かけた私が書きます

大凶方位鑑定師 ワンダラ大坂


方位鑑定をする占い師で、吉方位にでかける人は多いですが、大凶方位に出かけた人に出逢ったことはありません。私は大凶方位に出かけたため20代を無職で過ごし、吉方位を利用して復活した経験をもとに、方位の使い方を伝授しています。