実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

動物の腫瘍について

「元気がない」
「食欲がない」
「体重が減っている」 
腫瘍には様々な症状があります。高齢だから仕方ないと思いがちですが、気づいた時には手遅れになることも少なくありません。
実は、高齢犬の死因第1位、高齢猫の死因第2位が「悪性腫瘍」と言われています。
些細な変化を見逃さないよう、早期発見・早期治療が非常に重要になります。
当院では、7歳以上の子には定期的なガン検診を推奨させていただいております。
また、認定医による他院からのセカンドオピニオンも受け付けております。

腫瘍科認定医紹介

日本獣医がん学会  獣医腫瘍科Ⅱ種 認定医
放射線取扱主任者 第1種

池田 雄太

2008年3月 日本大学 獣医学科卒業

2008年4月 獣医師免許取得

2008年 亀戸動物総合病院 入社

2011年 同院 腫瘍科 担当

2012年~2019年 同院 副院長 就任

2014年10月 North Carolina State University 腫瘍科にて短期研修

2014年11月 The Animal Medical Center New York 腫瘍科にて短期研修

2017年04月~2019年8月 東京大学附属動物医療センター 内科学研究室 農学特定支援員

2019年12月 クロス動物医療センターグループ腫瘍科

学術実績
  • 学会口頭発表
    2010年
    鉄欠乏性貧血を起こした小腸腺癌の犬の1例
    動物臨床医学会年次大会

    2011年
    外科手術を行った原発性上皮小体機能亢進症の犬の1例
    日本臨床獣医学フォーラム

    2013年
    犬の脾臓腫瘤癌31症例の回顧的研究
    (2007~2013年)
    日本獣医がん学会

    2015年
    3歳齢で pseudo-Meigs 症候群を呈した卵巣腺癌の犬の1例
    日本獣医麻酔外科学会

    2015年
    外科切除にて長期間生存した高悪性度T細胞性消化器型リンパ腫の犬の1例
    日本獣医がん学会

    2016年
    眼内腫瘤を主訴に来院した播種性組織球肉腫の犬の1例
    日本獣医がん学会

    2017年
    犬の高悪性度消化器型リンパ腫10症例の回顧的日本獣医がん学会

    2018年
    腰椎に発生を認めた全身性肥満細胞症の猫の1例日本獣医がん学会

    2019年
    不完全切除の線維肉腫に対し拡大切除を実施した犬の1例
    日本獣医がん学会
  • 学会口頭発表
    2010年
    鉄欠乏性貧血を起こした小腸腺癌の犬の1例
    動物臨床医学会年次大会

    2011年
    外科手術を行った原発性上皮小体機能亢進症の犬の1例
    日本臨床獣医学フォーラム

    2013年
    犬の脾臓腫瘤癌31症例の回顧的研究
    (2007~2013年)
    日本獣医がん学会

    2015年
    3歳齢で pseudo-Meigs 症候群を呈した卵巣腺癌の犬の1例
    日本獣医麻酔外科学会

    2015年
    外科切除にて長期間生存した高悪性度T細胞性消化器型リンパ腫の犬の1例
    日本獣医がん学会

    2016年
    眼内腫瘤を主訴に来院した播種性組織球肉腫の犬の1例
    日本獣医がん学会

    2017年
    犬の高悪性度消化器型リンパ腫10症例の回顧的日本獣医がん学会

    2018年
    腰椎に発生を認めた全身性肥満細胞症の猫の1例日本獣医がん学会

    2019年
    不完全切除の線維肉腫に対し拡大切除を実施した犬の1例
    日本獣医がん学会
著書
犬の高悪性度消化器型リンパ腫10症例の回顧的JONCOLNo,24
腰椎に発生を認めた全身性肥満細胞症の猫の1例
JONCOLNo,27
犬の軟部組織肉腫の1例
JONCOLNo,28
腰椎に発生を認めた全身性肥満細胞症の猫の1例
JONCOLNo,27

腫瘍外科

一般的な腫瘍外科は全て実施可能です。

また以下の特殊な手術内容についても対応可能です。


部分肝葉切除

完全肝葉切除

胆のう摘出

肺葉切除

胸腺腫摘出

心膜切除

腎臓摘出

副腎摘出(腫瘍栓の血管浸潤がある場合は相談)

​膵臓部分切除

上顎下顎 顎骨切除

膀胱部分切除

​膀胱全摘出 尿管移設

腫瘍認定医による

がん検診のお知らせ

7歳以上のワンちゃんネコちゃんに
年2回以上の検診を推奨しています。
※完全予約制になります

  • 問診及び全身の身体検査
  • 血液検査
  • レントゲン
  • 超音波検査
  • 尿検査
  • レントゲン

料金

腫瘍科初診料 ¥5,000円
腫瘍科再診料
¥1,500円
がん検診
¥33,000円→¥25,000円(12/1~2/29まで)
腫瘍科再診料
¥1,500円

よくある質問

  • Q
    セカンドオピニオンも受け付けていますか?
    A
    はい、受け付けております。
    なるべく詳細な今までの検査データをご持参の上、ご来院下さい。
  • Q
    ガン検診のみの受診も可能ですか?
    A
    はい、受診可能です。事前予約の上、ご来院下さい。
  • Q
    ガン検診のみの受診も可能ですか?
    A
    はい、受診可能です。事前予約の上、ご来院下さい。

ご予約・お問い合わせ

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
診察時間 9:00 - 12:00 16:00 - 20:00
腫瘍科は完全予約制となります。
がん検診の所要時間は1時間程度となります

アクセス

クロス動物医療センター足立
〒123-0841 東京都足立区栗原4丁目23-15
栗六陸橋すぐ、駐車場15台完備
クロス動物医療センター葛西
〒134-0081 江戸川区北葛西3丁目5-12 モアノーブル1階
宇喜田公園すぐ隣、駐車場6台完備