無痛分娩の特徴とは?
横浜で無痛分娩に対応している
クリニック

分娩方法にはさまざまなものがあります。その中でも、痛みに弱い人におすすめされているものが「無痛分娩」です。今回は無痛分娩に関することや、横浜で対応しているクリニックなどについて紹介していきましょう。

無痛分娩の特徴

こちらでは、無痛分娩の特徴について見ていきましょう。無痛分娩の際にどんなことをするのか、どれくらいの効果があるのかなどを紹介します。

・どんなことをする?
無痛分娩には「硬膜外麻酔」を使います。子宮口が4cmほど開いた頃に、背中に局所麻酔をするのです。そこから麻酔薬を注入するための細いチューブを入れます。硬膜外麻酔はクリニックによって方法が異なりますが、ポンプを使うところが多いようです。

・どれくらい効果がある?
無痛分娩と言っても、まったく痛みを感じないわけではありません。重い痛みを軽い痛みに軽減するくらいと考えていいでしょう。無痛分娩という名称からまったく痛みを伴わないものだと勘違いされがちですが、痛みを感じないわけではありません。

・無痛分娩のリスク
無痛分娩にはメリットの方が多いですが、まったく欠点がないわけでもありません。無痛分娩は赤ちゃんのおりてくる角度によっては分娩しにくくなる場合もあります。そのため、医師の注意深い診察が必要です。

無痛分娩の費用事情

無痛分娩を検討していても、費用が気になって決断できない人もいるでしょう。こちらでは、無痛分娩の費用に関することを見ていきましょう。

・保険対象外
無痛分娩は、一般的な分娩と異なって健康保険を使うことができません。そのため、無痛分娩にかかる費用はすべて自己負担となるのです。ある程度、経済的に余裕がある家庭しか出来ないのは、無痛分娩の難点と言ってもいいかもしれません。

・無痛分娩の費用
無痛分娩の費用は3万円から20万円と、大きな金額差があります。病院によって「無痛」のための方法が異なるからです。ラミナリア促進剤を使うか、自然に陣痛が来るのを待って無痛分娩を行うのか、病院を選ぶタイミングなどでも費用が変わってきます。

・質の高い無痛分娩は高額
当然ながら、質の高い無痛分娩を行いたい人は費用がかさんでくると考えましょう。スタッフの質、設備、麻酔専門医の有無などさまざまな部分で費用がかかってくるからです。

無痛分娩の浸透度は?

無痛分娩と名前を知っていても、実際に選ぶ人は多いのでしょうか。こちらでは日本人の無痛分娩に対する浸透度について見ていきましょう。

・日本でも増えている
当初と比較すると、現在は日本でも無痛分娩を選ぶ人が増えています。初産の人にとって出産時の痛みは想像できず恐怖しかないからです。その不安や恐怖を和らげられるということで、無痛分娩を選ぶ人が増えているのです。

・主流ではない
無痛分娩が浸透されつつあるとはいっても、多くの人がまだ「じゃあ無痛分娩で」と気軽に選べるほどではありません。出産は命の危険もあるので、安易に出産方法を決めることができないのでしょう。そのため、無痛分娩を選ぶ人は増えていますが主流となっているほどではないのです。

・無痛分娩に不安を抱く人もいる
これまでの出産方法はさまざまなケースがあります。経験や実績が多いので、さまざまなケースに臨機応変に対応できるのです。ただ、安心して無痛分娩を選ぶためにはその経験が足りないクリニックも少なくありません。そのため、痛みは和らいでも他の部分で不安を抱く人もいるようです。

横浜で無痛分娩に対応しているクリニック

横浜には無痛分娩に対応しているクリニックが多くあります。こちらでは、その中でも特に評判が良いクリニックを見ていきましょう。

・聖マリアクリニック
麻酔科があるので、硬膜外麻酔の専門医が常駐しています。そのため、他のクリニックと比較しても無痛分娩の経験が豊富であることが伺えます。緊急時にもスムーズに対応してもらえるのも特徴のひとつです。

・おとめクリニック
大手無痛分娩クリニック出身の麻酔医が在籍しているクリニックです。他クリニックで培ってきた経験や知識、実績を用いて妊婦さんの不安などをしっかり取り除いてくれます。

・東條ウィメンズホスピタル
自然分娩を推奨しているクリニックですが、無痛分娩にも対応しています。希望する人には硬膜外麻酔や痛み止めの薬剤を使った無痛分娩を行ってくれるのです。ただ、無痛分娩は予約制となっているので注意しましょう。
横浜で無痛分娩に対応しているクリニックを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

出産時の痛みに不安がある人は、無痛分娩を検討してみてください。
リスクゼロではありませんが、出産後の身体が通常状態に戻るまでの早さなども
他の方法と比較して早いです。
デメリット以上にメリットが多い分娩方法と言っても過言ではありません。