【4歳~小学生対象】
台所から生きる力を育む
料理の基礎レッスン

子どもが偏食。


家では子どもと一緒に料理する時間が
作れない。

そんなお悩みありませんか?

教室に通ってくださるママたちからお聞きする
お子さんの食に関するお悩みの多くは


偏食、野菜を食べない、ご飯を食べずに
お菓子ばかり食べたがる、というもの。

  

それらのお悩みを解決する最も手っ取り早い方法は
お子さんにも料理に参加してもらうことです。

 
 
教室に来てくださるお子さまたちの多くは、
僕が切った材料、私が自分で作った料理
という喜びや誇らしさから


子ママたちが驚くほどあっさりと
苦手だった食材も食べられるようになります。




また、
料理することを通して
子どもに食の大切さや
食への興味を持たせてあげたい、
とお考えのママはたくさんいらっしゃいますが


実際には
「家でその時間を確保したり準備をするのは大変」
と皆様口をそろえておっしゃいます。


そんなママたちの思い、
僕も私も料理をしたい!という
お子さまのご要望に応えて
お子さまのためのレッスンを作りました。
このレッスンはこんな方におすすめです

お子さまが・・・
✅偏食、野菜嫌い

✅味の濃いものが好き

✅お菓子が好きでご飯を食べたがらない

✅ママと一緒に料理をしたがる



ママが・・・
✅食の大切さや楽しさを伝えるために子どもに料理をさせたい

✅家で子どもと一緒に料理する時間の余裕がない

✅子どもと一緒に料理するときの安全な方法を知りたい

✅子どもがお手伝いをするようになってくれると助かる

✅習い事を通して子どもに自信をつけさせたい



このレッスンを受けると得られることは

お子さまにとって・・・

💛
料理をしたいという意欲や好奇心が満たされ、興味が広がる

💛食に興味を持つようになり、偏食、好き嫌いが改善する

💛素材そのものの味、薄味を美味しいと思える味覚が育つ

💛市販のお菓子への執着が薄れ、キーキー言わなくなる

💛ご飯をしっかり食べられるようになり、落ち着きが出る




ママにとって・・・
💛料理をしたいという子どもの願いをかなえてあげられる

💛家で子どもと料理をするやり方がわかり、ハードルが下がる

💛お子さんがお手伝いしてくれるようになり、将来的に家事の戦力になる

💛お子さんに自信がつき、意欲的な子に育つ

💛お子さんの知らなかった一面、良いところを発見できる

💛子育てのお悩みが解消・改善する


各回2時間 全6回コース

内容
第1回

【大切な主食を最高においしく! 土鍋でご飯を炊こう】


≪調理実習≫
・包丁の使い方の説明
・土鍋ご飯
・お味噌汁と簡単なおかず

第2回 【お味噌を知ろう。お味噌を味わおう】


≪調理実習≫
・お味噌の味比べ
・お味噌汁を作ろう
・土鍋ご飯と簡単なおかず
第3回 【お出汁を味わおう】


≪調理実習≫
・お出汁をひいてみよう
・お出汁の味比べ

・お出汁を使った料理
第4回 【食材が料理になるまで】


≪調理実習≫
・主菜
・副菜
・ごはん
・お味噌汁

食べ物はどこから来る? 
食材の命、かかわる人たちに思いを馳せる
第5回 【体を整え元気にするご飯】


≪調理実習≫
・主菜
・副菜
・ごはん
・お味噌汁

毎日食べるご飯、どんなものを食べたら元気に過ごせる? 
身体を整え元気にするご飯と、身体を弱くするご飯
第6回 【おやつを作ろう】

≪調理実習≫
体に負担をかけやすいおやつとは

体に優しいおやつ
第3回 【お出汁を味わおう】


≪調理実習≫
・お出汁をひいてみよう
・お出汁の味比べ

・お出汁を使った料理
≪日時≫

①4歳~小学生向け木曜午後クラス
各回15:00~17:00
(終了時間は目安となりますので御了承ください)

第1回    6月20日(木)
第2回    7月11日(木)

第3回    8月22日(木)
第4回    9月12日(木)
第5回    10年3日(木)
第6回    10月24日(木)




②4歳~小学生向け土曜午前クラス
各回10:00~12:00
(終了時間は目安となりますので御了承ください)

第1回    6月15日(土)
第2回    7月6日(土)
第3回    8月22日(この回のみ木曜)
第4回    9月7日(土)
第5回    10月5日(土)
第6回    10月19日(土)



※開催日は参加者様とご相談の上、変更させていただく場合もございます 



≪場所≫
東京都港区 麻布十番駅近く   料理教室omusubi
(詳細はご予約いただいた方にお知らせ致します)


≪参加費≫

親子1組6000円(税込)
(ごきょうだいでご参加の場合、お二人目は半額)



 ≪お申込みにあたってお読みください≫

〇お支払い
事前振込をお願い致します。
ご入金の確認をもちまして予約成立とさせていただきます。
振込口座はお申し込みいただいた方にお知らせ致します。

〇キャンセルポリシー
食材の準備の都合上、開催日2日前以降のキャンセルは、
キャンセル料50%を頂戴致しますので御了承ください。
キャンセル料と振込手数料(実費)を引かせていただき、

口座にご返金させていただきます

〇ご欠席の場合
レシピをメールでお送りし、ご質問があればお受けする形とさせていただきます。

〇下のお子さまをお連れになる方へ
申し訳ございませんが、託児のご用意はありません。お母様にて保育をお願い致します。


その他、ご不明な点やご質問がございましたら、
下記メールアドレスまでお気軽にお問合せください。

omusubi.kitchen@gmail.com

迷惑メールフォルダに入らないよう予め受信設定をお願い致します。

お客様の声

食卓が笑顔で溢れるって本当に幸せ!

主人の実家で祖父母と夕食の予定。
レッスンで習ったメニューを おじいちゃんとおばあちゃんにも食べてもらいたい!と娘たっての希望で、娘と一緒に作りました。
祖父母も絶賛でパパにも美味しい!と言って貰えて、娘は笑顔で溢れていました!
食卓が笑顔であふれるって、本当に幸せだな~と実感できた一日でした。

昨日も娘はサラダを作ってくれました!
お料理教室って、こどもの刺激になり 、すぐに実践(お手伝いも)したくなるし、そしてよく食べてくれるし、大助かりですね。

家では絶対食べないのに、自分で作ると違います!!

レッスンで作って家に持ち帰ったものを、翌朝パパが食べてくれて、〇〇(お子さん)はそれがとっても嬉しくて、パパに自慢げに写真を見せながら作ったものを話していました。
レッスンで作ったごま和え、家では絶対食べないし、どちらかというと苦手な部類の食材だったのに、ごま和え食べたなんてびっくり!!と、今更ながら思い返していました。
さすが、自分で作ると違うな~と料理の効果にびっくりです。
いろいろな経験が自信につながってくれたらいいなと思っています。

子どもの成長を一緒に見守ってもらえるようで安心します

○○(お子さま)もお料理教室の場を居場所と感じているようで、通い出してから精神的に落ち着いてきた気がします。こどもの成長を共に見守ってもらえるみたいで嬉しいです。お料理教室に行った日は、〇〇はいつも満足感と充実感でいっぱいで、自己肯定感も高まるみたい。

子どもに対する真奈美先生のまなざし、本当にありがたいです。
いつもありがとうございます。

わたしも真奈美さんと話していると、落ち着くというか癒されます。ここに来れば真奈美先生がいる、、、私にとっても〇〇にとっても、安心できる場所です。

料理に興味のなかった娘と一緒にキッチンに立てて嬉しかった!

〇〇(お子さま)はお料理教室がとても楽しかったようで、昨日の夜はパパに食べさせたいと、習ったメニューを全部私と一緒に作りました!
あまりお料理に興味を示さない〇〇でしたが(小さい頃やりたがっても、私がサクサクやってしまっていた影響でしょうか)キッチンで一緒にできて本当に楽しかったです。 

毎日バタバタとしており、夜は早めに寝させたいとの葛藤で時間と気持ちに余裕がないことに苛立ちを覚えることも多々、でも、このようなステキな機会と場所をご提供いただけて本当に嬉しかったです。
〇〇もまた参加したいと言っており、ぜひまた伺わせていただきたいです。

9歳までの食体験が、生涯の食の好みを作ります

9歳までに食べたものが
その人の一生の味覚を左右すると言われます。


その間に慣れ親しんだ味が
一生にわたって食の好みを作り、

その間に馴染みのなかった味は、
大人になってからも

「また食べたい味」にはならないのだそう。




毎日食べる食事。
それは身体を育む栄養となるばかりではなく
頑張る力を生む心の栄養にもなっていきます。



この先の人生で、何を成すにも
すべての土台になるのは健康な体と心。



その大切な基盤を育むための良い食習慣を
幼少期につけてあげることが

私たち母親が大切な子どもに与えることのできる
最大のギフトではないかと思います。


子どもたちに何より伝えたいこと

omusubiでは
お子さまたちが上手に調理できること以上に
大切にしていることがあります。




それは

食材ひとつひとつに命があることを知り、
大切に慈しむ気持ち。


たくさんの命に支えられて
自分が今ここに生きているという心強さ。


自分の命と同じように
人の命も同じくらい大切だと思える気持ち。




お友達と一緒に作り上げる喜び。


自分で作った料理を
ママに喜んでもらえる嬉しさ。


自分も誰かの役に立てるんだという誇らしさ。




失敗したってOK、
またいくらでもやり直せるという
折れない心、頑張れる強さ。




ひとつひとつの食材が
どれも個性的で唯一無二の存在であるように
どのお子さまも一人ひとりが
個性溢れる唯一無二の存在。



誰とも比べる必要のない、
素晴らしい存在だいうこと。



そのことを
言葉ではなく、経験を通して
お子さんたちに感じ取ってもらえたら
嬉しく思います。



omusubiは料理を通して
未来を担う子どもたちの
健やかな成長を
応援します!

講師プロフィール

大学卒業後、
地元新潟県で新聞記者として働く中で
忙しさにかまけてコンビニ頼りの食事をしてきたことで心身の不調を経験。

温かい食事は、
単に空腹を満たすためのものではなく、
健やかな体と心の安定までもたらすものだと
初めて気がつきました。

 

記者2年目に赴任した新潟県佐渡島で 
命の躍動感溢れる豊かな食材と生産者さんに出会い、
食の力と可能性を知りました。


 

新人記者時代から
子どもを取り巻く、いじめ、不登校、
子どもが加害者になる事件の激増などに関心があり


何如、今、子どもたちの心が
こんなにも荒れているのか。
子どもたちを救うには
何が必要なのかと考えてきた中で
その答えを見つけられたような気がしました。

 

 

「今の子どもたちに必要なのは
命の温もりや人の手の温かさが伝わるような
食体験じゃないか。

食を通して、誰もみんな
一人じゃないということを伝えたい。

こんなにもたくさんの命と人の温もりに支えられて
生きているんだということを
活字ではなく、体験を通して
子どもたちに伝えたい」

という気持ちが強くなり、
子どもたちに命の温もりを伝える料理教室を
開くと決めて退職、東京の調理師学校へ。 

 

 

卒業後、都内洋菓子店、レストランを経て
保育園の調理師として多くの子どもの食事や
食育に携わってきました。

 

 

 

2013年、第一子出産を機に退職し
社会との接点を失ったことでプチ鬱に。

 

同年12月、私と同じように
1人で鬱々と子育てをしているママたちが
リフレッシュと
人とのつながりを持てる場にしたいと
0歳~のお子さま連れで参加できる
ママ向け料理教室を自宅でスタートさせました。

 

 
わが子の成長とともに
親子レッスン、お子さま向けレッスンも開催。




その間、第2子を出産し、
産後、教室を再開した時には
ほぼリピーター様だけで
全レッスンが満席になるほど
素敵なお客様に恵まれていましたが
どこかで違和感もありました。

 

 

5年間、
ママとお子さま向け料理教室を開催してきて
気がついたのは


料理のレシピやレパートリーをどれだけ増やしても
ママの悩みやイライラ、自信のなさや
自己肯定感の低さが解消されない限り、
子どもたちは本来の自分らしさを発揮して
生き生き輝けないということ。

 


 


ママのお悩みを根本から解消するためには、
ママ自身がありのままの自分を
丸ごと大切にできる心の在り方を身につけること、

 

 

そして、時間に追われて余裕を失い、
自分を見失ってしまうような毎日を
解決することが必須だと感じるようになりました。





私の情熱は、すべての子どもたちが
「自分はありのままで愛される
かけがえのない存在。
生きることは楽しい、人生には生きる価値がある」と思えるような
夢と希望溢れる社会を作ることです。

 



そのためには
子どもたちの一番身近にいるママが
誰よりもまず、ありのままの自分を大切に愛し、
人生を楽しめる大人であってほしい。

 

 


そのママの背中こそが何よりも
子どもたちが未来を生きていく希望と
安心感につながる。





そう信じて、2018年から
「食×心×時間の見直しで
ママのイライラを笑顔に変える連続講座」を
開催しています。



1978年5月15日生まれ。新潟県出身。
2013年生まれの男の子、
2017年生まれの女の子、
和食店オーナーシェフの夫と4人暮らし。