想い出幸房 IPPO

眠っていた想い出の品に再び命を

こんなお悩みありませんか?

おじいちゃん、お父さんからもらったネクタイ。いいものだけど、今の流行ではないから自分が締めるのはちょっと・・。

おばあちゃん、お母さんが使っていた着物や洋服。
柄はかわいいんだけど、デザインがちょっと古いから着るのは無理・・。
子供が初任給でプレゼントしてくれたバッグだけど、すみっこが擦り切れてもう使えないけど、捨てられない。


そんなあなたの想い出を普段使い出来る革小物などにリメイクします。
まずは想い出の品を見せていただき、おなたの想い出を聴かせてください。
そして、どうリメイクしていくのか、一緒に考えましょう。



はじめまして、想い出幸房 IPPOの眞鍋です。
大手ゼネコンを退職し、手作りの靴教室を始めたのが2008年でした。
手作りをしていると、素材をちょっとでも無駄なく使いたくなり、端材を捨てられなくなりました。
もしこれが想い出のあるものだったら、デザインが流行遅れになってたり、一部が汚れて使えなかったりしても、捨てるのって難しいと思います。
そんな想い出の品を、普段使い出来るようにお直し出来るんじゃないかと思い、想い出幸房を始めました。
あなたの大切な想い出を、いつも使えるようにリメイクして、再び輝いてもらいましょう。

リメイク例

ミニマム財布  ¥6500+税

小銭とお札、カードが数枚入る小さなお財布。
ちょっと近くへのお散歩やお買い物なら、これと携帯を持っていれば大丈夫。
革の一部に想い出のマテリアルを使用することで、いつでもあなたのそばにいます。

コインケース ¥3000+税

500円玉も入るコインケース。
キーホルダーになっているので、コインを数枚入れて、いつものバッグにぶら下げておけば、急に小銭が必要な時も安心。
ピルケースとして使われる方もいらっしゃいます。
革の一部に想い出のマテリアルを使用することで、いつでもあなたのそばにいます。

上の写真以外にも、長財布、トートバッグなど、欲しいものをリクエストしてください。
出来ること、出来ないこといろいろあると思うので、そこは相談しながら決めていきましょう。

想い出リメイクの流れ

  • 想い出幸房 IPPOにお電話(090-2747-1612 眞鍋宛)いただくか、下の「想い出リメイクお問合せ・お申込はこちら」のボタンからIPPOの靴教室の見学申込みページからご連絡ください。
    お打合せの日程を調整しましょう。
  • 実際に想い出の品を見せていただき、どんなものにリメイクをするか、どこに、どんな形で想い出の品を使うかなど、細部にわたり決めていきます。
    詳細が決まったら、お見積りをさせていただくので、金額にご納得いただけたら、制作に入らせていただきます。
    前金として、お見積り金額の30%をお支払いいただきます。
  • 製作が終了しましたら、お引渡しになります。
    その際に残りの金額をお支払い下さい。
  • 想い出幸房 IPPOにお電話(090-2747-1612 眞鍋宛)いただくか、下の「想い出リメイクお問合せ・お申込はこちら」のボタンからIPPOの靴教室の見学申込みページからご連絡ください。
    お打合せの日程を調整しましょう。

IPPOへのアクセス

小田急江ノ島線、相鉄線、横浜市営地下鉄ブルーライン
湘南台駅西口徒歩3分

住所 藤沢市湘南台3-7-3コーポ安藤103
電話 090-2747-1612 
mail  ippo.kutsu@gmail.com